ジャパリパークの旅 [クロスカブで日本一周・完]

ひとりの旅人が、擬人化したバイクや獣達と綴る、流浪の記録

【CBR250R】北九州・山口ツーリング【1日で905km】



大 変 お 久 し ぶ り で す ! 遠です。


スミレです。


ブログ更新止まってましたが俺は生きてますよー?


・・・・・・・。

特に待ちわびた拍手は聞こえませんね。


むしろ、「何やってんだ」っていう溜め息が聞こえるね~。


更新停止の理由は、サバゲーに手を出したり、会社が嫌になって心療内科行ったりしてまして(汗

やっとブログ書く気になったので、9月に敢行した九州ツーリングの記事を書こうと思いまーす。

クロスカブのナズナちゃんではなく、CBR250Rのスミレさん編。


当時、私はメーターが故障して交換したので、メーター上は総距離1649kmでした。




実際3万kmは走ったんだけどねえ。むしろここまでカスタムしてあって総距離1000kmちょっとだったら不気味だw



今回のツーリングは『俺は250ccバイクで名古屋から1日でどれだけ走れるのか』という挑戦を兼ねてるので、初日はひたすら走りました!

もちろんキャンプ装備です。



1日目。朝4時に起きて高速で一気に南下。

サービスエリアでの休憩は最小限にして見知らぬライダーとのおしゃべりもそこそこに、とにかく進むことを考える。











写真でわかるように、最初のSAと、美東SAと古賀SAぐらいしか写真撮ってませんw

とにかく走った走った。もちろん安全な速度ですよ。

熊本に入り、もう体力というか、尻のHPが限界だったので、八代JCTで下りて、宿を決めました。



初日の結果、走行距離は、905kmでした!あと100km走ればキリが良かったけどもう無理だった!いやー頑張った!!




ひたすらタイヤを回すだけなんて馬鹿馬鹿しすぎて褒める気になりません。


ええっ!?頑張って走ったのに!!


まぁ、大型のツアラーならもっと楽に長い距離走れるからそう思うのも無理はないか・・・。

とにかく、初日はこれでおしまいです。



2日目。

宿、つる乃湯温泉を出発。

ちなみに宿代は安くて、温泉も地元の人達がたくさん来てたし良い所です。洗濯機も洗剤もあるよ。




洗濯機のことを自然に説明するあたり、オーナーの旅人臭が漂いますね・・・。


いつのまに、こうなってしまったんだろう俺!



宿からは57号線に乗って天草市へ。

天草パールラインの天草五橋も渡っていく。でも思ってたほど綺麗じゃなっかった。流れは良いけど交通量が多い!



さくっと天草は終わって、島原へ渡る島鉄フェリー乗り場に到着。歴史に詳しかったらもっと色々観光できたのかな・・・。



景色は良いものの道中で停まるほど見どころあるものが無いので、あっさりとキャンプ場に着いてしまった!

このあたりはシーサイドラインだらけで夕陽を見ながら走りたい道がたくさん。

でも前日に900kmも走ったものだから、2日目はあまり走る気になれなかったw




日程は短縮できますが、長距離走るのも良し悪しですね。



キャンプ場は四本堂公園というところ。サイトは海に面した棚田のような感じ。すぐ近くは砂浜。工事現場水洗トイレあり。

いつものように、一人で黄昏る。



そういえば、わたるんとまたキャンプオフ会しようって話してたんだっけ。またやりたいなあ。

というか、こういうとき暇だから料理以外に何かやれること見つけたいね。


北海道行った時はキャンプ場でギター弾いている方いましたよね。


音楽できたらもっと旅情溢れるよねw


これで2日目は終了。

3日目。

この日は秋吉台を目標にしていたので、九州自動車道で一気に北上する。結局、九州には1日半しかいなかったwサラダバー!

初日を思うと200kmぐらい屁でもない。あっさりと山口県に入る。道の駅豊北でお土産探し。



そして前から来たかった角島大橋で撮る!つもりだったけど車が多すぎたので撮影は後回しにして橋を渡り、角島灯台へ。






明治9年に初点灯した総御影石造りの洋式灯台で、現役だそうです。


灯台は綺麗だけど周りがごちゃごちゃしててあまり好きじゃなかった。やっぱり何もない所にポツンと立つ灯台が好き。

灯台の駐車場にある東屋では新鮮な海の幸が食えます。ぼっちは浮きますw



角島大橋付近は海水浴客や観光客だらけで混むので昼メシ時はやめたほうが良いけど。



さて、少しは人も減ったろうということで、角島大橋をまた戻り、展望の良いとこで撮影。

よく写真で見るけどやっぱり綺麗だった!海は青いし、すーっと伸びる橋や島もまた美しい。



DSC_0906小


ここだけ見ると宮古島みたい!ガスってなければもっと青かったんだろうなあ。


思い出しますか、私が置いてけぼりになった宮古島ツーリングを。


(しまった!!!言うんじゃなかったー!!!)

さあ!角島の次は最終目的地、秋吉台へGO~!



秋吉台は中国地方のツーリングスポット、日本三大カルストとして有名だけど残念、雲が多い。

日本とは思えない広大さは圧巻。でもカルストって岩が見えないとよくわからんので夏より秋に来たほうが良いかも。




さすがあちこち走ってるだけあって目が肥えてますね。


それ罵詈雑言より胸に刺さるなぁ(汗) 比べるのは良くないね。

灯台の東屋でサザエとイカを食っただけでお腹が空いたので、秋吉台を下りてすぐの観光案内所の近くにある食堂『NEMU』で遅い昼メシ。

秋吉台名物、ぜんじかっぱそば!!!


何の呪文ですか。


呪文みたいだけど食べ物なんだよ。

熱した鉄板の上に、わさびを練り込んだ蕎麦、地元の秋吉台高原牛肉、山口県産たまご、きゅうり、海苔が乗ってて、温かい特性ダレにつけて食うんだよ!




説明されても理解できないのですがどうしたら良いでしょうか。


俺も初めて見たときは、焼きそばと冷やし中華とつけ麺が合体したみたいでわけがわからなかったけど、すごく美味いんだよ!

ジュウジュウと焼けた蕎麦は香ばしく牛肉の旨味にレモンの爽やかな風味が合わさっている!!!(料理漫画風


今回のツーリングで一番興奮してませんか。


花より団子って言うだろそれだ。

天気は曇ってましたがすごく満足して秋吉台を去ることができましたw

3日目の宿は『パルトピアやまぐち』、ユースホステルです。



例に違わずこのユスホも客は少なくて、4人部屋(シングルベッド4つ)なのに俺一人でしたw別に良いけど何かな~。

3日目はけっこう色んな景色、食べ物が見れて楽しかった。

4日目ですが、山口から高速で一気に名古屋へ帰っただけなので写真は無いです。


今回の弾丸ツーリング軽く越えてるツーリング、走行距離は4日間で2190kmでした。






お疲れ!スミレさん!



ツーリングがしたいとは言いましたが、次回はもう少し普通のツーリングを希望します。


正直、俺も。尻が痛いのはもう嫌だ!お尻がランブータン!


スポンサーサイト

宮古島レンタルツーリング後編



さて、後編書きますかね。

ちょっとわかりにくいので前編のおさらい↓

1日目
  名古屋→那覇空港経由→宮古島着→ゲストハウス「ヒダマリ」
2日目
  ゲストハウス「ヒダマリ」→宮古島を北上→池間島→宮古島戻って南下→伊良部島→宮古島戻って南下

こんな感じかな。後編は来間大橋を渡って、来間島に入るとこから始めます。


もうすぐ、私とオーナーさんの二人っきりの時間も終わりですね。


そ、そうだね・・・。前編でも言ったけどあまり本妻(CBR250Rのスミレさん)に誤解を与える発言は慎んでね?


うふふ~♪


何その不穏な笑顔!(汗) とにかく回想始めるよ。


来間大橋をまったり走る。伊良部大橋より短いからちょっと迫力に欠けます。




でもここも海が綺麗で蒼いです。まぁ、どこ行っても蒼いんですがw




伊良部大橋より高くないので海の透明さがよくわかるし、交通量も少ないので、ひとり寂しく佇んで海を眺めるにはベストかも。





来間島の展望台からも海を眺めようと思ったんですが、横にフルーツ屋を見つけたので寄ってみました。

名前だけ知っていて見たことのなかった、ドラゴンフルーツを注文してみた!なんだこのドきつい色w



特別美味しいわけではないけど、南の島はやっぱり果物を食べるに限る。みずみずしくて火照った体に染みる。



女の子もみずみずしくて、ぴちぴちですよぉ。ほらほら~❤


で、次が竜宮城展望台。


無視しないで下さいよう!


フッ、だんだん原付の扱いに慣れてきたということか。


竜宮城展望台はほんとに竜宮城みたいでした。何かauのCM思い出すなw




展望台上へ階段で登る途中、窓に切り取られた空と海が綺麗。




展望台上。宮古島はどこに行ってもこの景色だけど、綺麗だから飽きないなぁ。




やりたかったけど台風による日程の調整でできなかった、パラセーリングやってる!羨ましい!





オーナーさんってああいうマリンスポーツ好きなんですか?

パラセーリングは沖縄諸島各地でやってますけど、ロープの長さにはばらつきがあるんですよ~。


海で泳ぐとかは好きじゃないけど、絶叫マシンとかは好きだよ。パラグライダーもやったことあるしね。

また機会作って、南の島の海上を飛んでみたいなぁ。



展望台からは小学校も見えた。こんな小さな島にもあるんだねえ。





さて、次が最後の景勝地、与那覇前浜ビーチ!

来間大橋から宮古島に戻ってすぐ左にある、全日本トライアスロン宮古島大会のスタート地点にもなってる有名なビーチ。

とびきり広くて、白い砂、蒼い海、気持ち良かったな~!



バックパックと腰に巻いたパーカーの青色が、空や海と同化してるw計画通り!

見てきたビーチの中でも砂がほんとうに綺麗だった。






コンデジは水中撮影モデルなので海ん中に突っ込んでみたけど、波打ち際じゃあ水中は綺麗に撮れなかった。でも泳げないしシュノーケルも持ってないので沖には出れないw




せっかく海に来たのにもったいなですねえ・・・。


いや、砂浜で座ってるだけでも楽しいからこれで良いんだよキリッ


汚い足で恐縮ですが、水の透明度はわかるんじゃあないでしょうか。




荷物を降ろして、ぼーっとしてましたw カイトサーフィンしてる兄ちゃんもいた。



うーん、やっぱりちょっと、ダイビングしないのはもったいなかったかもねw


そりゃそうですよ。今度、台風のないときにいらしたら、やってみて下さいね!

この前浜ビーチのあと、私はレンタルショップに戻りましたね・・・。


そうだね・・・。最初は慣れてない原付バイクにとまどったけど、南の島のゆっくりとした時間を、ズーちゃんでトロトロ走るのは気持ち良かったよ。

もう少し、記事が終わるまで付き合ってほしい。



レンタルバイク屋でズーちゃんを返却したあとは、ゲストハウス「旅の途中」さんへ。

管理人の姉さん、おっさん2人(バイク乗り)、タメの姉ちゃん1人と俺で呑みに行きました。

俺以外は知り合いなのでちょっと話辛かったけど、楽しかった。翌日帰ることを想うと悔しかった。

でも舌の上で溶けそうな宮古牛は旨かった!w





呑んだあとはゲストハウスで星空を眺めた。天の川も見えました。

北海道ツーリングのときに、宿「あしたの城」で満天の星空を見たのを思い出したなぁ・・・。

ペットの犬ころ、チキンちゃん(メス)の芸を見たりして、宮古島最後の夜は更けていきました。



翌朝。台風が近づいているとは思えない快晴wなんでこんな良い天気の日に帰らなければいけないのか・・・。



宮古空港へ行くまで、チキンちゃんと戯れた。賢くて人懐っこくてほんと可愛いですw






わんちゃんが好きな人には嬉しいゲストハウスですね!


そうだね、年齢層は昨日の「ヒダマリ」よりちょっと高いって姉さんが言ってたけど。しょっちゅうおっさん来てるらしいけどw

でも「ヒダマリ」は有名で人多いし女の子多くて俺には合わなかったので、こっちのが落ち着いて過ごせた。


姉さんからマンゴーもらって縁側で食べてましたw




チキンちゃんとツーショットで撮ってもらって、ついに旅の終わりが近づく・・・。

楽しかったよチキンちゃん。でも日焼けして痛い俺の足に跳び乗ったの痛かったよ、ホントに痛かったよ。

DSCN2882x


おっさんが「貸したげるからバイクで行きなよ」って言ってくれたけど、姉さんに車で空港まで送ってもらいました。

最後に姉さんにハグされた時はびっくりしたwさすが沖縄って感じ。


沖縄はそういう人付き合いの濃さというかゆるさがありますからね~。


本土のゲスハじゃ別れ際にハグなんてまず無いというか一度も無いから新鮮だった。海外じゃ普通だろうけど。


たった1日しか滞在してないのにめちゃくちゃ焼けてしまった。ブログ書いてる今でも足は赤いままですw




ついに、宮古島から名古屋へ・・・、旅は終わるのでした。以上、回想終了~!





台風が3つも発生した時はどうなるかと思ったけど、良い夏の旅になりました!




たった12時間のレンタルでしたけどありがとうございました、オーナーさん❤

擬人化するぐらいですし、バイクが大好きだというのがすごく伝わって嬉しかったですよ?


こちらこそ、あちこちに連れていってくれて嬉しかった、ありがとう。

また沖縄諸島に来たときは、レンタルバイクを借りることにするよ。またキミに出会えるかはわからないけれどね。


ふふっ、そんなこと言うと愛機のスミレさんに怒られるんじゃないですか?

スミレさんと仲良くしないとダメですよぉ、じゃあ、さようなら~っ!


さようなら~ノシ(泣


・・・なんか、浮気したけどやっぱり妻が大事な夫の心境というのかなコレ。


宮古島レンタルツーリング前編



前から言っていたとおり、沖縄は宮古島までツーリングに行ってきましたよ~。


台風が南西諸島に近づいていたから、出発直前までくよくよと悩んでましたね。

し・か・も、現地で乗ったのは私ではなく、別のバイク娘。


ししし仕方ないんだよ、沖縄までスミレさんを運送するにはとんでもないカネが掛かるんですよ。


つまり、私の気持ちよりもおカネを選び取ったと、そう白状するのですね。


いや、そうだけど、そうじゃなくてだね?


よくわかりました、しばらくお暇を頂きます。

記事はその南の島の子と、2人で仲良くやれば良いと判断します、さようなら。


あぁっ、待ってくれえええ・・・!

本気で拒絶されたみたいなので、このまま回想を始めますね・・・。



出発当日の朝、=仕事明けの朝です。

さっきも書いたように、台風が3つも日本へ接近していたので行くのを諦めるかとても悩みました。

しかし本来の予定を変更し、8日に日本列島に戻れば、ギリギリ台風の影響を受けなくて済むと結論し計画し直し。

この賭けに勝てば天国、負ければ地獄ということです。

「ちくしょう!行ってやんよ!」とちょっとヤケクソ気味で、中部国際空港へ向かったのですw


中部国際空港で保安検査。海外と違って緊張感は無いですね~。



台風回避のため旅程を半分にすると決めたので、バックパックからテント類は出されずいぶん小さくなりました。

セントレアを出発し、那覇空港で乗り換えて、宮古島へ行きます。


那覇空港の出発ロビーからは青空が見えてた。





そして19時に宮古島に到着、そこそこ晴れてました!嬉しくて写真撮ってないですw

暑いはずなんですが、名古屋の我が家(構造上、自分の部屋に熱が溜まる)に慣れている俺はへっちゃらです。



ゲストハウス ヒダマリさんに車で迎えに来てもらい、ひとりで宮古島の繁華街の居酒屋へ。

繁華街なのに暗いですが、これが普通です!




台風と天気が心配で、朝カロリーメイト食っただけだったので、とても腹が減ってました!

酒はほどほどにして、ばくばく食べます。



オーダーを忘れられて30分以上放置されましたが、ぼっちなので放置されても気にならないんですよねハハハ。



(いつもならツッコんでくれる子が、いない・・・。)



オーダーミスの謝罪としてサラダに合鴨のっけてくれました。



初日はこれで終了。

仕事明け→中部国際空港→那覇空港→宮古島空港→ゲストハウス、なので疲れてましたしさっさと就寝。




翌朝、天気は良好!

近づきつつある台風のせいで、この日だけで宮古島を堪能するしかなく、素早い行動が求められる!

お手伝いの子に写真撮ってもらってさっさと出発。



昨夜に到着したので、いろんな旅人と話せなかったのが残念ですね・・・。



宿を出て、まずは、宮古島を共に走る相棒を手に入れるべく、レンタルバイク店「B-SHOP」さんへ歩いていく。

原付ということ以外、車種は指定してなかったので、どの子が来るか楽しみでした。


そして現れたのは、黒いズーマーちゃん!いままで乗ったことある原付はズーマーだけなのでこれぞ運命!



さっそく自分の擬人化能力が発動しました。

南の島、最小排気量、黒色、で導き出された擬人化キャラは・・・日焼けロリビッチのズーちゃん!(全身絵見たい方はプロフィールからpixivへどうぞ)



んみゃーち❤(いらっしゃいませ)、皆さん!

今回、オーナーさんのパートナーになりました、ズーです。よろしくね~!

南の島だから水着だけど、・・・変な目で見たらダメだからね❤


何か、スミレさんとキャラも乗り味も違いすぎて、すごいギャップを感じるなぁ(汗

ハートマークとか・・・。


え~!?オーナーさんが私を擬人化したんじゃないですかぁ~。


お、おぅ・・・。

すごく恥ずかしいことをしている気がするけど、記事進めるよ?


は~い!


えっと・・・、無事に旅の相棒ズーちゃんを手に入れ、第一の目的地「池間島の池間大橋」へ向けてアクセルを捻りました。

宮古島には海上の橋が3つと、色んなビーチがあるのでそれを見て回るのが目的です!


ちなみに大型バックパックを背負ったまま走るわけですが、体に密着してるので車体がふらふらすることは無かった。計画通り!




レンタルバイク店から10kmぐらい走ったところで、見えてきました池間島!

海が青―――い!!!






池間島に入ってすぐ右に砂浜があったので足突っ込んでみたけど、水が透明でびっくりした。





大神島が見えます。島の東側は宮古の神々が住むとされる聖地で立ち入りできないらしい。

こんな綺麗な海だもんなぁ、神様がいるに決まってますね。






内地(日本列島)から来た人は、海の蒼さに皆びっくりするけど、沖縄本島の人からしても綺麗らしいよ。すごいでしょ~?


すごいよ!宮古島に来てからここで初めてまともに海を見たから余計に。

ちょっと曇が太陽を遮ってるんだけど、それでもこの青さを維持できるんだもんなぁ~。

ちなみに、池間大橋売店でさざえが食べたかったんだけど、台風の影響で「無い」ということでした。残念!


池間島から宮古島へ戻る風景もまた綺麗!雲が晴れる瞬間を狙ってカメラ構えてましたw





池間大橋の全体が見えるらしい、西平安名岬へ。

宮古島にも馬はいるんだねえ。




岬の展望台から見る池間大橋。空と海の境界線です。




でもむしろ南向きの風景のが気に入ったw




鮮やかなハイビスカス、沖縄っぽい~。





オーナーさん写真好きなんですね~。水着の女の子も撮るんですか?


撮らない・・・というか通報されちゃうだろう。


原付のニーグリップできない不安定なズーちゃんに慣れないまま、次は伊良部島を目指しました。

途中でマンゴージュースののぼりが見えたので寄り道、甘くておいしい!



ちなみに日焼け止めを買っておらず、「どっかで買えば良いや~」と思ってる間に、この時点でもうかなり焼けてましたw


伊良部島への途中で有名な、砂山ビーチに行ってみた。砂山を超えないとたどり着けない疲れるビーチ・・・。




なんか良い感じに穴開いてますね。



この宮古島初めてのビーチで、自分がいかにアウェーかをここで思い知ったのである。

周りは家族かカップルで、ぼっちなんて一人もいなーい!



当たり前じゃないですか~、リゾートですよ?

でも、オーナーさんには私がくっついてるから大丈夫ですよ!


(スミレさんでは有り得ない、この扱いやすい原付っぷりが素晴らしい・・・!)


あ、でも12時間だけですけどね~。


(だがこのレンタル小悪魔っぷりが怖い・・・!)


砂山ビーチから10kmぐらいで、宮古島と伊良部島を繋ぐ伊良部大橋へ!そこから宮古島を振り返るとそこは絶景!




ここまで来て、この日は雨が降りそうに無いことを確信しました。

俺は、お天道様との賭けに、勝ったのです!!!




台風近づいてるのに来てみて良かったですね!

島では雨が降ると路面がすべりやすくなるので、本当に運が良いですよ~。


スコールはあったし、朝からずっとハラハラしてたんだけど安心したよ~。


この橋では伊良部島を見るより、宮古島側を見た方が、橋がカーブを描いてるので綺麗でした。

高さがあるから、風は強いし海の透明度は見にくいけど、眺めは最高です!まわりは海だけ!

暁の地平線に勝利を刻むのだ!






久々のツーリングと景色でテンション上がったせいで、旅するバイク乗りっぽい写真撮ってみました。

服はサンダル以外、全てユニクロですキリッ




お洒落には気を使った方がモテますよぉ?

だんだん、オーナーさんの本来の愛機さんが可哀想になってきちゃったかも~。


あの子のことは今は言わないでくれ・・・。冷や汗が・・・。



この橋で、マスツーおっさん団に写真お願いされたので、代わりに俺も撮ってもらいました。ノリ良いねオッサンw

沖縄(宮古島だけど)と言えば、「トップをねらえ!」の聖地とも言える(パイロット養成学校がある)ので、ガンバスターの発進ポーズをしてみたけど絶対伝わらないね!?



おっさん達とは、この後また会いますw



橋を渡って伊良部島に入ったは良いものの、あまり撮るものが無いうえに島は狭いので、すぐ伊良部島のビーチに着いてしまった。



訪れたビーチは「渡口の浜」。さっきの砂山ビーチと違って人が全然いないし、綺麗な白い砂!プライベートビーチみたい!



もちろん、透明度良し!

ちょっと波が高いかな。波打ち際で一人でばちゃばちゃ遊んでましたw(寂しい光景



ちょうど昼時だったので、海の家でソーキそば。



飯を食い終わったら、さっきのおっさん軍団が困ってました。

どうやらレンタルの原付が始動しなくなってしまったらしい。比べてうちのズーちゃんは優秀だ!


えへへ~♪嬉しいこと言ってくれますね、腕組みますか~?


あとでスミレさんに殺されるから遠慮する!



そろそろ時間が無くなってきたので、島をぐるっと走ることはせずに宮古島へ向けてUターン。

島には全然人がいないのでクルマに煽られなければのんびり走れます。

原付はホンダドリームで試乗したことしかなかったけど、まったり旅するのは楽しそうですな~。



宮古島に戻る前に牧山展望台へ登ってみた。




蒼い海のパノラマ!





伊良部大橋のアップダウンがよく見える。何であんな高低差あるんだろう?船が橋下潜るのかな。



ちなみに、展望台の下は人目につかないので全裸になって水着に着替えました。この日の最後に、宮古島で一番有名な前浜ビーチに突撃する準備です。

ビーチでリア充がたくさんいるとこで着替えたくないのでw

公然猥褻じゃあない!



擬人化された私はかなり猥褻なデザインな気がしますよ~?(上目遣い&胸ちら)


(何で、あざとくて可愛い性格で擬人化してしまったんだ俺は!イチャイチャしたいけどスミレさんに怒られるからやりづらい・・・!)


とりあえず、宮古島へいったん戻る。

復路の伊良部大橋を走る途中で、俺と同じぼっち原付を見つけました!



反対車線だけど大声でコンタクトをとったら、どうやらあのオッサンは海中撮影目的らしかった。

俺は背泳ぎしかできないので海へ潜るのは怖いけど、綺麗な海の中は見てみたかったなぁ。


宮古島にいったん戻ったあとは、来間島へ走ります。まだまだ蒼い海は終わりません!



以上、前編終了!



あとは、来間島と前浜ビーチ、ゲストハウスの写真ですね!


たった1日とは思えない写真の量になっちゃったなぁ(汗

読んでいただいて、ありがとうございました。次もお楽しみに~。


次回は、私とオーナーさんが肉体関係になっちゃいまーす❤


えぇ!?何でそんなウソつくの!?もしスミレさんに聞かれたら、高回転のタイヤで俺の顔面すり潰されるぞ!?

【CBR250R】南九州の旅4日目後編~最終日


前編では、土砂降りでスマホに浸水しつつも何とか熊本を目指したところで終わりました。
スマホの件で落ち込んでいたのと、ロングツーリングを舐めていたことを思い知りひたすら阿蘇のライダーハウスへ。
この夜も雨の予報だったのですが、夕方に到着できました!
これで残る問題はカメラですが、これも半分解決したのですよね。
写真を撮ることを諦めたものの、何とかできないかと考えてたらコンビニでインスタントカメラが売ってることを思い出す!
フィルムをジーッジーッって回してカチャって撮るアレ。フラッシュ炊くとキュィ~ンって鳴る奴ですw
で、ライダーハウス「リトルアジア」も写真に残すことができたというわけですね。
デジタルじゃないので質は悪いですが、これが泊まったリトルアジアさん。



宿から出てきたお姉さんに「スマホ水没~予約なしの飛び込み云々」と事情を話すと笑って迎え入れてくれて、本当に嬉しかった!
管理してるのは外人の旦那さんと若い奥さん、そしてYおじさん(以下Yさん)。
受付でYさんから宿の案内と説明を受ける。ツーリングマップルではライダーハウス表記でしたが、実際はゲストハウスという分類でした。
このYさんがなかなかの人物でしたね。
そう、このYさんはチャリで日本一周の最中で、今は阿蘇に沈没し(居ついてしまうこと)、この宿の手伝いしつつキャンプ場を作って、完成したらまた旅に出るという人でした!
旅先で話を聞くのが好きなので色んな人と話すけど、こんなすごいオッサンは初めてだw
ログハウスの中で魚さばいて焼いたりしてましたもんね、Yさん。
オーナーは飛び込みなので食べれませんでしたが。
旨そうだったねえ・・・初めて旅宿に泊まったけど初めてのことばかりで面白かった。
自分の他に大学生グループや外人バックパッカー、外国語ペラペラ女性とその友人のオーストリア人とか、もう普段は絶対見ない食卓だったねw
ああいう時だけは英語話したくなりそうですね。
ともあれ、4日目は終了ですか。
寝るのは安い相部屋ベッドにしたんだけど、女性のバックパッカーが相部屋でむしろこっちが困(
こんな感じでスマホ水没の悲しみも未体験の楽しさで回復したオーナーでした。はい、4日目終了です。
俺の感動を流したね・・・まぁ、この日のこと書きだすと終わらないし、最終日のこと書きます。
最終日、朝早くから荷物を積み込み、「いってらっしゃい」の挨拶に見送られ、宿を後にしました。
行きとルートを変えてミルクロードで阿蘇へアクセスしました。
その後は天気良く時間もあったので、もう一回阿蘇中岳火口と、夢大吊り橋に行ったんですよね。





ミルクロード両脇の牧草地は焼畑で真っ黒だったけどね・・・夏だったら一面緑だったはずなんだけど、まぁ仕方ない。
行きも登った由布岳を一気に走り抜けるのは帰りも気持ち良かったねぇ。
ここは動画に残してあるのでいつかアップするかもしれませんよ。



時間に余裕持ってフェリー乗り場に到着しましたね。
段々と他のバイクも集まってきました。



帰りのフェリーではここで知り合った2st乗りの大学生君と相部屋になって、お互いに見てきた九州を語りながら時間を潰す。
やっぱり、こういう時は誰かいると楽しい(´ω`)
旅の醍醐味は景色だけではないということですね。
最後に改めて聞きますが、今回は初のキャンプロングツーリングでしたが、楽しかったですか?
地面固くて寝れないしスマホ浸水するしで大変だったけれど、その辛さもひっくるめて良い旅だった!!!
次はどこへ行こうかね。


【CBR250R】南九州の旅4日目前編


九州4日目、ユースホステルで目覚めて外を見ると雨!
天気予報で予測はしていたものの先が思いやられつつ、宿を後に。
私は屋根の下に駐車してもらっても結局は灰まみれだったので、その程度で弱音吐くとは罰当たりです。



雨と灰、さらに風まで強い最悪の日だったね。
宿は1階が駐車場と風呂、2階が受付とか食堂、3階が泊まる部屋という珍しい構造でした。
チェックアウトでお決まりの「いってらっしゃい」に送られて出発!展望台へ昇ってみたけど



なんにも見えないじゃないですか
一応、桜島のフェリー乗り場方面と鹿児島の街の方を写したんだけど駄目だったw
展望台での風速は台風並みで立ってられないし、正直無茶が過ぎた・・・
命からがら展望台を下り、桜島フェリー(鹿児島の街行き)に乗り込む!



外が丸見えです・・・
というか波が・・・海水かぶりそうですよ私。
波に乗りあげる時にバシャアって来るので、乗るときは最後が良いみたいw
フェリーさんふらわあと違って、地元の人が日常的に使うバス代わりのフェリーなんだって。

で、鹿児島の街に上陸した後、九州の西側へ走り、水俣を抜け、また熊本を目指したのですが。

そう、水俣へ続く山道で土砂降りに会ったのでレインコートとか装備して、やっと街に下りてガストで昼飯食おうと思ったら
スマホが水浸しで勝手に電源落ちる・・・
精神的負荷が強すぎて一瞬、気絶しそうでしたねオーナー。
電話、メールだけでなく道を調べること、写真撮ること、さらに宿の予約を取ることもできないという。
唯一の頼みはツーリングマップル。
この時は何としても無事に帰ること=今日の宿にたどり着くことしか考えてなかった。
最低でも阿蘇に着かないと、九州最終日にもう一回阿蘇を楽しむことができなくなるのがわかってたし。
というわけで、調べておいた阿蘇のライダーハウス「リトルアジア」を目指してひたすら走ることに!
つまり鹿児島~熊本までの写真は無いということですね。
4日目の後編は、スマホが死んだオーナーと灰まみれの私が迎えた、九州最後の夜を語ります。