WandeR:Automata [クロスカブ日本一周準備中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

【CBR250R】南九州の旅4日目後編~最終日


前編では、土砂降りでスマホに浸水しつつも何とか熊本を目指したところで終わりました。
スマホの件で落ち込んでいたのと、ロングツーリングを舐めていたことを思い知りひたすら阿蘇のライダーハウスへ。
この夜も雨の予報だったのですが、夕方に到着できました!
これで残る問題はカメラですが、これも半分解決したのですよね。
写真を撮ることを諦めたものの、何とかできないかと考えてたらコンビニでインスタントカメラが売ってることを思い出す!
フィルムをジーッジーッって回してカチャって撮るアレ。フラッシュ炊くとキュィ~ンって鳴る奴ですw
で、ライダーハウス「リトルアジア」も写真に残すことができたというわけですね。
デジタルじゃないので質は悪いですが、これが泊まったリトルアジアさん。



宿から出てきたお姉さんに「スマホ水没~予約なしの飛び込み云々」と事情を話すと笑って迎え入れてくれて、本当に嬉しかった!
管理してるのは外人の旦那さんと若い奥さん、そしてYおじさん(以下Yさん)。
受付でYさんから宿の案内と説明を受ける。ツーリングマップルではライダーハウス表記でしたが、実際はゲストハウスという分類でした。
このYさんがなかなかの人物でしたね。
そう、このYさんはチャリで日本一周の最中で、今は阿蘇に沈没し(居ついてしまうこと)、この宿の手伝いしつつキャンプ場を作って、完成したらまた旅に出るという人でした!
旅先で話を聞くのが好きなので色んな人と話すけど、こんなすごいオッサンは初めてだw
ログハウスの中で魚さばいて焼いたりしてましたもんね、Yさん。
オーナーは飛び込みなので食べれませんでしたが。
旨そうだったねえ・・・初めて旅宿に泊まったけど初めてのことばかりで面白かった。
自分の他に大学生グループや外人バックパッカー、外国語ペラペラ女性とその友人のオーストリア人とか、もう普段は絶対見ない食卓だったねw
ああいう時だけは英語話したくなりそうですね。
ともあれ、4日目は終了ですか。
寝るのは安い相部屋ベッドにしたんだけど、女性のバックパッカーが相部屋でむしろこっちが困(
こんな感じでスマホ水没の悲しみも未体験の楽しさで回復したオーナーでした。はい、4日目終了です。
俺の感動を流したね・・・まぁ、この日のこと書きだすと終わらないし、最終日のこと書きます。
最終日、朝早くから荷物を積み込み、「いってらっしゃい」の挨拶に見送られ、宿を後にしました。
行きとルートを変えてミルクロードで阿蘇へアクセスしました。
その後は天気良く時間もあったので、もう一回阿蘇中岳火口と、夢大吊り橋に行ったんですよね。





ミルクロード両脇の牧草地は焼畑で真っ黒だったけどね・・・夏だったら一面緑だったはずなんだけど、まぁ仕方ない。
行きも登った由布岳を一気に走り抜けるのは帰りも気持ち良かったねぇ。
ここは動画に残してあるのでいつかアップするかもしれませんよ。



時間に余裕持ってフェリー乗り場に到着しましたね。
段々と他のバイクも集まってきました。



帰りのフェリーではここで知り合った2st乗りの大学生君と相部屋になって、お互いに見てきた九州を語りながら時間を潰す。
やっぱり、こういう時は誰かいると楽しい(´ω`)
旅の醍醐味は景色だけではないということですね。
最後に改めて聞きますが、今回は初のキャンプロングツーリングでしたが、楽しかったですか?
地面固くて寝れないしスマホ浸水するしで大変だったけれど、その辛さもひっくるめて良い旅だった!!!
次はどこへ行こうかね。


スポンサーサイト

コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する