WandeR:Automata [クロスカブで日本一周中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

【キャンプ】取説読まずにテント設営してみた【ギア】


久しぶりの更新だー!
先日、4泊5日の九州ツーに備えて、近場へキャンプ練習に行ってきました。
と言っても仕事があるのでデイキャンプだったんだけど(汗
周囲の『こんな寒いのに何してるの?』な視線が痛かったですね。
九州ツーを想定した積載で行こうとしてましたが、ストーブ等がまだ無いのでお試しって感じでした。



おなじみサイドバッグに加えて、前から使ってる小型シートバッグ、その後ろにテント一式、その上に銀マット。
右サイドがシュラフで満杯。左サイドにレインギア、着替え、タオル等の取り出しやすいもの、シートバッグにストーブ、クッカー等の野営時しか使わないものを収納。
LEDライト等のすぐ使いたいものはウエストバッグに入れてましたね。
ただ、まだ全てのアイテムが揃ってないので、また積載テストしないとです。
まぁ練習だし。今回は愛知県の桃太郎公園キャンプ場(平日無料)を利用したよ。
宿泊者のみバイク乗り入れOKで、簡単な説明のあと、許可証替わりの『桃太郎旗』をもらってテント設営に移る!


・・・誰もいないじゃないですか。
冬だからねハハハハーぁああ寒い寒い!!!
サイトは芝生で近くには木曽川が流れてますが、風を遮るものが無いので本当に寒かった。
許可はもらったので、アヴェンさんを駐車場に停めて、説明書も読んでないけど即テント設営。



取説読んでない感がはっきりわかりますね・・・。
そもそも貼り綱が無いという体たらく。
ホントすんません(汗 帰ってから取説読みました・・・
まだこれで泊まってないので正確なインプレはできないけど、個人的には身長170cmで十分寝れるし、荷物置くスペースや前室の広さもこれで何とかなるんじゃないかと。
最悪、使わない物は盗難対策済みサイドバッグに収納しておけばいいですしね。
設営に関しても、考え方を変えれば、『超初心者でも設営できる』ということですし。
おおぅ、見事なフォロー!
それにまぁまぁ狭いほうが何か落ち着くんだ(*´ω`)

それはオーナーがただのインドアなオタクだからです。
まぁ、テント張るとどんな感じかわかったし、あまりに寒いのでさっさと帰ることに。
それと、キャンプ場の横にある桃太郎神社をちょっと見てきたんだけど。



イヤャァアアァアっ!!!
何てもの見せるんですかこの馬鹿ぁー!
ちゃ、ちゃうんです!これが神社にあったんです!!!
と言うか、桃太郎って生まれた時すでに髪の毛フッサフサな年齢なのか!?
色んな意味でドン引きです・・・
と、ともあれ、この日はシュラフも使わず泊まらずに帰ってきましたが、短時間でも色々と勉強になったので練習はしておくべきだと実感。
今度、実家の庭でテントで泊まる練習してみようと思いますー。
ちなみにキャンプ場に行った翌日、寒さで風邪ひいて会社休みましたw


【自分用に、テントの心得をメモしておきます】

水はけが良く、窪地ではない平らな場所を選んで整地しておく。
開口部は風下にして風が入らないように、かつ防犯のためにバイクが見やすい向きに。
トイレ、水場、ファミキャンサイトから離れると静かだし臭いもしない。
松・クヌギ・コナラ等の下は雨でヤニ成分が滴り、テントがベタベタになるので避ける。
大木の下は雷が落ちるので避ける。
蛍光灯や水銀灯などの色波長の短い照明は虫が寄ってくる。
崖の傍は落石、川や水場の近くは増水の危険。
ペグは引っ張られる方向に対して45~60度に打つ。
ポールは片方を一気に伸縮させずに対角線上に伸ばしたり縮める。
グランドシート面積はテント面積より少し小さくする。
雨対策にはテント周囲を囲むように溝を掘り、傾斜に合わせて排水できるようにする(キャンプ場によっては穴掘り禁止)
もやい結び、ねじり結び、てこ結び、ふた結びを覚える。
収納時は乾燥させてからちゃんと畳む。
スポンサーサイト

コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する