WandeR:Automata [クロスカブ日本一周準備中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

【CBR250R】南九州の旅2日目前編【ツーリング】


九州一人旅2日目の記事、始めまーす。
前日は夜にフェリー出航したところまででした。
ツーリング2日目は、床が固くて寝づらいフェリーで目覚めるところから始まるのです・・・辛かったw
着岸したあと、「運転手は車のもとに移動して下さい」というアナウンスが流れてすぐ私のもとへ駆け寄るオーナー・・・げっそりしてました。
しばらくしてフェリーのタラップが展開、ついに九州の地を私のタイヤが踏む瞬間がやってきます。



その時の心境は、
「うおぉ!人型兵器の発進シーンみたいでカッコ良くないですかほらほらぁ!?しかも九州だよ九州!!!」
25歳男の、このはしゃぎ様ですよ皆さん・・・
ともあれ、無事に九州大分県に上陸。
私とオーナーは朝飯に牛丼をかっ込んですぐに11号の別府一の宮線(九州横断道路)に乗り、やまなみハイウェイを目指します。
まずはやまなみハイウェイを楽しみにしていたけれど、上陸早々に由布岳を一気に駆けるルートは気持ち良かったね。
季節的に一面の緑を見ることはできないけれど、荒涼とした大地の迫力が素晴らしかった!




別府温泉とか湯布院とか一大観光地なんですが、目的は観光ではなく走ることなのでそこらへんは完全にスルーでしたね。
道が走りやすいので止まるのがもったいないというのもあります。
11号の一宮線は、街走ってて気付いたらいつのまにか山に入ってたような、一気に標高を上げていく道だったね。
で、やまなみハイウェイだけど、これはちょっと期待外れというか、季節が悪かったという感じ。
道はこの通り走りやすいんだけれどね。



確かに、普通の山道って感じですね。
夏であれば、緑の草原が見えるはずなので心地よさそうです。
朝日台展望台やレストラン「べべんこ」駐車場からの風景なら、この季節でもくじゅうの良さが伝わりそうですよ。



九重連山が望めるここは良い眺めだったー!
やまなみハイウェイは、自分の季節的な期待値が大きすぎただけで、流すのは本当に気持ち良いですので!
最終日は天気が崩れそうなので、寄り道して「九重“夢”大吊橋」に行きましたね。
高さ173m、長さ390m、歩行者専用橋としては日本一、なのです。渡るのに500円かかりますけど。
まさに山と山を繋ぐ橋!日本の滝百選「震動の滝」の雌雄も見ることができた。
九州最終日は橋の北側駐車場、行きは南側駐車場に寄りました。
橋が長いので行きと帰りで別々にしたんですw



橋を見たあとは、やまなみハイウェイに戻って、大観峰を目指しました。
3月でも高原の風景で感動できるのはこれ以降かと思います。
そして、私に装備された車載カメラ動画からキャプチャーした、オーナーが選んだ絶景がこちらです。










今見てもすごいよなぁ。走っててこの景色の中に入った時に思わず「うわぁぁ・・・」て声が漏れたw
写真を撮るべきだとわかっていたけど、止まれなかった。
絶景の中を走ると『停車したらこの感動も途切れてもう戻ってこないんじゃないか』なんて感覚があるんだ。
夏の長野のビーナスラインでもあった感覚ですね。
機械である私にはわからない、バイクで走っている人間だからこそ感じる何かがあるのかもしれません。
やっぱり車載動画撮ってて良かったですね。
まったくだよ、動画はまた後日アップするけど。
他の景色には申し訳ないけれど、ここで初めて心の底から九州に来て良かった!と思ったよー。
あとで調べてみたらここは「長者原」というところで、賞賛の多い場所みたい。
ツーリングマップルだと良い道はわかっても、その中でも最高の景色、は中々わからないものですからね。
とにかく、こんな景色のやまなみハイウェイをひたすら走って行ったわけです。



このあたりからは牧場だらけだから、景色も良いままずーっと続いたねえ。
最初はやまなみハイウェイ(11号)は季節外れかと残念がったけど、ここからが本番だった。
夏には無い荒々しさというか寂しさを楽しむ感じ。でもバイク乗りは多いのでヤエーしまくりましたw



11号をひたすら走って、40号との交差を過ぎて少しすると45号に右折する道が見えます。
そこが通称「ミルクロード」の一部で、ここを進むと大観峰に到着するのです。

ひたすら草原と道が続くだけ!走るのを邪魔するものは、なーんも無い!素晴らしい!!(*´д`*)ハァハァ
このあたりでオーナーが壊れてきました。
そして標高は935.9m。阿蘇北外輪山の最高峰「大観峰」に到着です。



とにかく広い!としか言いようがない360°のパノラマ!
それに、九州のバイク乗りの聖地なんじゃないかってぐらいバイクが多かったね。
駐車場から展望台まではちょっと歩くので疲れたけど(汗
疲れをとる飯屋があって良かったですね。
でもオーナー、キャンプ装備でしかも名古屋ナンバーという珍獣でしたけどね・・・。
銀マットが輝いてるぜっ!
カルデラ(火山活動によってできた大きな凹地)がよく見えるので、ここも火山なんだというのが実感できますねぇ。
自然というのは本当に大きくて偉大です。それに比べてオーナーの小ささが際立ちます、人間性的な。



久々にスルー技で来たかアヴェンさん・・・
この2日目は写真や観光地が多くて記事が長いので、馬鹿なことしていられないんです、わかってますか。
すみません・・・
まだ2日目の途中ですが、今回の記事はこれで区切りましょう。
写真が多いのも考えものですね。

これでも厳選してるほうなんだけどなぁ(汗
次回の記事は2日目の残り、阿蘇山中の草千里ヶ浜から書いていきますので。
スポンサーサイト

Re: タイトルなし
止まろうかなぁでも気持ちいいしなぁって考えつつ結局ずっと走ってしまうんですよねw
ちなみに、もう九州から戻って思い返して書いてる記事なので心配は無用です(汗
[ 2013/03/29 19:32 ] [ 編集 ]
走ってるのが楽しくなると止まって写真撮りたくてもそのまま行っちゃいますよね^^
更新楽しみに待ってるんで気をつけて九州楽しんでください!
[ 2013/03/29 12:50 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する