ジャパリパークの旅 [クロスカブで日本一周・完]

ひとりの旅人が、擬人化したバイクや獣達と綴る、流浪の記録

【CBR250R】北九州・山口ツーリング【1日で905km】



大 変 お 久 し ぶ り で す ! 遠です。


スミレです。


ブログ更新止まってましたが俺は生きてますよー?


・・・・・・・。

特に待ちわびた拍手は聞こえませんね。


むしろ、「何やってんだ」っていう溜め息が聞こえるね~。


更新停止の理由は、サバゲーに手を出したり、会社が嫌になって心療内科行ったりしてまして(汗

やっとブログ書く気になったので、9月に敢行した九州ツーリングの記事を書こうと思いまーす。

クロスカブのナズナちゃんではなく、CBR250Rのスミレさん編。


当時、私はメーターが故障して交換したので、メーター上は総距離1649kmでした。




実際3万kmは走ったんだけどねえ。むしろここまでカスタムしてあって総距離1000kmちょっとだったら不気味だw



今回のツーリングは『俺は250ccバイクで名古屋から1日でどれだけ走れるのか』という挑戦を兼ねてるので、初日はひたすら走りました!

もちろんキャンプ装備です。



1日目。朝4時に起きて高速で一気に南下。

サービスエリアでの休憩は最小限にして見知らぬライダーとのおしゃべりもそこそこに、とにかく進むことを考える。











写真でわかるように、最初のSAと、美東SAと古賀SAぐらいしか写真撮ってませんw

とにかく走った走った。もちろん安全な速度ですよ。

熊本に入り、もう体力というか、尻のHPが限界だったので、八代JCTで下りて、宿を決めました。



初日の結果、走行距離は、905kmでした!あと100km走ればキリが良かったけどもう無理だった!いやー頑張った!!




ひたすらタイヤを回すだけなんて馬鹿馬鹿しすぎて褒める気になりません。


ええっ!?頑張って走ったのに!!


まぁ、大型のツアラーならもっと楽に長い距離走れるからそう思うのも無理はないか・・・。

とにかく、初日はこれでおしまいです。



2日目。

宿、つる乃湯温泉を出発。

ちなみに宿代は安くて、温泉も地元の人達がたくさん来てたし良い所です。洗濯機も洗剤もあるよ。




洗濯機のことを自然に説明するあたり、オーナーの旅人臭が漂いますね・・・。


いつのまに、こうなってしまったんだろう俺!



宿からは57号線に乗って天草市へ。

天草パールラインの天草五橋も渡っていく。でも思ってたほど綺麗じゃなっかった。流れは良いけど交通量が多い!



さくっと天草は終わって、島原へ渡る島鉄フェリー乗り場に到着。歴史に詳しかったらもっと色々観光できたのかな・・・。



景色は良いものの道中で停まるほど見どころあるものが無いので、あっさりとキャンプ場に着いてしまった!

このあたりはシーサイドラインだらけで夕陽を見ながら走りたい道がたくさん。

でも前日に900kmも走ったものだから、2日目はあまり走る気になれなかったw




日程は短縮できますが、長距離走るのも良し悪しですね。



キャンプ場は四本堂公園というところ。サイトは海に面した棚田のような感じ。すぐ近くは砂浜。工事現場水洗トイレあり。

いつものように、一人で黄昏る。



そういえば、わたるんとまたキャンプオフ会しようって話してたんだっけ。またやりたいなあ。

というか、こういうとき暇だから料理以外に何かやれること見つけたいね。


北海道行った時はキャンプ場でギター弾いている方いましたよね。


音楽できたらもっと旅情溢れるよねw


これで2日目は終了。

3日目。

この日は秋吉台を目標にしていたので、九州自動車道で一気に北上する。結局、九州には1日半しかいなかったwサラダバー!

初日を思うと200kmぐらい屁でもない。あっさりと山口県に入る。道の駅豊北でお土産探し。



そして前から来たかった角島大橋で撮る!つもりだったけど車が多すぎたので撮影は後回しにして橋を渡り、角島灯台へ。






明治9年に初点灯した総御影石造りの洋式灯台で、現役だそうです。


灯台は綺麗だけど周りがごちゃごちゃしててあまり好きじゃなかった。やっぱり何もない所にポツンと立つ灯台が好き。

灯台の駐車場にある東屋では新鮮な海の幸が食えます。ぼっちは浮きますw



角島大橋付近は海水浴客や観光客だらけで混むので昼メシ時はやめたほうが良いけど。



さて、少しは人も減ったろうということで、角島大橋をまた戻り、展望の良いとこで撮影。

よく写真で見るけどやっぱり綺麗だった!海は青いし、すーっと伸びる橋や島もまた美しい。



DSC_0906小


ここだけ見ると宮古島みたい!ガスってなければもっと青かったんだろうなあ。


思い出しますか、私が置いてけぼりになった宮古島ツーリングを。


(しまった!!!言うんじゃなかったー!!!)

さあ!角島の次は最終目的地、秋吉台へGO~!



秋吉台は中国地方のツーリングスポット、日本三大カルストとして有名だけど残念、雲が多い。

日本とは思えない広大さは圧巻。でもカルストって岩が見えないとよくわからんので夏より秋に来たほうが良いかも。




さすがあちこち走ってるだけあって目が肥えてますね。


それ罵詈雑言より胸に刺さるなぁ(汗) 比べるのは良くないね。

灯台の東屋でサザエとイカを食っただけでお腹が空いたので、秋吉台を下りてすぐの観光案内所の近くにある食堂『NEMU』で遅い昼メシ。

秋吉台名物、ぜんじかっぱそば!!!


何の呪文ですか。


呪文みたいだけど食べ物なんだよ。

熱した鉄板の上に、わさびを練り込んだ蕎麦、地元の秋吉台高原牛肉、山口県産たまご、きゅうり、海苔が乗ってて、温かい特性ダレにつけて食うんだよ!




説明されても理解できないのですがどうしたら良いでしょうか。


俺も初めて見たときは、焼きそばと冷やし中華とつけ麺が合体したみたいでわけがわからなかったけど、すごく美味いんだよ!

ジュウジュウと焼けた蕎麦は香ばしく牛肉の旨味にレモンの爽やかな風味が合わさっている!!!(料理漫画風


今回のツーリングで一番興奮してませんか。


花より団子って言うだろそれだ。

天気は曇ってましたがすごく満足して秋吉台を去ることができましたw

3日目の宿は『パルトピアやまぐち』、ユースホステルです。



例に違わずこのユスホも客は少なくて、4人部屋(シングルベッド4つ)なのに俺一人でしたw別に良いけど何かな~。

3日目はけっこう色んな景色、食べ物が見れて楽しかった。

4日目ですが、山口から高速で一気に名古屋へ帰っただけなので写真は無いです。


今回の弾丸ツーリング軽く越えてるツーリング、走行距離は4日間で2190kmでした。






お疲れ!スミレさん!



ツーリングがしたいとは言いましたが、次回はもう少し普通のツーリングを希望します。


正直、俺も。尻が痛いのはもう嫌だ!お尻がランブータン!


スポンサーサイト

【クロスカブ】道の駅遠山郷まで慣らしツーリング



前言ってた慣らしのために、長野県まで行ってきました。目的が無いのもつまらんので、道の駅遠山峡のジンギス丼を食うよ!


慣らしのためだけに名古屋から長野くんだりまで行くのか、普通・・・?


毎日買い物で乗るだけじゃ慣らしなんて終わらないからな!

この前装備したラックに、じゃがりことツーリングマップルとお茶を突っ込んで出撃。




なんだか遠足みたいで平和だったな、こういうのは嫌いじゃない。


スミレさんに乗ってよく走るどんぐりの里までの道だけど、バイクが違うだけで新鮮だったなぁ。

トコトコとマイペースに走るのも気楽で良いねえ。

途中のどんぐりの里にて休憩。

必要じゃないんだけど、せっかく大型キャリアに換装したから、ホムセン箱を乗っけて走ってた。

すごく似合うw




箱が黒いから私の色と馴染んでいたな。

スミレさんと比較して、キャリアというか積載の違いはどうだ?


やっぱり、キャリアが平らだし大きいから、積むのが楽々!さすが積載型バイクだよ。

スポーツバイクだとキャリアが斜めだからズレるんだよねえ。


ふふっ、そうだろう?運ぶのは得意なんだ♪


あー、でも登坂すると速度落ちてなかなか進まない!


そ、それはッ、仕方ないだろう・・・、むぅ・・・。


まぁ、それも味だし、低速のトルクが良いしエンストに気使う必要も無いから楽しいよ?

CBR250Rに乗ってると細道は入りたくないんだけど、クロスカブだとクネクネ上等!という気分になれるw



途中、気になる看板を見つけたので止まる。



愛宕様・・・あの、ぱんぱかぱーんの子? あの子と言えばお胸。


なぜ決まって胸の話題に逸れるんだオーナーは・・・ここで止まったの絶対わざとだろう。


わざとじゃないわざとじゃない全然わざとじゃない。

で、桜もゲンジボタルも季節が違うから見れないだろうけど、気になったので横道に入ってしばらくトコトコ行く。

途中で家と畑があったけどそれらしい看板や印がないし絶対通り過ぎたな・・・、と思ったころ、山ん中でネコと遭遇。



老いてるのか、病気か、人慣れか、全然逃げない。

むしろ、くつろぎ始めたw 可愛いじゃないか(*´∀`*)



何となくこのネコに、 「もうこの道は戻るが良かろ?(CV:狼と香辛料のホロ)」、と言われてる気がしたので、Uターン。



理由が意味不明なんだが、良いのか・・・。

(まだオーナーと出会ったばかりだが、このヒトを理解できる自信が無いぞ・・)


Uターンしてまた長野を目指してトコトコ。

途中で、水曜どうでしょう好きなら反応せざるを得ないシチュエーションもあったw




だるま事件とかいうやつだろう?私は嫌だぞ、だるまを積むのは。

・・・そ、その不敵な笑みをやめろオーナー!


なんだかんだで、長野県南部、遠山峡に到着。



ジンギス丼!うまし!



ジンギスカンと聞くと北海道でキャンプしたあの日を思い出すなぁ。

遠山郷には鹿肉、猪肉を売る店が多いそうなので今度来たら食いたいです。猪肉好きなので。



食ったら帰る。

帰り道もトコトコ。というか、トコトコ以上にエンジン回しても燃費がもったいないだけな気がするから、トコトコ最強です。

こういう清流を下流から上流まで追いかけるのも面白そうだなぁ、と思ったり。






以上、こんな感じで往復300kmぐらいのプチツーリングでした。やっぱり原付じゃあ一日300kmが楽しめる限度って感じかな。

あと、今回長く走って見て、トンネルとかでヘッドライトの光量が暗すぎるのが問題点として浮上してきた。


む、せっかくだから言っておくが、そのことはネット界隈でもたまに言われているようなんだ。


そうなの?

HIDまでいかなくてもスミレさんのカスタムしたハロゲンぐらいは明るくなって欲しいんだよね。安全のためにさ。


なんだかんだで、私の改修は続きそうだな。

納車されたばかりだが、オーナーの貯蓄が不安になってきた・・・。


俺も不安だ・・・。工賃浮かすために、定期メンテ以外やれることは自分でやらないとなぁ。

山形まで行こう・・・やっぱ新潟でUターンして下栗の里へ!



こんちは、遠です。

ここしばらく、家の事情で忙しくてバイクに乗る気も起きず、グランブルーファンタジーで時間潰してたので、まったく更新できませんでした・・・。

事情というのは、父方の婆ちゃんの緊急手術→入院、父方の爺ちゃんの社会的入院→ショートステイ→老健、母方の爺ちゃんの精神病院入院、母方の婆ちゃんの葬式、と怒涛の勢いで色々あって。

特に、母が精神的にヘトヘトになってるのにバイクで旅に出るのもなぁ・・・、という感じで。


オーナー、気が引けると言いますか、心から楽しめない様子でしたものね。


でも最近、やっと落ち着いてきたし、そろそろブログ更新しようと思います!

ただ、ネタが無いので、前回のキャンプオフより前に行った、『下栗の里』の回想でもします。



あの日は新潟か山形あたりまで長距離ツーに行くつもりでした。

深夜に起きて名二環、東名、中央自動車道、長野自動車道、上信越自動車道、北陸自動車道を通って、昼過ぎには新潟を走ってました。

でもやっぱり母が心配だったので新潟からUターンし、愛知に戻って下栗の里に寄り道して日帰りしました(白目


心配性のレベル高すぎでしょう。


・・・さすがに、『新潟着いた、今から帰る』っていう母宛てのメールは頭おかしかったなー。

でも心がモヤモヤしたままツーリングするのも楽しくないなぁ、と思って。


とにかく、新潟の柏崎付近でUターンし、長野県は遠山郷『『下栗の里』へ。

『下栗の里』は、最大傾斜38度の山の傾斜面に家屋や農地が点在している村落。

『日本のチロル』と言われたり、ジブリに影響を与えた地でもあります。

また、ホンダのアニメ『わんおふ -one off-』の舞台でもあるので、1回行ってみたいと思ってました。これPV。





私の実家もアニメオタクに毒されてきましたね・・・正気を保ってほしいものです。


ホンダさんよくやってくれた!ありがとう!


で、すみれさんと一緒に急斜面で狭い道をぐねぐねと登る登る。駐車場からは歩きで展望台へ向かいます。

親切にも杖の貸し出してくれるようです。



ここまで来て、(新潟帰りで疲れてるのに何で俺は山を登ってるんだ・・・)とはたと気付いたんですがここまで来たらもう進むしかない!



観光の爺ちゃん婆ちゃんとすれ違う時は道を譲らないといけないぐらい狭いです。




遊歩道から落ちたら何かにぶつかるまで止まりそうにないぐらい急斜面でしたね。

・・・理由も無くオーナーを突き落としてみたくなりました。


理由無いのか!

しかしこういう狭い遊歩道歩くと四国最西端とか知床の展望台とか思い出すねぇ。



山歩きで疲れたぶん、到着した展望台からの景色で「おぉ~」とため息が出るのはどこも同じ。

見えるのはバイクでぐねぐねと登ってきた道なんだけど、ここから眺めると本当に山の斜面にへばり付く村だとわかる。







さすが『にほんの里100選』にも選ばれる、日本の原風景ですなあ。


下栗の郷のサイト見てみましたが、展望台への遊歩道は地元の方々の協力もあって作れたようですね。


狭いから重機入れるのも大変だったろうなぁ。

狭いけれど平和で静かな村だったので、これからもあのままでいて欲しいね。



さて、展望台から駐車場へ戻って飯を食おうと思ったものの、「はんば亭」は営業終了だった。もう5時だったしね。

仕方ないのですみれさんを撮るだけして、名古屋への帰路へつきました。紅葉にはまだ早かったなぁ。





以上で回想終了~。いつもと比べるとボリュームの少ない記事になってしまったなぁ。

そろそろ、ちゃんとツーリングしたいねぇ。


もう冬になりますし、また新潟に行くのはやや無理がありますが。


そうだね、行くなら南か海沿いだよね。

だがそれよりも積載能力をさらに高めるべく・・・、新たなホムセン箱へと換装するのだ!!!


・・・何ですって?


スカイダイビングしてきました!!!



スカイダイビングしてきましたーっ!しばらく前に天候のせいでできなかったから、リベンジ成功!


そんなことより、私を親戚のお宅に2カ月近く放置した謝罪のために土下座してほしいです。


家の事情とは言え、すんませんでした!今回スカイダイビングのために久しぶりに乗りました!


2カ月ぶりなのに兵庫県まで走ってスカイダイビングという狂ったプランではなく、もう少しまともにできなかったのですか。


それが、「連休か、よし、空飛ぼう」と思いついてしまって。


思いつくのが理解不能です。


それ、会社の先輩にも言われた・・・。じゃそろそろ回想しますかね。



まず前日に、親戚宅からスミレさんに乗って帰宅。翌日のダイブの準備をしておいた。



服装は動きやすい服とスニーカー。プロテクタージーンズは動きにくいので七分丈カーゴをドライバッグに詰め込んでいきました。

あと必要なのは保険証と実印。・・・実印。 (大事なことなので2回


誓約書に押印するために必要なのですよね。

さすが、命を落とす危険性があるアクティビティーなだけはあります。


必要なものが生々しくて、準備の段階でちょっと引いたけどね。



そしてスカイダイビング当日。

13時からの予約なので、朝4時に起きて、高速で一気に兵庫県へ。

この日は各地で今年の最高気温を記録。下道だと走っていても汗がじわじわ噴き出る。夏ですなぁ。




兵庫県は但馬(たじま)空港に到着。

空港は地元のセントレアのイメージが強いから「小っさ!」と失礼な感想を抱いてしまいます。



すぐ近くのレストランで昼飯。安いしまだ時間内だったのでモーニングで。




空飛ぶ前に食べてしまって良かったのでしょうか。空中で回転しますよね。


俺もちょっと考えたんだけど、禁止事項には書いてなかったしね。飲酒や献血とかは駄目だけど。

でも空中で回転しながら吐くとか考えるだけで恐ろしいなぁ・・・エクストリーム・ゲロか。


下にいた人が精神的にショック死しそうです。というか、汚い話やめて下さい殴りますよ。


スミレさんから話振っ・・・いえ何でもございません。2カ月放置申し訳ございません。



スカイダイビングは空港でするけど集合場所はクラブハウスなのでそっちへ移動です。

空港を離着陸する便が無い時間帯だけ、スカイダイビングの小型機が飛べるらしい。

クラブハウスへの道を、そこら辺にいた警備のおっちゃんに聞いたら、「スカイダイビングやるの? うへえっ!」って怖がってた。愉快なおっちゃんw

でっかいガレージが「スカイダイビング関西」さんのクラブハウス。小型機が見える。ここから滑走路へアクセスします。




クラブハウスの中へ。パラシュートとか色々置いてあって、いよいよだ・・・と緊張が高まる((;゚Д゚))






まずは受付のために、誓約書に様々な内容で10か所ぐらい署名するんだけど、つまり、「もしかしたら死ぬけど良い?」って聞かれてるってことなので、すごく怖い((;゚Д゚))

事故なんてそうそうあるもんじゃないし、絶叫マシンとか大好きな口だけど、怖いもんは怖い!



バイクに乗るのだって危ないですけど、それとはやはり違います?


確かにバイクも危ないけど、危ないのレベルが桁違いだからね~(汗



緊張を拭えないまま、お姉さんから講習を受ける。小型機内での姿勢、空へ飛び出した時、着地する時の姿勢を習う。

一応覚えるんだけど、緊張と期待でそれどころじゃなかったです。心の準備をしていたつもりなのに!



数分間の講習を終えたら、ツナギとハーネスを装着。

ちなみに、小型機内に物は持ちこめないため、カメラを預けて地上での光景を撮ってもらうことになります。

フリーフォール中は、自分と一緒に飛ぶインストラクターの手に装着されたカメラで撮影してくれます。


で、ついに小型機へ乗り込む!



このシーンというか後ろ姿、ミリタリー系の映画みたいでかっこいい(゚ω゚)


オーナーの顔がイケメンだったら良かったのですけど・・・残念。


そんな本気で残念がられても・・・。


座ってさきほどの講習のおさらい。

・機内からはインストラクターのタイミングで、「レディ、セット、ゴー!」で落ちる。
・肩を叩かれたら腕を広げる。
・パラシュート開くまではエビ反り姿勢。
・着地は足をつかずに滑り台を滑るように尻から着地。





ついに大空へ発つ!不安と期待がごっちゃになってるせいで、目はすわってるけど口もとはやや笑って歪んでました。




口元だけがひくひく笑ってると言うか、そんな感じね。見ると引くので皆さん見ないであげて下さい。


やめて!緊張やら何やらで俺のHPはもうゼロよ!


では、ここから着地までは動画で御覧下さい。

「スカイダイビング関西」さん自前のカメラで撮ってくれるサービスなので、画質やアングルはどうにもできません、悪しからず。





見終わりましたか?どうでしょうか、モザイクだらけでわけがわからないと思います(汗

高いところは平気なんですが、飛び出した時の高速回転はめちゃくちゃ怖かったです!

その後、姿勢が安定し、時速200kmくらいで落下したはずですが、周囲に建物など無いので速度を感じない。


速度感覚は相対的なものですからね。

飛行機で空を飛んでいる時に外を見ても速さを感じないので同じです。


でも風圧は凄まじかった!息がしにくいし顔面は崩壊!

でもパラシュートを開いたあとはすごく気持ち良かったなぁ~。半分は放心状態だったけど。

素で、「ふえぇ・・・」って言ったのは人生初ですw



で、着地。





着地したあと言葉が出てこなかったけど、 最 高 に 気 持 ち よ か っ た !


ヘタレじゃないオーナーなんて、オーナーじゃないわ・・・誰ですかあなた。


スミレさんしっかり!ヘタレはここにいるぞ!今回のワインディングだって全然傾けてなかったじゃないか!


そう言われるとそうですね・・・。いつものヘタレなオーナーだわ。


ああ、良かったね。(良かったのか?)



着地してガレージに戻ったあと、動画が焼けるまで給油とか写真眺めてました。






DVD貰ったらスタッフさん達とさよなら~。名古屋へ帰る。



改めて考えると、オーナー1人のためだけに5人のスタッフさんと小型機が空を飛んだわけね。

ただのオーナーに、なんという無駄遣いでしょう。


確かにちょっと恐縮したけど・・・!


ともあれ、“一生に一度は空が飛びたい”その夢が叶いました。漫画のキャラみたいに気持ちよくは飛べないのも体感しましたw





最後におまけで、無事に空から帰還できた感謝の意を込めて、但馬一大きな神様にお賽銭を奉納してきました。



皆さんも空から落っこちることに興味があるならやってみて下さいね~。




そういえば、「スカイダイビング関西」さんのブログにこれが。





バイクで片道6時間とか、どこの誰だろうね(白目


実際、帰りは名神が事故渋滞で、1時間半も灼熱の高速道路上で立ち往生させられたけど・・・熱中症にならなくて良かった。


次は茨城でバンジージャンプ!と考えてますんで、一緒にやりたいって人は連絡下さい。読了ありがとうございました~。


オーナーの夏はまだ始まったばかりのようね・・・。




宮古島レンタルツーリング後編



さて、後編書きますかね。

ちょっとわかりにくいので前編のおさらい↓

1日目
  名古屋→那覇空港経由→宮古島着→ゲストハウス「ヒダマリ」
2日目
  ゲストハウス「ヒダマリ」→宮古島を北上→池間島→宮古島戻って南下→伊良部島→宮古島戻って南下

こんな感じかな。後編は来間大橋を渡って、来間島に入るとこから始めます。


もうすぐ、私とオーナーさんの二人っきりの時間も終わりですね。


そ、そうだね・・・。前編でも言ったけどあまり本妻(CBR250Rのスミレさん)に誤解を与える発言は慎んでね?


うふふ~♪


何その不穏な笑顔!(汗) とにかく回想始めるよ。


来間大橋をまったり走る。伊良部大橋より短いからちょっと迫力に欠けます。




でもここも海が綺麗で蒼いです。まぁ、どこ行っても蒼いんですがw




伊良部大橋より高くないので海の透明さがよくわかるし、交通量も少ないので、ひとり寂しく佇んで海を眺めるにはベストかも。





来間島の展望台からも海を眺めようと思ったんですが、横にフルーツ屋を見つけたので寄ってみました。

名前だけ知っていて見たことのなかった、ドラゴンフルーツを注文してみた!なんだこのドきつい色w



特別美味しいわけではないけど、南の島はやっぱり果物を食べるに限る。みずみずしくて火照った体に染みる。



女の子もみずみずしくて、ぴちぴちですよぉ。ほらほら~❤


で、次が竜宮城展望台。


無視しないで下さいよう!


フッ、だんだん原付の扱いに慣れてきたということか。


竜宮城展望台はほんとに竜宮城みたいでした。何かauのCM思い出すなw




展望台上へ階段で登る途中、窓に切り取られた空と海が綺麗。




展望台上。宮古島はどこに行ってもこの景色だけど、綺麗だから飽きないなぁ。




やりたかったけど台風による日程の調整でできなかった、パラセーリングやってる!羨ましい!





オーナーさんってああいうマリンスポーツ好きなんですか?

パラセーリングは沖縄諸島各地でやってますけど、ロープの長さにはばらつきがあるんですよ~。


海で泳ぐとかは好きじゃないけど、絶叫マシンとかは好きだよ。パラグライダーもやったことあるしね。

また機会作って、南の島の海上を飛んでみたいなぁ。



展望台からは小学校も見えた。こんな小さな島にもあるんだねえ。





さて、次が最後の景勝地、与那覇前浜ビーチ!

来間大橋から宮古島に戻ってすぐ左にある、全日本トライアスロン宮古島大会のスタート地点にもなってる有名なビーチ。

とびきり広くて、白い砂、蒼い海、気持ち良かったな~!



バックパックと腰に巻いたパーカーの青色が、空や海と同化してるw計画通り!

見てきたビーチの中でも砂がほんとうに綺麗だった。






コンデジは水中撮影モデルなので海ん中に突っ込んでみたけど、波打ち際じゃあ水中は綺麗に撮れなかった。でも泳げないしシュノーケルも持ってないので沖には出れないw




せっかく海に来たのにもったいなですねえ・・・。


いや、砂浜で座ってるだけでも楽しいからこれで良いんだよキリッ


汚い足で恐縮ですが、水の透明度はわかるんじゃあないでしょうか。




荷物を降ろして、ぼーっとしてましたw カイトサーフィンしてる兄ちゃんもいた。



うーん、やっぱりちょっと、ダイビングしないのはもったいなかったかもねw


そりゃそうですよ。今度、台風のないときにいらしたら、やってみて下さいね!

この前浜ビーチのあと、私はレンタルショップに戻りましたね・・・。


そうだね・・・。最初は慣れてない原付バイクにとまどったけど、南の島のゆっくりとした時間を、ズーちゃんでトロトロ走るのは気持ち良かったよ。

もう少し、記事が終わるまで付き合ってほしい。



レンタルバイク屋でズーちゃんを返却したあとは、ゲストハウス「旅の途中」さんへ。

管理人の姉さん、おっさん2人(バイク乗り)、タメの姉ちゃん1人と俺で呑みに行きました。

俺以外は知り合いなのでちょっと話辛かったけど、楽しかった。翌日帰ることを想うと悔しかった。

でも舌の上で溶けそうな宮古牛は旨かった!w





呑んだあとはゲストハウスで星空を眺めた。天の川も見えました。

北海道ツーリングのときに、宿「あしたの城」で満天の星空を見たのを思い出したなぁ・・・。

ペットの犬ころ、チキンちゃん(メス)の芸を見たりして、宮古島最後の夜は更けていきました。



翌朝。台風が近づいているとは思えない快晴wなんでこんな良い天気の日に帰らなければいけないのか・・・。



宮古空港へ行くまで、チキンちゃんと戯れた。賢くて人懐っこくてほんと可愛いですw






わんちゃんが好きな人には嬉しいゲストハウスですね!


そうだね、年齢層は昨日の「ヒダマリ」よりちょっと高いって姉さんが言ってたけど。しょっちゅうおっさん来てるらしいけどw

でも「ヒダマリ」は有名で人多いし女の子多くて俺には合わなかったので、こっちのが落ち着いて過ごせた。


姉さんからマンゴーもらって縁側で食べてましたw




チキンちゃんとツーショットで撮ってもらって、ついに旅の終わりが近づく・・・。

楽しかったよチキンちゃん。でも日焼けして痛い俺の足に跳び乗ったの痛かったよ、ホントに痛かったよ。

DSCN2882x


おっさんが「貸したげるからバイクで行きなよ」って言ってくれたけど、姉さんに車で空港まで送ってもらいました。

最後に姉さんにハグされた時はびっくりしたwさすが沖縄って感じ。


沖縄はそういう人付き合いの濃さというかゆるさがありますからね~。


本土のゲスハじゃ別れ際にハグなんてまず無いというか一度も無いから新鮮だった。海外じゃ普通だろうけど。


たった1日しか滞在してないのにめちゃくちゃ焼けてしまった。ブログ書いてる今でも足は赤いままですw




ついに、宮古島から名古屋へ・・・、旅は終わるのでした。以上、回想終了~!





台風が3つも発生した時はどうなるかと思ったけど、良い夏の旅になりました!




たった12時間のレンタルでしたけどありがとうございました、オーナーさん❤

擬人化するぐらいですし、バイクが大好きだというのがすごく伝わって嬉しかったですよ?


こちらこそ、あちこちに連れていってくれて嬉しかった、ありがとう。

また沖縄諸島に来たときは、レンタルバイクを借りることにするよ。またキミに出会えるかはわからないけれどね。


ふふっ、そんなこと言うと愛機のスミレさんに怒られるんじゃないですか?

スミレさんと仲良くしないとダメですよぉ、じゃあ、さようなら~っ!


さようなら~ノシ(泣


・・・なんか、浮気したけどやっぱり妻が大事な夫の心境というのかなコレ。