WandeR:Automata [クロスカブ日本一周準備中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

能登半島&黒部ダムツーリングに行ってきた。1日目



どうもどうも、北陸ひとり旅から帰ってきました。

長距離ツーリングは去年11月の中国地方ぶりで、久々に走ったなぁという感じ。


長距離ではない企画やツーリングには行ってましたけれど。


長距離じゃない場合は計画も実行も簡単なんだけどね~。

今回の能登半島&黒部ダムツーリングはもともと4泊の予定が、頑張って3泊で帰ってきました。

では、回想を始めまーす。




旅前日の仕事で急遽パートのおっさんが病欠してしまい、勤務24時間拘束+12時間残業=36時間勤務という久々の異界を体験した俺。

積載準備はツーリング当日の早朝にやるしかなく、いつもの6時出発はできませんでした。



9時頃に出発し、東海北陸道で一気に石川県を目指した!


通勤時間なので、「平日の朝になぜキャンプ積載のバイクに乗ってるんだ・・・」的な白い目で見られてましたけど。


だからいつも早朝に隠密行動してるんだけどね~、一応仕事してますよ?!


ひるがの高原SAで休憩。良い天気~。




さすがに標高が上がると4月でも寒かったですね。


やっぱりモンベルのアウターシェルは常備しておくのが正解。

東海北陸道は1車線が多いから、積載装備で時速100km以上は出したくない俺としては煽られるから辛かったなぁ。



そんなこんなで追い立てられつつも、石川県は「なぎさドライブウェイ」に到着!



日本海の真横の砂浜をひた走る、心地良さ。





う~ん、写真見て思い出すだけでも楽しくなるなぁ。


バイクとしては潮風+海水を含んだ砂地なので辛いですけどね。


言われてみればそうだな・・・ありがとうね。

でもバイクと違ってヒトとしては楽しい場所なので撮りまくりました。

↓の写真はカメラ装着した三脚を持ち上げてタイマーで撮ることによる、やや高度から見下ろす構図。



地面すれすれの構図。





自撮りも多かったです。


恥ずかしながら、だって全世界でも砂浜を走れる道は数少ないのだ!
千里浜の他には、アメリカのデイトナビーチ、ニュージーランドのワイタレレビーチ、インドのムザピランガドビーチなどがあるらしい。


そういえば、駐車したら私、スタンド沈みましたけど。


あれはやばかったなぁ・・・。スタンド下に敷いた板が水を吸ってスミレさんの重量でめしっと曲がって傾いイタタタタ!?


女性の体重のことを言うなんて酷いですね。試しに私の足をオーナーの足に乗せてみましたがどうでしょうか。


全然軽いです!全然軽いけど足グリッグリされて痛いですスミマセン!



・・・うん、まぁ、ここを走りたい人に助言するなら、駐車のために最低でもかまぼこ板、できれば金属か固いゴムの板を用意すべきかな~。

かまぼこ板より薄い板使ってたので弱かったです。北海道の脆いアスファルトに駐車するよりもずっと危険だぞ!

あと、やっぱり砂浜だから走ってると多少すべるし、漂流物もたくさん落ちてるし、小川もあった。


しかしそれでも推して参る意味がここには在ります。いったん終わりまで走ったら折り返してまた走ってしまいましたw






あんまり気持ち良いので椅子を取り出して優雅な時間を楽しんでみましたwこの前導入したヘリノックス(パクリ)椅子!



一般車はもちろん観光バスも通る。修学旅行みたいな学生たちと(^^)ノシって手振り合った。



楽しい道だからバイク乗りもみんな機嫌が良かった。だいたいこんな風にヤエー返してくれました。





しばらく遊んだあと、なぎさドライブウェイの終点にある、千里浜レストハウスで、一休み。

駐車場にはなぎさドライブウェイの始まりが記されていた。




海岸保護のための募金を募る砂像が。1円投げました。




海岸浸食の問題は深刻だそうですね。

他の砂浜と同様に堆積する土砂の量が減少して砂浜の浸食が進み、『千里浜再生プロジェクト実行委員会』によると、毎年1メートルずつ海岸線が後退しているそうです。

平静6年時は50mあった砂浜が、平静23年には35mまで後退してしまったそうです。


そんなに・・・、あの時知ってれば、もっと募金したんだけどなぁ。

今走れるのは3車線ぐらいの幅があったけど、もっと狭くなるのか・・・。

委員会のリンク貼っとくのでよければ見て下さい→ 千里浜再生プロジェクト




さて、夕暮れまで時間があるので、売店で焼きはまぐり食べたり。





名物のイカだんごを食ったり。




もうちょっと時間に余裕があれば別の場所へ走りに行ったんだけど、出発が遅かったからこのまま夕暮れを待つことにした。

どこかに走りに行って夕日撮る機会を逃すのも嫌だったし、がら空きの駐車場でスミレさんの横に椅子を広げて寝てました。


・・・あ、当然のように言うのでスルーしそうでしたけど椅子で寝ないで下さい。

寝るなら布団を敷くのが日本人の嗜みでしょう。


説教が予想外の方向から来たね!




1時間半ぐらい待って、やっとサンセット・タイム!再び砂浜へスミレさんを突撃させる!


日本でいちばん海に一番近い道が、昼間の青色から一転、夕陽色に染まっていく!





今回の旅のクライマックスは初日でした。


あー言っちゃった(汗) でも風景はここが一番なのは間違いないんだよなあw

ガスってなけりゃ太陽が丸く見えたのでそれだけ残念、でも、それでも夕日は美しい。









シルエット写真好きすぎでしょう。


フハハハハ!まだまだあるぞぉおお!(バーサク状態


名付けて、『小さな140万km』



『手の中の恒星』



『沈むな夕陽!』





少しずつ沈んで、形や色を変えていく・・・。





・・・何だか、金曜ロードショーのタイトルの中にいるような錯覚を覚えた。


それ、今の10代、もしかしたら20代前半の人はわからないですよ。


たぶんそうだねw あのシーンが夕陽好きの原点なのかもしれないなぁ。

夕陽が沈んだら、何となく、「ふぅ・・・」と一息ついちゃうのは何故なんだろう。



で、すぐ暗くなってくるので、近くのビジネスホテルへ向けて走り出した。

すぐ到着したけど、当たり前のようにバイクなんて1台も居ない。



コンビニ飯食って風呂入ってさっさと寝ました。

この日は高速道路と海岸で1日を過ごしたと言っても良いw

翌日は能登半島をぐるっと走るのでツーリングっぽい記事になります、お楽しみに~。


次回はもう夕陽の写真は無いのでご安心下さい、皆様。


(グサッ)

スポンサーサイト
[ 2015/04/29 23:13 ] ツーリング 中部・北陸 | TB(-) | CM(4)
Re: タイトルなし
> わったるーんさん。
じゃあ夏は沖縄行くかもなので、先に現地行ってて下さい(

年近いからわかると思ったw
[ 2015/05/02 15:54 ] [ 編集 ]
行こうと思ってるうちにアゥルさんが先に行かれてた(笑)

ちなみに金曜ロードショーで通じました(`・ω・´)
[ 2015/05/01 22:59 ] [ 編集 ]
Re: 140万kmを手に添えて
> オグナさん。
感想ですか・・・、もし俺が太陽を手に入れても、自分が走破した星でなければ意味が無いのでやっぱり元に戻して、星の中で旅を始めると思います。燃えるけどw

センチメンタルでポエムなことは旅してる時によく考えるんですが、恥ずかしくて記事にはなかなか書けなかったりしますw
[ 2015/04/30 00:58 ] [ 編集 ]
140万kmを手に添えて
バイクや車が走れる砂浜ですか。中々無いですねぇ。
車は走った後の中が怖くて走れませんが、保全されて欲しいものです。

夕焼けはいいですねぇ。140万kmを手に添えた感想はいかがですか、学長?
(そういうポエマー大好き人間)
では、次回も楽しみにしてます
[ 2015/04/29 23:26 ] [ 編集 ]
コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する