WandeR:Automata [クロスカブ日本一周準備中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

【クロスカブ】サイドバッグサポートを自作しました



サイドバッグを買う前にサイドバッグサポートを自作しました。あれ買うと高いんだよねえ。

CBR250Rには市販されているPLOT製のを買って付けたけど、ただの鉄の棒なのに1万円ぐらいしたよ!?


金欠オーナーの壁か・・・、でも自分で作れるものなのか?


ようはバッグがタイヤに触れないようにすれば良いんだから、板金屋や工科生ならすぐ作れるさ。

でもうちの実家は板金屋じゃないし道具もないから、ホームセンターで売ってるアングルで作った。


結局いつものパターンじゃないか!


だ、だって、ホムセン便利すぎて・・・。



えー、素材は、鉤カッコの字に曲げた(柔らかい)平アングル2つと、もともと穴の開いてるプレート(固い)4つです。

平アングルは以前ホムセン箱を作った時に余ったやつなので、材料費合計は3000円ぐらい。なんと市販のサポートの半分以下!



プレートはステンレスだけど、色を合わせたいので、平アングルと同様にサビ止め塗料で黒く塗装しました。



ちなみに、スミレさんに付けているPLOT製サイドバッグサポートは、バッグと擦れて塗装が剥がれてすぐサビたので、サビる前に対策しておくのをお薦めします!



バイクとサビは切っても切れない関係だからな・・・。


ホムセン箱を積む際にボルトオンじゃなくてラチェットベルトを薦めてるのも、自作アングルがキャリアと擦れあってキャリアがサビる原因になるからなんだよ。

アングルとキャリアの間にゴムシートを貼っても、それが薄いと積載の圧力で潰れてゴムが無くなるのも経験済み。



さて、自作キャリアの取り付け方法はオリジナルです。

市販されてるサポートの取り付け方法を真似て、鉤カッコ型平アングルをナンバープレートのボルトと共締め。



で、もう一個の平アングルをキャリア下に通し、各プレートを組み合わせてボルト留め。

画像では付けてないけど、どれかのボルトが外れても良いように、念のため耐候結束バンドでも留めました。

はい、完成~!






ずいぶんと簡単なのだな。自作と言うほどオーナは作業していないような気さえする。


まぁね。でも見栄えは悪くないし、違和感無いだろう?

市販されてるサポートだとナンバープレートだけじゃなくて、サスとも共締めしてるけど、付けたり外したりを減らしたいので、こうした。

あとはサイドバッグを選んで買って付けるだけ!


でも、以前わったるーんさんとキャンプした時もサイドバッグ付けてただろう?


ああ、スミレさんにいつも付けてるサイドバッグね。あの時は、バッグのベルトを短くしてサスとリアウィンカーで抑えてたんだよ。

あの方法でもできなくはないけど、やっぱり安全安心、ちゃんとしたの付けたいでしょ。


ということは、新しいサイドバッグを私に買ってくれるのだな♪


そう、ナズナちゃんに似合う見た目と容量を兼ね備えたものを選ぶよ~!

でも実は、外装の色を変える計画があってだな・・・ククク。


ま、まだ納車して2カ月も経ってないのに、もう変えるのかっ?!



スポンサーサイト

コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する