WandeR:Automata [クロスカブ日本一周準備中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

【キャンプ】取説読まずにテント設営してみた【ギア】


久しぶりの更新だー!
先日、4泊5日の九州ツーに備えて、近場へキャンプ練習に行ってきました。
と言っても仕事があるのでデイキャンプだったんだけど(汗
周囲の『こんな寒いのに何してるの?』な視線が痛かったですね。
九州ツーを想定した積載で行こうとしてましたが、ストーブ等がまだ無いのでお試しって感じでした。



おなじみサイドバッグに加えて、前から使ってる小型シートバッグ、その後ろにテント一式、その上に銀マット。
右サイドがシュラフで満杯。左サイドにレインギア、着替え、タオル等の取り出しやすいもの、シートバッグにストーブ、クッカー等の野営時しか使わないものを収納。
LEDライト等のすぐ使いたいものはウエストバッグに入れてましたね。
ただ、まだ全てのアイテムが揃ってないので、また積載テストしないとです。
まぁ練習だし。今回は愛知県の桃太郎公園キャンプ場(平日無料)を利用したよ。
宿泊者のみバイク乗り入れOKで、簡単な説明のあと、許可証替わりの『桃太郎旗』をもらってテント設営に移る!


・・・誰もいないじゃないですか。
冬だからねハハハハーぁああ寒い寒い!!!
サイトは芝生で近くには木曽川が流れてますが、風を遮るものが無いので本当に寒かった。
許可はもらったので、アヴェンさんを駐車場に停めて、説明書も読んでないけど即テント設営。



取説読んでない感がはっきりわかりますね・・・。
そもそも貼り綱が無いという体たらく。
ホントすんません(汗 帰ってから取説読みました・・・
まだこれで泊まってないので正確なインプレはできないけど、個人的には身長170cmで十分寝れるし、荷物置くスペースや前室の広さもこれで何とかなるんじゃないかと。
最悪、使わない物は盗難対策済みサイドバッグに収納しておけばいいですしね。
設営に関しても、考え方を変えれば、『超初心者でも設営できる』ということですし。
おおぅ、見事なフォロー!
それにまぁまぁ狭いほうが何か落ち着くんだ(*´ω`)

それはオーナーがただのインドアなオタクだからです。
まぁ、テント張るとどんな感じかわかったし、あまりに寒いのでさっさと帰ることに。
それと、キャンプ場の横にある桃太郎神社をちょっと見てきたんだけど。



イヤャァアアァアっ!!!
何てもの見せるんですかこの馬鹿ぁー!
ちゃ、ちゃうんです!これが神社にあったんです!!!
と言うか、桃太郎って生まれた時すでに髪の毛フッサフサな年齢なのか!?
色んな意味でドン引きです・・・
と、ともあれ、この日はシュラフも使わず泊まらずに帰ってきましたが、短時間でも色々と勉強になったので練習はしておくべきだと実感。
今度、実家の庭でテントで泊まる練習してみようと思いますー。
ちなみにキャンプ場に行った翌日、寒さで風邪ひいて会社休みましたw


【自分用に、テントの心得をメモしておきます】

水はけが良く、窪地ではない平らな場所を選んで整地しておく。
開口部は風下にして風が入らないように、かつ防犯のためにバイクが見やすい向きに。
トイレ、水場、ファミキャンサイトから離れると静かだし臭いもしない。
松・クヌギ・コナラ等の下は雨でヤニ成分が滴り、テントがベタベタになるので避ける。
大木の下は雷が落ちるので避ける。
蛍光灯や水銀灯などの色波長の短い照明は虫が寄ってくる。
崖の傍は落石、川や水場の近くは増水の危険。
ペグは引っ張られる方向に対して45~60度に打つ。
ポールは片方を一気に伸縮させずに対角線上に伸ばしたり縮める。
グランドシート面積はテント面積より少し小さくする。
雨対策にはテント周囲を囲むように溝を掘り、傾斜に合わせて排水できるようにする(キャンプ場によっては穴掘り禁止)
もやい結び、ねじり結び、てこ結び、ふた結びを覚える。
収納時は乾燥させてからちゃんと畳む。
スポンサーサイト
[ 2013/02/27 22:42 ] ツーリング以外 道具 | TB(-) | CM(0)

【キャンプ】アルコールバーナーを自作【ギア】


以前から言っていたように、副室加圧式アルコールバーナー(ストーブ?)を自作してみたよ。
コーヒーのアルミ缶を利用しただけだから材料費と燃料費(500mlで300円くらいで売ってる)合わせてもワンコイン!
既に使用後なので良い色に焼けておりますw


上部の切り口のヤスリがけを怠ったので見た目が安っぽいですが。
オーナーは数時間の作業で、ボトル型アルミ缶、ハサミ、ピンバイスで作ったそうです。
では、実際の燃焼を見てみましょうか。



中央の主室にマッチ投げ込んで点火した直後の図。
ピンボケしてるじゃないですか・・・
というか、気化するアルコールの上から火落とさないで下さいよ!
チャッカマン買うお金も無いのですか…。
大丈夫、大丈夫~。火が熱いのは上方だから横から火種をスローイングすれば良いし、粉塵爆発装置作ってた俺を舐めてもらってはこまry
はいはい、次の画像に移りますよ。





上の画像は、副室で沸騰した燃料が気化して、ジェット孔から噴出し、主室の火がそれに燃え移って、サイドバーナーになったはずの図。
下の画像は、しっかり本燃焼に移行した図だね、これが燃焼の完成形。
バーナーらしい見た目になりましたね!綺麗です。
燃焼音はほとんどしないので、キャンプでは静かに旅情を楽しむことができそうです。
火の出ていないジェット孔はふさがれてしまっているので、あとで少し加工しないとですね。
試しに親父から受け継いだシェラカップで湯を沸かせるか、試してみたよ。
沸騰能力がないとバーナーの意味がありませんしね。
「コーヒーやカップ麺に注げる程度のお湯を作る」のが目的でした。さて、どうなるでしょう…





沸騰したぞー!やったー!!!
薄闇の中、ただのお湯を前に小躍りする男…
サバンナとか大陸ならまだしも、異様な光景です。
ただの空き缶とは言え、苦労して作ったからなぁ。感動するよ。
普段は台所で簡単にお湯を沸かしているけど、いざ自作してお湯を作ると感慨深いものがあるね。
もう一度点火して動画も撮ってみたんだけど、容器乾く前だったから燃焼が不十分になった・・・



ほんとにマッチ投下してますね。
というか部屋暗くなりすぎですし、グダグダです・・・
試しに撮ってみただけとは言え、やっぱりGoProモニター買わないと一発撮りは難しいのだよ!
ちなみに実際は、点火後の橙色の火 ~ サイドバーナーに引火するまでの間、にアルコールの沸騰音がしてるよ。
そこはガスと違って風情がありますね。
それにしても、他のキャンプギアにお金をかけた分、頑張りましたね。
珍しく、オーナーを褒めてあげます。
いやぁ光栄だなぁ(ノ´∀`*)エヘヘ
さぁ、次は風防を自作ですね頑張りましょう。
それにカップ麺作るにはシェラカップじゃ無理ですよ?

Σ(゚Д゚;)!!!
少ないお湯なら沸かせてもカップ麺に注ぐ量といったら300mlぐらいです。
450ml程度の器が無ければ作れませんので、マグは買うしかないですね。
親父ーっ!このシェラカップじゃ小さすぎたよ!
今月中にキャンプツー始めるつもりだけど、今のままじゃあコーヒーは飲めても、カップ麺が…。
嗚呼、カップ麺…。
ただのカップ麺にここまで執着して苦労するオーナーは、見てて面白いです。
あたふたっぷりが憐れですから。
制作時のコストパフォーマンスはどんなバーナーよりも安いけれど、長い目で見た場合の燃料コストや使い勝手、燃焼効率を考えるとメーカーのガスストーブのが良さそうな気がしてくるんだよなぁ。
それでもこのアルコールバーナーの作り方を知りたいって方は、コメントしてくれれば答えますので~。
[ 2013/02/08 20:28 ] ツーリング以外 道具 | TB(-) | CM(2)

【キャンプ】テントや銀マット等の積載テスト【CBR250R】


モンベルの「ハイドロプロ スタッフバッグ15l」と「ゴアテックススタッフバッグ15l」買ってきたよ。
シュラフは絶対に濡らしたくないので、超防水のゴアテックス製に収納。
テントは防水性のあるハイドロプロ製に、ビニール袋で二重三重にくるんで収納することにしたよ。

結局買ったのですね。
まぁ、シュラフ濡れたら寝れないので、仕方ない出費なのでしょう。
モンベル店には初めて訪れたようですが、どうでしたか?
たくさんのギアが置いてあって興味深かった!カラフルで綺麗だしね。
スタッフバッグとは別に、直火にかけれるマグカップが欲しくて聞いてみたんだが、さすがに無いみたいだね。
ひとまず、仕事明けの死んでる目で女性店員に近づくのはやめた方が良いと思います。
仕方ないじゃないかあ!
……ようは湯を沸かせる程度のカップが欲しいんだけど、どうやら親父が残したシェラカップが最適なんだと。
それはまた不思議な偶然ですね…。
なら、カップは購入せずにスタッフバッグだけ買ってきたわけですね。
キャンプするのに数は必要無いし、親父のを使っていくよ。
で、スタッフバッグ購入ついでに、実際に積載したらどんな風になるか試したみた。
先日ホームセンターで銀マットも買っておいたし。でも…



これは…
銀マットで車に時速60kmのラリアット食らわせたいんですね?

やらないぞ!後で短くカットしたよ!
そうですか。オーナーは怪我しても良いですけど、私は嫌なので良かったです。
サイドバッグはデグナーのNB36。灰緑色スタッフバッグにテントを入れて、銀ラリアットと一緒にシートに積んで、ゴムひもで固定という形ですね。
サイドバッグの片方は、ゴアテックスバッグに入れたシュラフで一杯になってる。
サイドバッグのもう片方には、着替えとか小物を入れる感じかなー。あ、ブルーシート積むの忘れてた…
ドジですねー。
しかし、ゴムひもだけで大丈夫なんでしょうか?

家にあるベルトとかひもで縛ればたぶんOK。
ということは、あとはストーブを準備するだけですね。
必需品ではないので、無くても良いと思いますが。
そうだね、でも暖かいもの飲めるのは、冷え症としては素晴らしいと思うんだよ。
家族や会社から「冷え症なのに何でわざわざ」と言われまくってでも、遠くへ行きたいんですね…。
自ら苦境へ挑むヒトという生き物は、まったく理解に苦しむ存在です。


[ 2013/02/05 20:28 ] ツーリング以外 道具 | TB(-) | CM(0)

【キャンプ】モンベルのヘッドライト、シュラフ、シュラフシーツ、テント購入【ギア】


注文していたキャンプギアが届いたよー。
全てモンベルで、ヘッドライト、シュラフ、シュラフシーツ、テントの4点。




グランドシートは安価なブルーシートで代用すると決めたのですね。
今回のギアはアウトレットを利用するという手もあったと思いますけど。

一回買えば長く使えるものだし、安すぎるの買って後悔したくないからなあ。
一応、会社のおっさん達にテントとか持ってたら譲ってくれないか聞いてみたんだけど無いみたいだ。

アウトドアが流行ったのはバイク、ボーリング、スキーのように一昔前のことらしいですしね。
ともあれ、3月の九州ツーに向けて、練習しておくべきではないですか?

2月中に近場で実地試用したいけど、連休取れないから仕事明けに走って休日に帰ってくる感じかな。
タダだしどっかの公園で試してみようとか思ってみたり、ククク

おまわりさん、こっちです。
よし公園は辞めよう!

…話変えるけど、キャンプツーにはサイドバッグ使うから、デグナーNB36にテントとシュラフが入るか試してみた。




…あの、一応入ってますけど、他にレインスーツや着替えが入らなくないですか?
そうなんだよねー…重量的にバッグへの負担大きいし。
将来的にストーブやクッカーを使うことも考えると、テントやシュラフはタンデムシート上にくくり付けるのが最適なんだろうなあ。
積載用のゴムひもは持ってましたよね。
となると、シュラフは化繊とは言え、防水対策が必要ですね。
ポールバッグが45cmなので、10Lクラスの防水スタッフバッグが良さそうです。こういうのです。




何でただの袋に1000円以上も払わないといかんのだー!
まだこれは安い方で、縫製だけでなくゴアテックス素材を用いたものはさらに高価だそうですよ。
『ブランド』としての金額もあるでしょうけれど。
ヒトの持つ“しがらみ”というものですね。
安く済まそうと思ってググってみたら、ギアを自作してる人が結構いたよ。
縫製技術が無いからスタッフバッグは無理でも、アルコールストーブぐらいなら作れそう。
高校の頃、科学部で粉塵爆発装置作ってた頃が懐かしい。
私もエンジン爆発させてますし、実は危ない系ですよねオーナー。
昔と言えば、オーナーのお父様は日帰りキャンプしてたんじゃなかったですか?
そうなんだよー。
押し入れ探ったら親父が残した、夏用シュラフと自動膨張式マット、ステンレスクッカーぽいの出てきてね。
アルパインデザインの30年以上前のモデルだけど、マットはまだ使えそうだった。



何だかロマンチックですね、ツールを受け継ぐというのは。
もっと探したらまだ色々と発掘されるかもしれない。
こ、これがアニメなら、親父が残したアイテムで異世界への門をくぐってハーレムしそうなフラグじゃないか!
そうですか?
自賠責及び任意保険の人身保障は、異世界では通じないですよ?

Σ(゚Д゚!!!
やっぱり日本でキャンプするのが良いよ…!

[ 2013/02/01 20:43 ] ツーリング以外 道具 | TB(-) | CM(0)