ジャパリパークの旅 [クロスカブで日本一周・完]

ひとりの旅人が、擬人化したバイクや獣達と綴る、流浪の記録

20131205.四国半周ツーリング 5日目最終章



四国の旅5日目、四国最終日!


ライハ「Wark On」でぐっすり寝れて、この日も朝5時頃に起床。

管理人さんの説明通りに施錠をして、出発準備!

昨日は夜だったのでライハの全景がわからなかったけど、こんな感じです。




アヴェンさんは1Fの車庫内だったおかげか霜は降りてませんでしたw


あんな思いはできればしたくありません・・・

よって、快適に出発~。


5日目は天気は曇りで午後から降水確率が上がる予報だったので、早めに宿に着くように寄る場所を絞りました。


大きな地図で見る


まずは佐田岬半島を東へ戻り、海沿いの378線をずっと走ります。

途中の長浜で朝飯を買うためにコンビニに寄ると、一匹の野良犬と出会いました。







オーナーが弁当を私のタンクの上に置くから、あの犬、弁当が欲しくて私に乗りかかってきたじゃないですか。

ごめんごめん、食い意地張った犬だったねー。飢えてるというか図々しいというかw

排気音にびっくりして離れていったワンコと別れ、引き続き378線を北へ。

ここは通称「夕焼けこやけライン」と言うらしいので、夕方に走りたかったなぁ・・・


ひとまず、第一の目的地、下灘駅に到着。海にすごく近い無人駅。




電車も1両編成。




無人駅だけど手入れはされてた。





この郷愁漂う雰囲気が好きだなァ・・・静かに一人、海を眺めながら、電車が来るのをのんびりと待つ。







この駅は青春18切符のポスターになるので有名だそうですね。

電車の旅はバイクと違ってのんびりだからそれも旅情があるだろうねえ。


さて、松山に入ると有名な道後温泉がありますが、完全にスルーしましたw

雨が降りそうなので、風呂で時間と体力使いたくないからね。


松山の街を出て、196線へ。道の駅「風早の郷 風和里」でお昼ご飯!


まっぷるに載っていた「ぼっかけ丼」なるものを注文。何が出てくるか楽しみにしていると・・・





左は豚汁、右はお吸い物というダブル汁系だとぅ!?


と思ったら、左はご飯に豚汁をぶっかけたような何かでしたw



温まるし美味しいんだけど、でもやっぱり、汁は丼のほうだけで十分なんじゃないかと思う・・・



これ、お吸い物いりませんよね。

ぶっちゃけるとそうなんだよ!汁だらけだ!



朝からずっと北東へ走ってくると、今治に到着。

ここから、しまなみ海道(西瀬戸自動車道)で海を渡ります。

しまなみ海道は晴れてたら綺麗なのでしょうが、曇ってるし風強いしでこの時は気持ちよくなかったです。

片側一車線なのでゆったりもできませんしね。



大三島でしまなみ海道を下りて、多々羅大橋を眺めてみる。もう雨が降る直前って感じでした。





第二の目的地、大山祇神社に到着!




天然記念物の御神木「乎千命(オチノミコト)御手植の楠」。境内中央にどーんとそびえ立つ様は威厳があります。










「能因法師雨乞いの楠」。オチノミコトのと違って隅っこの神池の近くにあるので一見地味。








既に枯れているものの、推定樹齢は3000年、かつて日本最古のクスノキと言われたそうです。

3000年とか想像もつかない時を生きたんだね。

この大山祇神社は国宝級武具の八割を収蔵する最古の社なんだって。

昔は道路なんて無いのに、海に浮かぶ島々を渡って大勢の人がここを訪れたんだろうなァ・・・









いろいろ見たあと、神社すぐ横の道の駅「しまなみの駅 御島」で、お土産の郵送を頼んでいると、小雨が降ってきました!


もう景色どころではないので、さっさと宿に向かうべく、しまなみ海道を渡り切る。本当はもっと見てまわったり食べたかった。



旅の最後の宿は「ビューホテル セイザン」というタイ料理ホテル。


どこら辺に建ってるかはわかっても、ホテルにたどり着く道が本当にわかりづらいw

尾道大橋を降りたら、2線を西へ、363線を北へ、中学と高校がある所を高校側へ入って、狭い急坂を勘と看板頼りで進むとあります!


ホテルはこじんまりしてて、雰囲気はアジアンテイスト溢れてて良い感じ!







駐車場は車用なので、車のお客さんが多い場合は少し離れた駐車場か、ホテル正面横の隅っこに停めないといけないようです。

オーナーは運良く、車のお客さんが少なかったので、目の前の駐車場に停めさせてもらえましたね。

ホテル案内説明してくれた兄さんも良い人だったし、今回の旅は色々恵まれてるねえ。



部屋はドミトリーを予約してたけど、例によって誰もいないので貸切w




部屋は狭いけど、ライハ並に安い上に景色が何気に良いのが印象的でした!



トイレ、風呂、エアコンもあって、寝る部屋は狭いけど、隣の部屋が和室の談話室になってました。




お腹が減ったので何か食べたいものの、疲れて雨の中出る気も起きず、せっかくなのでホテル内のタイ料理店で夕飯を食べることに・・・





タイ料理・・・カレーだらけ・・・辛いの苦手・・・



カレー苦手なのにタイホテル選んでどうするんですか。

安さに勝てんかったんです・・・


ということで、カレーじゃないタイ料理「イサーン・セット」を注文。

タイ人の店員姉ちゃんにお好みの辛さを聞かれたので、「甘いのを…」って言ったら、

「うちは辛い物しかナイデス…控えめ?」って変な顔されたので「控えめで!」



もはや店に喧嘩を売っているとしか思えない所業ですね。

注文したからには食うよ!?


タイのイサーン地方の料理セットらしい。

出てきたのはソムタム(青パパイヤの辛いサラダ)、ガイヤーン(タイ風の焼き鳥)、カオニャオ(タイのもち米)




辛いけど普通においしかったw


尾道の夜景を見つつディナーとしゃれ込むぜ(ただし辛くてヒーヒー言ってる)




部屋に戻って風呂でも入ろうかと準備していると、部屋の外に人影が。うろうろしてたのは同年代らしい男。

どうやら急遽ドミトリーに泊まることになったらしく、ホッとした様子で、なんとライダーでした!


彼の愛車はホンダのスクーター「フォルツァ」




話を聞くとまだこうやってバイクで旅をしたことが少なく、ライダージャケットも持っておらず、たくさん聞かれました。

1日の予定はどうやって立てているのかとか、ツーリングマップルって何ですかとか、昨日泊まったドミトリーは相方は無言だったけどそういうもんですかとか、


色々な質問に答え、色々な景勝地やアドバイスするうちに、自分はいつのまにか旅の初心者じゃなくなってたんだなぁ…と実感した。



何だかんだで、静岡、岐阜、長野、三重、奈良、京都、滋賀、福井、石川、大分、宮崎、鹿児島、熊本、北海道と、あちこち走ってきましたもの。

自然と経験値が溜まっていたということでしょう。

思えば、最初はドミトリーでも緊張してたもんなぁw


話も尽きて、眠くなってきたので最後に記念写真。服の色とか帽子とか眼鏡とかキャラかぶってますw





四国に来て、毎晩一人だったけど、最後に相方がいて良かった~。

これでツーリング5日目は四国を飛び出し本州に戻って終了!


次の6日目は旅の最終日でしたが、翌日が仕事で高速で一気に帰宅した為、写真もネタもありませんw

よって、ここで四国半周ツーリング記事を締めさせて頂きまーす。



今回の旅は冬の長距離ということで朝は本当に凍えたけれど、天気はそこそこ良いし、旨いもんもたくさん食えました。

これまでの旅の中ではなかなか恵まれた楽な行程だったように思える、感覚が麻痺してるのかもしれんけどw

これからもこういう気楽な旅をしたいものですね~。



皆様、読了ありがとうございました。北海道の回想も残ってますが次回はどこへ行きますか。

22日に静岡の浜松、24日は地元の名古屋でサンタに扮し、クリスマスツーリングに行ってくるのでその記事になるかな!


以前に長野で会ったノワールさんとまた会う事になりそうだし、他にも色んな人と話せそうです。

では、またの機会に~。

スポンサーサイト

コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する