WandeR:Automata [クロスカブ日本一周準備中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

照明と喰う道具 【キャンプ道具を揃える!】 

【 編 集 中 】


ストーブ
ストーブと言うと暖房器具みたいな気がしますが、アウトドア型の調理用コンロのこともストーブと言うのです。
バーナーとガスカートリッジを合わせてストーブ、と言ったほうが正しいかもしれません。
種類は燃料によって分別され、おおまかにガス式と液体燃料式に分かれます。

現在の主流はガス(液化石油)カートリッジ式。

着火する前のプレヒート(気化器を加熱すること)が不要で燃焼音が静か、燃料交換がボンベの取り替えのみで、とっても簡単。
しかし液体燃料式に比べてコストが高いことと、気化熱でボンベが冷えるため極寒冷地ではガスの気化がうまくできず点火できない、という欠点もあります。

使い方は、まず、カートリッジ接続部の口金(バルブ)にバーナー接続部をねじこんで接続します。
バルブはバネ式でカートリッジを外せばまた閉まるのでしっかり接続しましょう。
ガス調整つまみを少し回して、ガスの放出される「シューッ」音が出たら、点火しましょう。
点火した後は、つまみで火力を調整します。
間違ってもバーナーの上から着火しないで下さい、炎は上に燃えるので着火は横からが基本です。
イグナイター(着火装置)があっても使えなくなる可能性を想定し、マッチかライターは持っておきましょう。

また、ストーブを使用する際は風防の使用をお薦めします。
ちょっとした風でも炎が揺らいで加熱効率が悪くなりますし、危険なので。



ちなみに液体燃料式はホワイトガソリンが主です。
しかし着火作業が難しいため、アウトドア用ストーブからは外れていったそうです。
燃料ホワイトガソリンの他にアルコールも使えまして、空き缶を加工して自作ストーブが作れるので、実際に作ってみました。
ガスに比べると火力が低すぎるので、寒くて腹が減ってさっさと飯が食いたいキャンプツーには適さないかもw



ガスカートリッジ
ガス成分はプロパン、イソブタン、ブタンを混合させたもので、メーカーによって違います。
サイズも様々ですが、数泊のキャンプツーリングなら小さいサイズで十分。
ストーブとの組み合わせはメーカー推奨のものを使いましょう、事故につながる恐れがあります。



コッヘル(クッカー)
鍋とかフライパンのことです。しかし家庭用のものは大きすぎてキャンプツーリングでは邪魔。
アウトドア用は小さく設計されており、取っ手が折りたためたりもします。
お湯を沸かす、煮る、炒める、ご飯を炊くなどの調理が可能で、フタはとり皿などの器や鍋代わりにもなります。

素材の特徴

・アルミ
 重量:軽め
 価格:手頃
 熱伝:良い 炊飯や料理に向く
 強度:変形しやすい
  他:金属臭がする

・ステンレス
 重量:重い
 価格:手頃
 熱伝:少し悪い 煮炊きや焼きに使える
 強度:頑丈
  他:錆びにくい
        

・チタン
 重量:超軽い
 価格:高価
 熱伝:悪い 湯沸しだけで煮物・汁物・フリーズドライ・レトルトしか食べないならOK
 強度:そこそこ頑丈
  他:焦げやすい


どの素材も長所短所があるので、自分のスタイルにあわせて選びましょう。



カップ
■マグカップ
誰もが知ってる飲み物用の器です。コッヘルで代用できないこともない。
二重構造のものは保温効果が高いが、直火は絶対にしてはいけません。
チタン製だと熱伝導率が悪いので火傷しません。
金属臭のするアルミ製はおすすめしません。


■シェラカップ
底の浅いお碗に取っ手が付いたような形のカップです。
口が広いので皿代わりになり、深さもあるのでコーヒを飲むこともできます。
コッヘルとマグカップの長所を合わせたような器です。



カトラリー
箸やスプーン、フォークのこと。
箸は割り箸で十分ですが、半分に収納できる箸もあります。
メーカーからセットのものが売ってます。
100均でも十分ですが、アルミ製は金属臭がするので美味しくなくなるかも。




テーブル
アウトドア用の組み立て式が一般的。
積載に使っているホムセン箱やサイドキャリアで代用可能と思われる。
俺は調理はレトルトばかりですし、荷物増やしたくないので使ってません。




ナイフ
護身用、お守り用、調理用に。
刃渡り5.5cm以上の刀剣類は所持が禁じられているので、キャンプで使用するために携帯するのは合法ですが、それが市街地だと・・・。
梱包しておくか荷物の奥にしまって、誤解を生まないようにしましょう。
調理に限るならナイフはほとんど使い物になりませんが、旅の気分って大事ですから!




まな板
包丁やナイフで調理するのに必要になりますが、牛乳パックを洗って乾かして開いたものでも代用できます。



ヘッドライト
バイクではなく自分の頭に取りつけるライト。
両手が自由に使えるので、キャンプに必須と言っても過言ではありません。
テントの設営撤収や、料理、テント内での探し物、夜トイレに行くとき、探索など使いどころは無数にあります。
防滴仕様だとさらに安心。
ライト全般に言えることですが、他照明器具と同じ規格の電池が使えるものを選びましょう。

【モンベル】コンパクト ヘッドランプ
歩行を目的とした高輝度白色LEDと、作業を目的とした電球色LEDを備える。照射角度の調整も可能。
ニッケル水素充電池にも対応。
HIGHモードで26ルーメン、照射距離46m、連続15時間の照射が可能。
電球色モードだと光が優しいので目がちかちかしないという優れものです!


ランタン
設置型の灯火。電気系と火器系に分かれるのでお好みで。
電気系は簡単安全、火器系は雰囲気と明るさが長所。

■LEDランタン
球切れしない、省電力、軽量なので現在の主力。
種類によって照らす範囲が狭かったりするので実際に使ってみないとわからない。

【モンベル】 2way LEDランタン
発光部が180度反転することで、直進照射と360度照射の2通りの照射方向を選ぶことができる。
自立式スタンドや吊り下げフックを搭載し、とにかく機能的。
光の色は温もりのある電球色。単3電池4本で使えて、ニッケル水素充電池にも対応です。
HIGHモードで6時間、LOWモードで104時間の連続点灯。

照明器具の単位

・ルーメン
光源から発せられる光の総量を表した光学単位で、方向や距離に関係なく光源の性能を表現できる。
照明器具はLEDの種類や構造によって消費電力に対する明るさが異なるためワット数では表現できず、また、ルクスやカンデラという光学単位は限られた方向や範囲に限定した数値なので、照明の明るさを示すには適さないのです。

・照射距離
0.25ルクス(満月の明かりと同程度)以上で照らせる距離。




リザーバー
ハイドレーション、ウォーターキャリーなど平たく言えば水筒ですが、ペットボトルで十分です。
水は料理や手洗いなどに必要になるので、水場とテントサイトが遠い時にあると便利です。
ビニール製だと満タンまで水を入れれば水枕になります。
アウトドア用のリザーバーには、ショルダーバッグ内にタンクを収納してチューブで水を飲むものがあります。
スポンサーサイト
[ 2014/01/01 23:16 ] ブログ コンテンツ | TB(-) | CM(0)
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する