WandeR:Automata [クロスカブ日本一周準備中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

【キャンプ】モンベルのヘッドライト、シュラフ、シュラフシーツ、テント購入【ギア】


注文していたキャンプギアが届いたよー。
全てモンベルで、ヘッドライト、シュラフ、シュラフシーツ、テントの4点。




グランドシートは安価なブルーシートで代用すると決めたのですね。
今回のギアはアウトレットを利用するという手もあったと思いますけど。

一回買えば長く使えるものだし、安すぎるの買って後悔したくないからなあ。
一応、会社のおっさん達にテントとか持ってたら譲ってくれないか聞いてみたんだけど無いみたいだ。

アウトドアが流行ったのはバイク、ボーリング、スキーのように一昔前のことらしいですしね。
ともあれ、3月の九州ツーに向けて、練習しておくべきではないですか?

2月中に近場で実地試用したいけど、連休取れないから仕事明けに走って休日に帰ってくる感じかな。
タダだしどっかの公園で試してみようとか思ってみたり、ククク

おまわりさん、こっちです。
よし公園は辞めよう!

…話変えるけど、キャンプツーにはサイドバッグ使うから、デグナーNB36にテントとシュラフが入るか試してみた。




…あの、一応入ってますけど、他にレインスーツや着替えが入らなくないですか?
そうなんだよねー…重量的にバッグへの負担大きいし。
将来的にストーブやクッカーを使うことも考えると、テントやシュラフはタンデムシート上にくくり付けるのが最適なんだろうなあ。
積載用のゴムひもは持ってましたよね。
となると、シュラフは化繊とは言え、防水対策が必要ですね。
ポールバッグが45cmなので、10Lクラスの防水スタッフバッグが良さそうです。こういうのです。




何でただの袋に1000円以上も払わないといかんのだー!
まだこれは安い方で、縫製だけでなくゴアテックス素材を用いたものはさらに高価だそうですよ。
『ブランド』としての金額もあるでしょうけれど。
ヒトの持つ“しがらみ”というものですね。
安く済まそうと思ってググってみたら、ギアを自作してる人が結構いたよ。
縫製技術が無いからスタッフバッグは無理でも、アルコールストーブぐらいなら作れそう。
高校の頃、科学部で粉塵爆発装置作ってた頃が懐かしい。
私もエンジン爆発させてますし、実は危ない系ですよねオーナー。
昔と言えば、オーナーのお父様は日帰りキャンプしてたんじゃなかったですか?
そうなんだよー。
押し入れ探ったら親父が残した、夏用シュラフと自動膨張式マット、ステンレスクッカーぽいの出てきてね。
アルパインデザインの30年以上前のモデルだけど、マットはまだ使えそうだった。



何だかロマンチックですね、ツールを受け継ぐというのは。
もっと探したらまだ色々と発掘されるかもしれない。
こ、これがアニメなら、親父が残したアイテムで異世界への門をくぐってハーレムしそうなフラグじゃないか!
そうですか?
自賠責及び任意保険の人身保障は、異世界では通じないですよ?

Σ(゚Д゚!!!
やっぱり日本でキャンプするのが良いよ…!

スポンサーサイト

コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する