WandeR:Automata [クロスカブ日本一周準備中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

北海道ツーリング2014回想記 5日目(道内2日目)



旅の5日目。道内2日目の回想を始めます。


ルートは、函館→長万部→ニセコ→小樽です。

翌日からを本番として、この日は重要視してませんでした。


朝5時に起床、ライハの近くにあるコンビニで朝飯を軽く済ませたあと、誰より先に出発。




ちなみにこの来夢来人は、大人数収容可能で、帯広のライハ『Pit』を彷彿とさせる民家的なライハでした。

いかにも街の中のライハって感じで、コンビニも近くて便利だし、宿泊者数も多いので賑やかなのが好きな人にはおすすめ。

そういえば昨夜函館山に一緒に行った大学生君、何と!俺の母校に通っていて、後輩だったんだよw


あの広い北海道で後輩に会うなんて、偶然はあるものなんですね。


発覚した時は本当に驚いたよ~。

でも彼とは行先が違うのでお別れ。

まずは、前から入浴してみたかった、水無海浜温泉へ!海の隣にある秘湯らしいのです。


オーナーの大好きな『水曜どうでしょう』で登場した温泉ですね。


そうなんだよねえ。さっそく函館を出たら、R278を東へ。

目的の水無海浜温泉は恵山岬にあるのだ。

で、着いた。





本当に海の中だったw

湯船はいくつかあるみたいだけど、奥のは完全に沈没してるw

しかも昨夜の雨のせいか、温かい湯じゃなくてただの水だった!



温泉が、コップいっぱいの水の表面張力みたいになって・・・。


まぁ、水どうの時よりはマシかもしれんけど。動画の21:55から登場します。



とにかく冷たくて入れないし俺は大泉くんとは違って普通に諦めましたw


(オーナー、正常な判断できたんですね。)


仕方なく、小樽へ向かうR5を走り始めました。

お昼どき、途中で長万部駅の隣にある、『かにめし本舗かなや』へ。

駅弁は大好きなんだけど、かにめしは食べたことが無かったから楽しみだった。

じゃーん!



駅弁だからボリュームは少ないけど、口の中に蟹の甘味が上品に広がる!おいしかった!


ライダー以外に鉄道好きの方々もいらっしゃってました。けっこう有名のようです。


時間は余ってたけど、会社の上司へのお土産を早めに確保して安心したかったので、さっさと出発します。

羊蹄山の西、ニセコを突破したけど、やっぱり街を出ると一気に広大な景色の中を走れた。

北海道の道らしい感じが久しぶりだった~。


途中、道の駅『ニセコビュープラザ』で休憩していたら、今朝ライハで別れたおっさんと再会!

北海道あるあるですねえ。



生産数の少ない希少な深緑のドカに乗ってました。

おやつに特濃アイスクリームを食べてから出発。

羊蹄山を眺めつつ、小樽へ。




小樽の街に到着したら、上司へのお土産である焼酎を入手すべく、小樽では有名な『田中酒造』へ。





無事に米焼酎をゲット!ついでに家族用の果実酒も。

俺は酒よりもツーリング中の飲み物が欲しかったので、2番目の写真の仕込み水をタダで頂戴しましたw


上司へのお土産は高級、自分はただの水・・・苦労人ですね。


まじめに働いてきたとは言え、破格の長期休暇をもらったから酒だけじゃ安いぐらいだよ。

まだ夕方前だったけど、本当の目的は明日からなのでこの日はさっさと宿へ。

ライダーハウス『やまだ』があるはずの林道を進む。廃屋がたくさんある。





オンロードバイクじゃ走れない林道が見えてきて、通り過ぎたのかなーと思って、ちょっと引き返してしっかり見てみると。





ここだったw

廃屋だと思って通り過ぎてましたw

今まで泊まったライハで一番ボロいですw


ライダーハウスの真骨頂というか、秘密基地感がすごかったです・・・。


もう70歳ぐらいのおっちゃんに案内されて、寝る部屋(というより小屋)へ。

さっきの林道の写真のコンテナが寝るところでしたw中はもちろん狭い。



御覧の通り、あのおっちゃんが作ったんだろ、とわかる手作り感満載でーす。

荷物を下してから、おっちゃん自慢の五右衛門風呂へ突撃!いったいどんな風呂なんだ!?

風呂場を想像するだけで楽しくなってくる! いざ!!





国道の下にあったw


露天風呂なんだけど山奥じゃないし、車が走る音がしっかり聞こえるし、覗こうと思えば普通に覗かれるから女性は落ち着かないかも。

下を覗くと川が見えたけど、眺めが良いわけがない。


橋の下で生活してるホームレスみたいですね。


菫さん容赦無いな・・・!



でも五右衛門フ風呂は薪で沸かす本当の五右衛門風呂だったよ。

おっちゃんいわく「洗濯機を改造して作った」らしいシャワーもあるよ!




五右衛門風呂からの眺め(ほぼ何も見えない)




ボロかったけど、シャンプー類はあるし、意外と使える風呂でした。

まぁ、宿なんて屋根と壁があれば良いんだ。


(あんな状況でも“使える”と感じるのですから、旅人とは変態な生き物です)


風呂から出て、おっちゃんに案内されなかったトイレを自力で見つけて、まったりしていると、大学生二人組がやってきた。




なんと道内在住でライハは初めてだという。いろいろ教えてあげたら驚いたり感心してた。


道民よりも旅のバイク乗りの方が色々と詳しいとは、不思議なものですね。


だべってたら、おばちゃんが夕食を持ってきました(素泊まり+料金)。




まさかの豪華な海鮮丼!しかも俺の大好きな数の子が乗ってるー!



家屋の貧相な外観を、良い意味で裏切る夕食でしたね。

このライダーハウス『やまだ』には驚かされてばかりでした。


そうだね、おっちゃんもおばちゃんも良い人ですごく話しやすいし、俺のようにボロさを面白さと解釈できる旅人にはおすすめできるライハだった。

寝るところは狭いけど区切られてるから自分のスペースは確保できて、コンセントで充電できて、しっかり寝れました。

これで、5日目は終わり!


あまり景色は見れませんでしたが、ライダーハウスに個性があったおかげでオーナーにとっては楽しい1日だったようです。

次回は旅の6日目、道内3日目。

いよいよ旅の本番、小樽からオロロンラインをひた走ります。

以上、またの訪問をお待ちしております。

スポンサーサイト

コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する