WandeR:Automata [クロスカブで日本一周中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

ホムセン箱2号を作りました!



こんばんは、遠Rです。

前回ちょろっと言いましたが新しいホムセン箱を作りました。


ツーリングにも行かずに、この人はまた・・・。


でも今の箱じゃあいろいろと問題点がでてきたでしょ。


問題が浮き彫りになってきたのがこの、ホムセン箱1号。定番のアイリスオーヤマ製『RVBOX密閉カギ付460』を黒く塗装したもの。





定番の箱だけあって使いやすかったと自信を持って言えます。


見ての通り、箱の固定にはボルト留め式を採用してました。だってボルト留めって言うだけで頑丈そうなイメージがあるし。

一応、作成したときの記事も載せておきますね。→ホムセン箱1号の記事

最初は素晴らしいと思っていたけれど、使ううちに問題点が出てきた!


1.振動でナットが緩む。→脱落の危険性。
2.箱の着脱が非常に面倒。→箱をキャンプ用セカンドテーブルとして使えない。
3.容量が足らない。→箱に入らない分をバッグに入れて箱の上に積んでいた。
4.平行に積載されていない。→底板は歪み、ゴムシートは固定の圧力で劣化し、キャリアが傷ついてサビた。

この4点ですね。

特にナットが緩むのにはまいったなぁ・・・ツーリング中は工具で1日ごとに増し締めないと不安だった。

というわけで、これらの問題点を解消できるホムセン箱2号を製造しました!

Mission1 箱の選択

容量の問題をクリアするべく、アイリスの『RVBOX 600ブラック』を購入。これで容量は30リットルから40リットルに増加。

本当は60リットルを積んでみたかったけど、1号の容量で足りることもあったし、キャリアの耐荷重や、風に煽られることも考え、40リットルで。

1号は黒く塗装しましたが、2号で同じことするのもつまらんので最初から黒いの選びました。

Mission2 箱の固定方法の選択

箱の固定方法には主に、ボルト留め、ゴムロープ、荷締めベルト、ラチェットベルトの4種類がありますが、ボルト留めが自分には合わなかったので、2号はラチェットベルトを選択。

とりあえず何も考えず、箱を縛り付けてみた。この時に箱をどのあたりに積むか、乗車姿勢を試して決めておきます。



あれー?意外と固定できたw ラチェットベルトがこんなにしっかり固定できるとは知らなかった。

でも箱を下ろさないとフタが開けられないし、キャリアとタンデムシートの高さが違うから箱がズレそうで怖い。


しかし必要経費の安さで言えばこれが一番コストが低いですね。箱とラチェットベルトだけですので。


そうなんだけどやっぱり不便だよ?これ。


Mission3 平面にする

安定して積むには、箱を置く場所を平らにする必要があります。

なので、分厚いゴムシート(後ろ側)とゴムスポンジ(前側)を強力接着剤でくっつけ、結束バンドでキャリアに固定。

写真だとわかりませんがこのシートの下にもスポンジが貼ってあります。




なぜゴムシートとゴムスポンジに分けたかと言うと、私のタンデムシートは前が山なりで、後ろがへこんでいるからですね。

全て統一のゴムシートにすると前側が山なりにふくらんでしまい、平面ではなくなります。


スミレさんのタンデムシートはむちむちぷにぷにしてて触ってて気持ち良いんだけど、ちゃんと平面にね。


なるほど、ではオーナーの顔面も叩いて平面にしましょう。スイングアームで良いですか?


それで叩いたら凹む前に吹っ飛ぶんじゃないかな!?


さて、これでキャリアの高さに合わせ、平面になりました。

これで何も無いよりは安定するけど、やっぱり箱の底面積よりも広くしたいですね。

よって、ベニヤ板を購入。箱の足にはめ込む形になるようにカット。シートに固定するための穴も開けておきました。



1号はすでに作業台と化したのだ。

ベニヤ板は素のままでも使えますが、雨水を吸うと腐ったり、荷重で曲がる可能性があるし、見た目にもこだわりたい。

なので、木材保護塗料を塗ります。ウッドデッキの塗装などにも使われるもので、楽な水性にしときました。



地元のホムセンには、保護塗料の中でも有名なキシラデコールがあったけど高かったので、1700円のガードラックにしましたw

木材保護塗料ではなく、『防水一番』などの強力な浸透性防水剤を塗っても良いと思う。


木材専用塗料にはオイルステインもありますが、これは着色剤であり、保護塗料ではないようです。

ややこしいですね・・・。

そのへん調べたけど、所詮はホムセン箱の底板だから保護塗料なら何でも良いさ。

どうやって塗るか迷いましたが、早く完成させたかったので裏表一気に!そのせいで液垂れしてる。



乾いた板に結束バンドとベルトを通して、先ほどのゴムシートの上に合体!



これによって、平面上に、前後左右にズレにくく、積むことができます。


だんだんと、キャリアの拡張版みたいになってきましたね。


結局はそういうことだしね。

簡単に外せるからキャンプ場で小石を土台にしてテーブルにもなるぞ!たぶん!



Mission4 箱に金具を取り付ける

1号には足にベルト穴がありましたが、2号にはそんな穴は無いので、ラチェットベルトのフックを引っかけるための金具を付けます。

穴あけ加工なのでどこに付けても良いですが、とりあえず一番簡単な箇所、リブ(橋桁みたいな部分)に付けました。



ホムセンで売ってる金具は、よくあるアクセサリー的なカラビナではなく、耐荷重15kgとか30kgの金具なので丈夫です。

リブではなく側面に取り付ける金具も選ぶ。色々あります。








箱を取り付けてる方々のサイトを見ると、金具は千差万別なのでどれが良いのか判断しかねますね。


箱を固定する程度なら耐荷重はどれでもいいんじゃないかな。問題は箱への負荷を減らす工夫だと思う。

結局、金具の中でも安くて、ボルト径の大きいU字ボルトにしました。もちろんステンレス。



防水を考え、ゴムシートを挟んで取り付け!裏にもゴムシートと、箱への負荷を分散させるプレート。





正直、もうちょっと面積のあるプレートが欲しかった・・・検討の余地あり。


箱2号には、1号のような蝶番が無いので、蝶番とアームステーを取り付け。フタが固定されるので雨降ってる時に屋根になる。

防犯用の鍵も取り付け。




蝶番やアームの固定は普通ネジ留めですが、極力、穴を開けたくないので強力両面テープで接着しました。

ちょっと剥がれ気味ですが一応くっついてますwまぁ、取れても箱は落ちないので良し。




こうしてみると1号さんがいかにバイク用の工夫が施されていたか身に沁みますね。


そうだね、容量に目をつむれば完璧な箱だったなぁ。


MissionFinal 実際に積んでみる

底板の上に箱をはめ込み、ラチェットベルトを締めて、ホムセン箱2号、完成!




・・・何だか前より似合ってませんか?


1号より縦に長いせいかもなぁ。

ラチェットベルトはU字ボルトに固定してるから、余ったリブの金具でさらに横に積めるよ!



もちろんサイドバッグも!




さすが私です。大型アドベンチャーバイクに勝るとも劣らない威風を手に入れました。


重厚感溢れるよなあ。

何よりも自分を自分で褒めたいのは、簡単にタンデムシートも外せるところ。



よってこれを、『くぱぁ積載システム』と名付ける!


『ツーウェイ・オープン積載システム』ですね。


『くぱぁ積載システム』・・・。


『ツーウェイ・オープン積載システム』ですね。


・・・ハイ。


よろしい。

これで、1号さんの4つの問題点を全てクリアできましたね。

あとは細かい改造として、箱をUVカット塗装したり、箱の中にLEDライト付けたり、防水防塵対策、防犯対策、それにステッカー貼ったりしようかな~。

次のツーリングが楽しみになってきました( ̄ω ̄)






スポンサーサイト

SOTO製キャンプテーブル買いました



初めてキャンプテーブル買いました!


買ったのは、たった一つの、小さな小さな、アルミの机です。


その言い方だと、すごい可哀想な人に見えるからやめてくれ!


購入したのは、SOTO(会社名は新富士バーナー)のフィールドホッパー ST-630。ワンアクション・ソロ用テーブルです。




これ以上ないぐらい、シンプルですw A4サイズ、まさにぼっちのための道具。


しかし驚くべきはその収納性。





この薄さ!!!

長さはそのままだけど、こんなに薄いのでタンクバッグや、ホムセン箱の隙間に入れる事ができます。



本当に薄いですね。オーナーの給料みたいです。


いらん例えはよしてくれ。


さらに、組立と撤収は最速です。動画見たほうがわかりやすいのでどうぞ。






動画のように上に開くのではなく、最初からスタンドを下に向けて開くと、「バンッ」と一瞬で開きますよ。

1秒展開、早い!!!



本当に早いですね。オーナーの預金の消費みたいです。


だから、やめなさいって!



このテーブル、モンベルの店に行った時に見かけてつい買ってしまいましたw

せっかくなので、試しにクッカーとか載せてみた。



けっこう載るね。

今までのキャンプでは、食器とかは地面に置けば良いやと考えていたけど、やっぱりテーブルあると便利だし楽しくなりそう。

あれだね、食卓でお気に入りのマグカップを使うときの心境に似てる。

食器を自分の好きなアイテムで固めると、食事自体が楽しいし愛着が湧くというかそんな感じ。



そうやって、どんどん積むものが増えていっている気がしますけど。


ぐぬぬ・・・確かにそうなんだよなぁ。

まぁ、これはタンクバッグに入るし濡れても良いものだから良いけど。



オフ会でも使ってた積載装備、タンクバッグ+サイドバッグ+ホムセン箱だと、ちょっと着替えが入らないんだよね。

やっぱり、北海道行った時みたいに、ホムセン箱の上か前にドライバッグ積むしかないかなあ。

サイドバッグに微妙にスペースは空いてるんだけど、でも防水を考えるとなぁ~。


また、積載について悩む時期が来たようですね。


永遠に解けない問題みたいだなぁ。

でも今はとにかく、このテーブルをキャンプで実際に使いたい!はやくキャンプ行きたいな~。

イワタニのジュニアバーナーに買い替えたのでプリムスと比較



今回は新しく購入したキャンプギアの紹介をしようかと。

雨降っててやれることもないしね・・・。

前回、記事で書きましたが、プリムスのイータエクスプレスのバーナーが壊れました!

なので、色々考えた結果、イワタニ産業のジュニアバーナーを購入しました!




なぜジュニアに買い替えたのか、ジュニアとイータを比較して説明しようと思いまーす。

どうでも良いけど、プリムスは岩谷産業と合併したグループ会社だからややこしいなw




これが、イワタニ製カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3。アマゾンで3500円。





でこれが壊れた、プリムス製イータエクスプレス。(クッカー無し)。現行は最新型に変わってるけど。

イータエクスプレスはクッカー等とセットなので比較しにくいけど、プリムスの単体バーナーでも7000円ぐらいします。




右上にフィギュア写ってますがこれは・・・。


ルリルリだ!キリッ


・・・・・。 (ここは「馬鹿ばっか」と言うところでしょうがオーナー喜ぶので言いません)




ちなみに、イータエクスプレスの、イータの意味はETA(estimated arrival date)ではないかと思われます。

貿易業の用語で「到着予定時刻」という意味です。つまり、「到着予定時刻」「早い」ということですね。

これは、イータエクスプレスのクッカーの底が特殊形状で、すばやく加熱できることから名付けたのでしょう。


説明ありがとう、スミレさん。

上の画像だけだとよくわからないと思うので、バーナーを畳んだ状態を載せます。

左がジュニア、右がイータ。大きさわかりやすいように腕時計。





イータバーナーは小さくて薄い!


構造の無駄を徹底的に削った感じがしますね。


小さくて薄いので、クッカーの中にバーナー、ガス缶、風防が収納できるようになってます。

どんなクッカーでも、ジュニアはバーナーしか収納できない・・・。



コンパクト性ではイータの完全勝利でした。

ならば、他のステータスではどうなのか。バーナーに装填するガス缶にも違いがあります。




ジュニアは家庭用ガスコンロでも使っててコンビニでも売ってる、通称「CB缶」(左

イータはアウトドア店舗にしか置いてない、通称「OD缶」(右

ようは、カセットボンベ缶と、アウトドア缶。



CB缶は120グラムで、398円ぐらい。OD缶は110グラムで450円ぐらい。

ですが、CB缶「120グラム2本セット」はアマゾンで440円。

つまり、現状、アマゾンで購入した場合、グラム計算で、CB缶のほうが2倍お買い得!

しかも、「250グラム3本セット」だと、468円なので、6倍お買い得!



なんだか通販番組みたいになってきましたね。


今の俺、すごく庶民ぽい~。


とにかく、ジュニアバーナーは本体価格も燃費も安く、入手しやすい!


つまり、比較したうえで結ろ、


積載性ならプリムス、安さ使いやすさならイワタニということです。


先に言わないでくれると良かったな・・・。


まぁ、もっと細かく比較すると、CB缶は極低温下では燃焼性能が落ちるけど、登山家じゃない俺は関係無いかな。

以上、バーナーの比較でした~。

キャリアに固定するホムセン箱マウントを自作しました



おかげさまで、『境界線上のCBR250R』も6万ヒットを越えました。幾度もの御訪問ありがとうございますー。

新型出たし、仲間が増えるのは嬉しいですね~。



本題に入りますか。

ついに、ホムセン箱をキャリアに固定する『ホムセン箱自作マウント』が完成しました!

さっそく、完成した箱マウントを装着したアヴェンさんをご覧下さい。





箱を塗装したおかげで違和感が無く、渋くまとまりましたね。

実は3千円以下の安い箱を積んでいるとは、普通の人なら気づかないでしょう。

これを完成させるのにすごい時間かかったから、似合ってて嬉しいな~。


さぁ、作り方の説明に移りますよ。


では音楽をどうぞ。




うわっすごい手作り感が出てきた。でも3分じゃ作れない!



まず、使う材料から説明いたしますわ奥様!

・CBR250R 1台
・ハリケーン製キャリア 1個
・アイリスオーヤマ製「RV BOX460 カギ付」1個
・家にあった木の板 1枚
・6M 30mmボルト 2個
・6M 50mmボルト 4個
・6M 60mmボルト 2個
・6Mワッシャー、スプリングワッシャー、ナット 必要数
・6Mワッシャー大 2個
・300mmアングル 4個 ※アングルとは棚を作る為の穴の開いた鉄板
・粘着ゴムシート 1枚(カット
・粘着ゴムスポンジ 1枚(カット

以上になりますの。


ちなみに、箱は以前、塗装で味付けしたものを使いますのよん。→※箱塗装の記事はこちら

さあ!お料理を始めますわよ奥様ぁあ!


気持ち悪いからやめて下さい。

このクッキングネタ、さっきキミが振ったネタじゃないか!?



じゃあ普通に説明するけど・・・まずは作り始める前の考察を書いておきます。


箱をDIYして積むことについて、ネットで色々と調べた結果、


1.箱にパーツを取り付け、荷締めベルトで固定
2.箱に穴を開けてボルトで固定
3.以上の加工に加えてキャリアごと自作して固定
4.特殊器具でキャリアにひっかかるように固定


以上の方法が見つかりました。自分は以下の3つを重要視したいので、



・キャリアの耐荷重は3kgだからなるべくタンデムシートに荷重を分散させないといけない
 (テントやシュラフ、マットだけで3kg越える)
・外すのが面倒でもOK。確実な固定。
・防水性を損なわない



最終的には「箱に穴を開けてボルトで固定」する方法に決めました。



やっと作り方の説明です。実際の作成順だと分かりづらいので、完成したものをバラして説明していきます。



最初に、キャリアを外して、『箱とキャリアの接触面積向上用の木板』に印を付けます。

穴の位置は、アングル板や、箱底の耐久度、キャリアの固定など色々と考えてから開けないと失敗しますよ!






印を付けたら電動ドリルで板に穴を開けます。穴がやたら多いのは穴の位置を一度失敗したからですw

この箱は足が付いてますが、足を切り取らずに丁度良いサイズの板を挟むと固定が楽になりますよ。

板は見た目を良くするために後日、黒く塗装しました。




(なんだか木炭みたいです)

箱にも印を付けて天元突破し、防水用にゴムシートを貼ります。






アングルを置いて、上からワッシャーを噛ませたボルトを挿入します。

アングルは、ボルトによる箱底への負荷を分散させる目的です。






ボルトは箱と板を貫通し、飛び出るはずです。板が箱から離れないように4本だけナットで留めてあります。

ボルトの長さが違うのは箱を装着した際に、シート等との接触部が異なるからです。

使うボルトの太さよりも若干穴が大きいほうが楽です。実際、6Mボルトに対し、ドリルは6.5で開けました。






これで箱側の加工は完了です。

次に、箱をキャリアに乗っけますが、キャリアが傷ついて塗装が剥がれるとサビる原因になるので、ゴムシートを貼っておきます。

先ほどの箱側のボルトが、写真の赤い丸の箇所に刺さることで、箱が前後左右にズレなくなり、二次元的な固定は達成します。






箱を乗っけたら、ボルトに下から2本のアングルと2個の大ワッシャーを通してキャリアを挟み込み、ナット類で固定して、三次元固定の出来上がり!




上の写真だとわかりづらいので、アングルだけ個別に撮ってみました。アングルにもゴムスポンジシート貼ってあります。

銀色の細いアングルは、黒いアングルを繋いでるだけなので無くても良いです。





キャリアが無いけど、裏側から見るとこういう感じに。

大ワッシャーはアングルの代わりです。どれだけ固定するかは個人の考えによるところが大きいので、このボルト数にこだわる必要もありません。





これで固定は完了ですが、このままだとキャリアに全荷重がかかるので危険な気がするので、タンデムシートに荷重を分散させるものを取り付けます。すでに上の写真に写ってるけどw



荷締めベルトをわずかな隙間から通して・・・




丁度良い太さに丸めたゴムシートをズブっと挿入!




これで、タンデムシートにも荷重がかかるようになりました。




サイドバッグを取り付けるとタンデムシート上にベルトが渡るので、厚みの変更にも対応できるように、太さが変えれる荷締めに緩衝剤を通す方法にしました。

丸めたゴムシートではなくタオルでも良いので、太さを変える使い勝手は良いはずです。

まぁ、改良の余地ありですね~。



以上のように説明してきて、一体何を貫いて固定してるかわかりにくいと思うので図にしてみました。

無題


ワッシャーとスプリングワッシャーの順番は要注意ですね。

細かい話すると終わらなくなるから各自でググって下さいねーw



完成した箱を装着して軽く走ってみたけど、ゴムシートを貼ったおかげで鉄同士がぶつかりあうカチカチ音もせず、ズレることもなく、停車中の乗車姿勢でも邪魔にならず、大満足でした!

問題は荷重分散が出来てるかと、防水性です。



この2つは、今月の東北ツーリングで本当に使える箱かどうかがはっきりすると思います。キャンプが楽になると良いなあ。

最後にまとめて写真を載せて、さよならです。







オーナーが仰ったように、次回の記事は東北ツーリングの回想記になると思われます。

久しぶりの長距離ツーリング、オーナーはどうなるでしょうか。

ホムセン箱を塗装したらGIVIみたいになった



しばらく前ですが、ホムセン箱を塗装しました~。

というのも、これからはシートドライバッグではなく、ホムセン箱で長距離ツーリングしようかと考えてまして。


昔は、「箱なんて格好悪いから絶対付けない!」とドヤ顔で豪語していたと私の記憶にありますが?

うっ・・・。

いいかい? 人間は・・・変われるんだよ!*・ ゚+.(`・ω・´)゚+.゚キラキラ


美化してますが、ようはコロッと考えが変わったんですね。

ハイ。ネットで箱積んだバイクを色々見てたら、けっこう似合うかもしれないと思ってしまった。


で、似合うためには箱は黒くないといけないと結論づき、箱を探したら意外と黒色が無い。

なので気に入った箱を黒く塗装することに。

塗装膜を作ることで紫外線対策にもなって、素材の劣化を抑制できるし。たぶん。

ただ、黒くすることで熱を吸収しやすくなって、夏は箱が熱々になるのが問題だけど大丈夫。たぶん。


ともあれ、気に入って購入したのは大手アイリスオーヤマの「密閉RV BOX カギ付 460」。





施錠可能、荷締めベルト用の穴、雨・塵対策のパッキンなど、バイク用に設計された箱ですね。

安心のブランドで、使用者も多いようです。

容量が小さいのが難点だけどね。



買ったらさっそく塗装に移りました。


まずは、耐水紙ヤスリで表面を荒らす。目は800で良いのかもわからないけど、とにかく面倒ですw




次にペイントうすめ液を染みこませた布で表面を拭う。

ペイント薄め液は合成樹脂塗料用シンナーのことで、油性塗料の粘度が高く塗りにくいときの希釈や、塗装面の汚れの拭き取りに。

塗りたくない箇所は新聞紙で覆ってあります。




その間に、使うスプレー缶を ぬ る ま 湯 で温めておきます。

冬は低温で噴射ガスの圧力が弱くなるので、スプレーの霧を細かく綺麗にするためです。

熱湯やストーブで熱すると爆発するのでダメ!絶対!





そして塗装開始!ホコリが飛んだりしないように周りに水を撒いておきます。

まずは下地を作る為にプライマーを吹きます。

温めたスプレー缶をよく振って、塗料と溶剤を撹拌玉で混ぜ混ぜカラカラしてから吹き付けます。

ガンダムやアーマード・コアのプラモ作ってた頃が懐かしいですw

吹き始めと吹き終わりは塗装面に付けずに、距離は20cmくらいで、薄く素早くが基本です。

でも今回はプラモデルや高級部品ではないただの箱なので、気軽に^^




プライマーで下地塗ったら、しばらく乾燥させます。




ここから本番の色塗り。

使ったのはアサヒペンの屋外可アクリル樹脂塗料「クリエイティブカラー」ツヤ消し黒。

よく缶を振ってから1回目。

塗料のなじみを良くしつつタレを防ぐために、薄く吹きます。・・・でも吹きすぎちゃったテヘペロ



5分ぐらい乾燥させて2回目も薄く。



少し長めに乾燥させてから、3回目はやや厚く。



あとは乾くのを待つだけ!

蓋はわかりやすいけど、容器はもともと灰色だから重ね塗りしてるのがわかりづらいなぁ。

ただの箱だし出来上がりやツヤはどうでも良いので、塗装を柔らかくかつ頑丈にするように意識しましたが、ネットで調べた方法なのでこれで本当に正しいのかはわかりませんw


最後の最後でいい加減なこと言わないで下さい。

しかし自家塗装したことでその難しさが実感できたことでしょう。私を紫色にしてくれたプロの方に改めて感謝です。

ほんと綺麗だもんなぁ。腕で仕上がりが左右されるって、経験が要る仕事だよね。




そして完成、良い感じ!1日乾かしました。

実は、地面に置いて塗ったせいで塗り残しがあって後日塗り直しましたw





それにしても色がトップケース大手の『GIVI』みたいで、こんなラインナップがあるかと錯覚しそうw




トップケースはぬるっとした丸っこさがバイクに似合わないし高価なので、買う気は無いけど。


箱が3千円なのに対し、同じ容量でもGIVIは1万円以上するので、コストパフォーマンスは歴然の差だと判断できます。

あとはこの箱をどうやって私に積むか、ですね。

それが課題だね。荷締めベルトは持ってるけれど、もっとしっかり固定できるように、ボルト類とプレートでマウントを自作できないか考えるつもり。

あとステッカーも貼る予定です。


というか、いい加減ツーリングに行きたいorz