WandeR:Automata [クロスカブ日本一周準備中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

イワタニのジュニアバーナーに買い替えたのでプリムスと比較



今回は新しく購入したキャンプギアの紹介をしようかと。

雨降っててやれることもないしね・・・。

前回、記事で書きましたが、プリムスのイータエクスプレスのバーナーが壊れました!

なので、色々考えた結果、イワタニ産業のジュニアバーナーを購入しました!




なぜジュニアに買い替えたのか、ジュニアとイータを比較して説明しようと思いまーす。

どうでも良いけど、プリムスは岩谷産業と合併したグループ会社だからややこしいなw




これが、イワタニ製カセットガス ジュニアバーナー CB-JRB-3。アマゾンで3500円。





でこれが壊れた、プリムス製イータエクスプレス。(クッカー無し)。現行は最新型に変わってるけど。

イータエクスプレスはクッカー等とセットなので比較しにくいけど、プリムスの単体バーナーでも7000円ぐらいします。




右上にフィギュア写ってますがこれは・・・。


ルリルリだ!キリッ


・・・・・。 (ここは「馬鹿ばっか」と言うところでしょうがオーナー喜ぶので言いません)




ちなみに、イータエクスプレスの、イータの意味はETA(estimated arrival date)ではないかと思われます。

貿易業の用語で「到着予定時刻」という意味です。つまり、「到着予定時刻」「早い」ということですね。

これは、イータエクスプレスのクッカーの底が特殊形状で、すばやく加熱できることから名付けたのでしょう。


説明ありがとう、スミレさん。

上の画像だけだとよくわからないと思うので、バーナーを畳んだ状態を載せます。

左がジュニア、右がイータ。大きさわかりやすいように腕時計。





イータバーナーは小さくて薄い!


構造の無駄を徹底的に削った感じがしますね。


小さくて薄いので、クッカーの中にバーナー、ガス缶、風防が収納できるようになってます。

どんなクッカーでも、ジュニアはバーナーしか収納できない・・・。



コンパクト性ではイータの完全勝利でした。

ならば、他のステータスではどうなのか。バーナーに装填するガス缶にも違いがあります。




ジュニアは家庭用ガスコンロでも使っててコンビニでも売ってる、通称「CB缶」(左

イータはアウトドア店舗にしか置いてない、通称「OD缶」(右

ようは、カセットボンベ缶と、アウトドア缶。



CB缶は120グラムで、398円ぐらい。OD缶は110グラムで450円ぐらい。

ですが、CB缶「120グラム2本セット」はアマゾンで440円。

つまり、現状、アマゾンで購入した場合、グラム計算で、CB缶のほうが2倍お買い得!

しかも、「250グラム3本セット」だと、468円なので、6倍お買い得!



なんだか通販番組みたいになってきましたね。


今の俺、すごく庶民ぽい~。


とにかく、ジュニアバーナーは本体価格も燃費も安く、入手しやすい!


つまり、比較したうえで結ろ、


積載性ならプリムス、安さ使いやすさならイワタニということです。


先に言わないでくれると良かったな・・・。


まぁ、もっと細かく比較すると、CB缶は極低温下では燃焼性能が落ちるけど、登山家じゃない俺は関係無いかな。

以上、バーナーの比較でした~。
スポンサーサイト
[ 2015/04/03 20:05 ] ツーリング以外 道具 | TB(-) | CM(0)
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する