ジャパリパークの旅 [クロスカブで日本一周中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

とある咎人とアクセサリさんの日常 No.001



フリーダムウォーズ、ついに発売しました~!

フリウォの記事ではこのアイコンでいきます、アゥルです。


私は、AVEN(アヴェン)と申します。

バイク記事と同じように、ゲーム内でもオーナーのパートナー、「アクセサリ(生体アンドロイド)」として行動しています。

フリーダムウォーズがどんなゲームか知らない方には公式サイトを見てもらうとして、>>>公式サイト
記事を読んでるのは同じフリウォのプレイヤーという前提で話を先に進めていきます。

バイク記事を見に来た方も、アクションゲーム好きならソフト買って下さいな。




さて、体験版で遊んでた頃は「プレイ日記書きます」みたいなこと、言ってましたが、実はすでに第六コードになってますw

つまり、ストーリーがほどほどに進んでます(汗

ここまで遊ぶ内にストーリーとか武器改造とかミッションとか、紆余曲折、ネタが色々あったんですが、プレイ日記を書こうなんて悠長な気にもならず、遊びまくってましたw


さすがの体たらくですね。

怠惰は罪です、懲役を加算したいくらいです。


アヴェンさんをカスタムしたくて一気に進めたんだから、赦してください!

そもそも、プレイ日記って、ネタバレになるようなこと書くしかなくなるから、記事を書くなら発売から時間経ってからのが良い、とも思うしね。


というわけで今回は、「ストーリーには触れないプレイ日記」、ということで、装備や戦い方について書こうかと。

ひとまずマイカードを貼っておきます。




戦い方ですか。体験版では火器だけで戦ってましたね。


製品版でもそれは変わらず、カッツェとAAWでずっと戦ってるよ~。

武器を変えるのが得意じゃないからほぼ固定。

本当はAAWじゃなくてSR(スナライ)で戦おうと思ってたけど、SRのメリットであるヘッドショットと射程がアブダクターへの有効打になり得ないし、リロードが遅いしで、諦めた。

あと、敵NPCのエイムに勝てないので、悔しくなるorz




今のところ、基本はカッツェで隙があれば貼り付いてゼロ距離で撃ち続け、大きな隙にはAAWを撃ちこむ、という戦い方。

瞬間火力では分隊支援連射系に適わないから、貼り付いて確実に当て続けようと頑張ってます。

荊質は防壁で、ブースターもディフェンス系、とにかく守備重視スタンス。


防御力重視の支援射撃役ですか。

オーナーにはアドホックできる友人が居られないので意味無いですけれど。


イ、インフラ実装するまでの我慢・・・!

あー、ちなみに、治癒荊も支援に良さげなので、戦術は今後も変わりそうですけどね。


一方、私の武装はと言うと、ファランクス(レーザー砲)です。

弾属性だけだと偏りすぎということで、斬属性。

長射程で、敵性スナイパーにも即時対応できるように、というオーナーの配慮です。


あと、かっこいいから!


合理的なアクセサリでは有り得ない解答ですね。


せっかく説明してもらったので、簡単なミッションで共闘の風景を撮ってきた。






・・・改めて見ると、セクシーな生体アンドロイドがレーザー砲撃ってるって、すごい光景だなァ。

自分で着せておいて何だけどテヘペロ


( ・・・この人、撃ってもいいでしょうか )

次は、戦闘力とは関係ない服装について。戦術同様に服装も今後変わっていくとは思いますけどね。


ハンドルネームがアゥル(OWL)なのでフクロウっぽい髪色で、夜でも見えそうなオレンジレンズのアイウェア。

アヴェンさんはバイクと同じ紫色主体で、ジト目。

2人の服装のコンセプトは、「上着を脱いだラフな特殊部隊員」





やっぱり私、肌の露出が多い気がするのですが、プロパくんに通報していいですか。


フハハハ!肌の露出はPT法で定められていないのだよアヴェンさん!よって罪にはならなーい!


( 虚偽報告して刑期加算できるか、無性に試してみたい・・・ )


次の記事は、もうちょっと細かい内容について書きたいなぁ。世界観とか、難しかったミッションとか。

やっぱりネタバレしないプレイ日記って難しいんだなァ。


普通のプレイ日記ならその日やったことを書けばいいですものね。

少し、方向性について考えるとよろしいかと。


そうだね、考えておこう。

次回の記事は一転して、バイク塗装カスタム完成の記事になるかと思います、よろしくです。レッツ貢献!


では、次回も貢献に勤しみましょう。

私が監視するオーナーの懲役は、951,922

スポンサーサイト

【フリウォ】 吉澤Pと共闘してきた&第0次都市国家対戦休戦へ



15日、名古屋の栄にあるソニーストアでフリウォの体験会が開かれたので、仕事明けに参加してきました。

その内容を書く前に、せっかくなので、フリウォ記事では自分たちのアイコンを咎人とアクセサリのそれにしようと思います。

バイクと関係無い記事ですし、わかりやすくなりますしね。

体験版にスクリーンショット機能が無いので、質は荒いですけれど。


←はい、アイコン変えてみたよ。

アクセサリのアヴェンさんは大好きな銀髪。咎人の自分は、ハンドルネームでもあるフクロウの、羽毛のような髪色を表現してみました。



それでは、体験会の話から書きまーす。

ソニーストアの一角が体験会エリアになってました、力入ってるなあ。




デモがずっと流れてましたよ。



参加者は自分が1番乗りで、初めは俺含めて3人だけ。男2人の女1人。あとから女性二人組もやってきました。

女の子に話を聞くと、起用された声優が好みらしかった。意外と女性プレイヤーが多いのかもしれませんねえ。


男性キャラが多いですからね。渋い方からクールな方までたくさん揃い踏みですし。

俺にとってのヒロイン、アクセサリは合成音声だからあんまり関係無いなw



待つ間も無く試遊アペンドに案内され、吉澤Pと対面。




操作はとっくに慣れてるんだけど、体験会なのでPが丁寧に説明しながら、共闘しました。

しょうがないことだけど、わかってることを説明されるのはちょっとじれったかったw

体験版ではできないマルチプレイは色々と参考になったので、いくつか書いておきます。


■その1.戦闘での役割分担が自然に確立される。

共闘ゲーにとって役割分担は当たり前ですが、フリウォには戦闘中にやることが多いので、他の人と違う役割を取捨選択して戦うことができます。

 ・ミサイルポッドや腕部などの部位破壊
 ・ケージの破壊
 ・ドラッグダウン(引き倒し)
 ・雑魚の掃討
 ・弾の補充

などなどやることが多いです。

例えば、Aさんがミサイルポッドを破壊しようとしていたら、Bさんはダウンを狙ってそれを援護したり、CさんはAさんが狙ってるポッドを一緒に攻撃したり、DさんはBさんがダウンさせてくれるのを見越して槍投げのチャージに入るとか溶断を狙うとかetc・・・

以上のような連携が可能なわけです。「あの人があれやってるなら俺はこうしよう」というわけ。

NPCではできない高度な連携に期待です!


ゴッドイーターでも役割は生まれましたが、フリウォの方が選択肢が広いでしょうね。

空中戦が可能ですし、市民救出後はさらにやることが増えますし。

■その2.体験版との違い

・ 【ドラッグダウン】表記が【引き倒し】表記になってたり。
・ アクセサリが床に埋まるなどのバグがある、らしい。
・ 高速戦闘で共闘することでラグが生まれる。

とある参加者が「走りながら荊射出とかしたい」とPに質問したところ、一度止まることで処理落ちを防ぐようなことを言ってたので、色々考えているようでした。



共闘によるラグは製品版をプレイしてみないと何とも言えませんね。

それと、バグは体験版でも確認できましたし、改善を待つしかありません。

■その3.吉澤Pの熱意

「レッツ貢献!」をとにかく流行らせたいらしいw

それに都市国家対戦の駆け引きの面白さや、キャラメイクのカスタマイズの可能性を熱く語ってくれました。

面白いデカールをまだ考えているらしいし、操作性についても色々と考えてるらしかった。


ニコ生の電人ゲッチャでもテンション高かったですけど、実物も熱かったですね。暑苦しいです。

(シーッ)

Pなんだか広報なんだかわからない人だったなぁw

でもこんな感じでしっかり話きいてくれました。(写ってるの俺ではないですが)



結局、仕事明けはやることもないので、また整理券貰って、もう1回遊びましたw


あと、Pのサインとステッカーも貰いましたよ~。




ステッカーは普通のものなので、バイクの私に貼っても雨で駄目になるでしょうね。

オーナーが自作するステッカーに期待です。

発売予定の設定資料集が手に入れば、バイクに似合うステッカー作れそうなんだけどね。


以上で体験会の感想は終了。


ついでに、体験会当日は、第0次都市国家対戦の「貢献促進運動」期間の終了でもあったので、ちょっと書いておきます。


我が愛知PTは前日まで5位ぐらいだったんだけど、当日3位まで登りつめました!

一気に1万GDPP納付して煽ってみたりしました。





累計で4万GDPPは貢献してました。



ところが、対戦終了予定の15日深夜。


プロパくんの「終了は16日の11時」というアクティビテイを知り、全国のPTは大混乱。

ゲームだけでなくリアルでまで理不尽なPT法に翻弄されるのか!と慌て騒ぐ咎人たちw

俺のvitaには数日前にはアクティビティ来てて「16日11時終了」とあったけど見てなかった。そもそも公式サイトにも載ってないことでした。



結局、誤報だったことが深夜1時頃にあっさり発表され、翌11時だと思って納付を溜めていた咎人は発狂・・・、

発売前から壮大なネタが生まれたのでしたwあれはもう、ふて寝したくなるレベル・・・


15日深夜に、『PT法937812条第5項 平時における横臥権利』、を侵す咎人が大量に発生しました。

怠慢は罪です。


理不尽ー!
私が監視するオーナーの懲役は、982,116

フリーダムウォーズ体験版 「βテスト事変」 貢献始めました。



仕事明けてようやく落として遊んだわけですが、予想通りに面白い!

製品版に引き継げないので遊んでもあまり利益は無いけど、戦闘を練習したくなります。

もう体験版で入手できる武器は全て集めて、愛知PTにしっかり貢献してます。

ゴッドイーターでは不可能だった、完全射撃戦を実現できるのが嬉しい!

通常戦闘はバーバラでアブダクター武装を削り、隙を見てAAM-M2を撃ち込む戦闘スタイル。

アクセサリのA.V.E.N.さんにはヴォルフを持たせて、ひたすら撃ちまくってもらってますw

以前言っていたように、やはりアクセサリに私の名前を付けたのですね。

ツーリングだけでなく、ゲーム内でもオーナーの面倒を見ることになりました。残念ながら。

当のアクセサリさんは何でも禁止するわ、ずっと監視してくるわで、世界観をしっかり再現してるね。

何よりも、火器持ったメカ子と共闘できる世界ってのが個人的にツボすぎて幸せw


チュートリアルでは「音声であなたをサポートします」ってわざわざ説明するから、スタッフ陣がこの世界設定を大切にしてるってのがよくわかる。

合成音声とはいえ、主人公の名前をアクセサリもプロパくんも喋ってくれるから、世界観に感情移入しやすいし。

市民の女の子を御姫様だっこで搬送するのも良いし、簡単なセリフ喋るのも気が利いてるw

これからどんな権利が解放されていくのかとか、アリエスは何者なのかとか、謎が多くてwktkする。



戦闘では、アブダクターをバラバラにしていくのが気持ちいい!

剣での戦闘はあまり興味ないけど、個人的には溶断が使える小剣が使いやすい感じでした。

でも、銃と剣どちらもカメラ操作にちょっと疑問があったので、公式サイトから要望を出しておきました。

市民搬送中にスティック離しても止まらないようにして、カメラ回して周囲確認できるようにしてほしい、とか。


あ~、あと用語辞典みたいなのも欲しいなあ。

これでもかというほど、専門用語や難しい漢字が出てきますからね。

設定資料集の発売が予定されていることからも、設定の多さが垣間見えるかと。

オーナーは国語が得意で良かったですね。

褒めてるようで実は馬鹿にしてるだろうそれ。


さて、せっかく設定が多いので、我がバイク擬人化アクセサリ「A.V.E.N.」さんがどういったアンドロイドなのか考えてみよう!

また変なこと始めましたね。

で、考えた結果。



アクセサリ 「 A.V.E.N. 」

アゥルの協働汎用監視者で、Will'Oバイクと合一するために改造された特殊アクセサリの1体。
Will'Oバイクとはウィルオー磁性流体で形成された二輪車で、専用のアクセサリが合一してバイクのインターフェースとなることで、咎人が運用可能となる特殊兵装。
PT間資源護送や遺物調査を主なボランティアとする咎人を確実な監視下に置くための一体系である。
バイクは基本的にはウィルオードライブと同じ構造だが、合一などの設計図が膨大であるため、平時ではウィルオードライブよりも大きな黒い棺桶のような形態をとっている。
当然、ウィルオードライブとウィルオーバイクの同時装着は認められていない。



ウィルオーバイク登場させませんか、シフトさん!?


結局、それが言いたかったのですね。

近未来的なバイクで、資源の枯渇した荒野をひた走ってるムービーとか、見てみたいじゃないか!

護送中にアブダクターに追われて迎撃しながら走るとかさ~。まぁ妄想だけど。

とにかく、こんな妄想やあんな妄想を掻き立ててくれる興味の尽きないゲームですよ、「フリーダムウォーズ」!

最後の1文だけで良い気がするので、今回の記事を“無駄話”に認定。

オーナーに懲役10年が加算されます。


えっ
私が監視するオーナーの懲役 995,101

フリーダムウォーズの広告にレッツ貢献!



かなり久しぶりにバイクとは関係無い記事を書くことにしました。


カテゴリはPSvitaソフト、フリーダム ウォーズ

フリーダムウォーズ 公式ポータルサイト



最近流行りの共闘アクションゲーですが、武器が剣と銃どちらも可能で、世界観設定が細かく、そして「アクセサリ」という生体アンドロイドもキャラメイクして共闘できるという、いろいろ俺得なゲームなのです。

生体メカ子と共闘だよ!生 体 メ カ 子!!!


はいはい。

なんだか、オーナーと私がそのままゲームに入っても違和感無さそうですね。


当然、アクセサリの名前は「A.V.E.N」にするよ。

でも、ふざけてたら、敵いないのに背後からキミに撃たれる気がするな・・・。



まぁ、会話はできないにせよ、このブログみたいに機械と人が協力するわけだから、親近感が湧くゲームになりそうですw

しばらく前から楽しみにしていて、雑誌とかプレイヤーズナビゲーターも買って、とにかくwktk。

全国16ヶ所店頭体験イベント開催とか、スタッフの意気込みも感じられるし!

で、ついに12日に体験版が一般配信されるということで、記事に起こしてみた次第。


色々と準備してるわけですね。

そうとも。Twitterで、フリウォを遊ぶらしいプレイヤーを少しずつフォローしてるし。

共闘ゲーと言えば、ゴッドイーター2もアペンドが出て盛り上がってるけど、何故かメインキャラではなく防衛班なので、フリーダムウォーズを優先するつもり。

できればキャラメイクは体験版から本作に引き継ぎたかったなぁ、あれ時間かけたいから。


フリーダムウォーズ公式サイトを見ると、攻撃手段が色々あるようですが、それは決めているのでしょうか?

主人公(俺)が個人携行火器と多目的火器、アクセサリ(アヴェンさん)が分隊支援火器。


全部、火器じゃないですか。

・・・じゃあアヴェンさんが多目的火器でもいいよ?


ひとまず火器から離れましょう。


え、だって、銃が好きだからッ(汗

まぁ、どこかでゲーム進行つまずくのを危惧はしてるけどねー。


一応してるんですね。

確かに状況対応力はかなり低そうですが、しかしこの自由度はフリーダムウォーズの良さかもしれませんし。

先程の公式サイトで、シールドジェネレータなる火器無効化技術を見ましたけど。


ハハハたのしみだねー(棒読



発売日は6月26日ですが、12日配信の体験版のプレイ日記も更新していく予定です。

プレイ日記なんてやったことないから、どうなるかは自分にもわかりませんw

とにかく体験版を早く遊びたいです!

記事のタイトルは、「咎人とアクセサリさんの日常」とかにでもしようかな。


ゲームは性悪説な世界観なのに、新聞の4コマ漫画みたいになりそうです。

ところで、吉澤プロデューサー様に質問が・・・、フレンドリーファイアOKでしょうか?


( 俺を撃つ気だー!)

『 擬人化バイクとオーナーの日常 』 No.001



いきなりだけど、また塗装することにした。

・・・・・。

塗装してからまだ三ヶ月も経ってないと思いますが。


さぁ知らないなァ・・・・俺、フクロウだから、鳥頭だから、脳ミソちっちゃいから。


まぁ、前から悩んではいたんだよ。塗装した今の色は暗い紫なんだけど、あまりに暗くて、夏日でも紫色に見えるのは稀という事実が判明してね・・・。

紫色よりもむしろ純正の黒いMC41に見えるんだよね・・・ようは暗い色を指定した俺のミスでした・・・

というわけで、明るい紫色に塗装してもらいます!(゚∀゚) アヒャ

オーナーが決意したことなら反対はしませんが・・・、オーナーって本当にお馬鹿さんなんですねえ。

う~ん、その言葉、じわじわくるねぇ・・・。でも他の人からもそう言われる気がする。

だって確かに馬鹿です。何ていったって、カネがもったいない(汗

ボーナス出るかどうかもわからんのに!



でも、車体を見る度に今の色が納得できずにモヤモヤするのが嫌なの!我慢できないの!

ポジティブに考えれば格好良いカスタムになるし、思い切って再塗装できるのも乗り換える気がまったく無いからだし。

次に乗るなら400Xみたいなクロスオーバー型とは考えてるけど、壊れない限りは乗り換えるつもりは無いから(`・ω・´)キリッ

男らしいセリフが出ましたね、見た目は違いますが。

色は明るい紫ということですが、具体的には決まっているのですか?


問題はそこでね。

前にも書いたように、バイクにはクルマメーカーのようなカラーコードが無いらしい。

だから、バイクを好みの色に塗装してもらうには、塗ってほしい色の実物(パーツとか)を渡すのが一番。

前回の塗装ではDN-01のタンク蓋パーツを渡したけど、これの色があまりに暗かったので失敗した。

今回はもっと明るい紫にしたいものの、その色を持つノーマルバイクも車も見当たらない・・・

ということで、色んな紫色のアイテムを探して、最終的にはスマホのカバー(使わない・・・)を買ってきました!




この通りになるかはわかりませんが、見てすぐ紫だとわかりますね。

実物を見て配合して色を作っていくらしいので、手に持てるものじゃないと、色を再現性しにくいですものね。

心配なのは、うまく希望が伝わるかどうか、でしょうか。

もちろんカバー渡すだけじゃなくて、これ以上青っぽくならないようにとか、族車みたいな下品な紫にならないようにとか、細かい指定もして、希望の色が再現してもらえるようにしたけどね。

今日預けに行ったから、完成は7月上旬になりそう。

北海道ツーリングは8月の予定だから、それには間に合うようにお願いしてきた。

北海道行きは、本当に休暇取れれば、の話だけど・・・

そうは言っても、北海道の計画は記事にしておかないといけませんよ。

そだね、あと2カ月で北海道(仮)だしね~。そのために休み減らして気配りしまくって働いてるから・・・

今回は陸路で北上して青函フェリーで上陸の予定で、本州からすでに長距離になるから、計画も大変かな。

次の記事は、その計画について書こうかと思います。

それでは。