ジャパリパークの旅 [クロスカブで日本一周中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

【クロスカブ】ノーマルカラーから砂漠迷彩にしました!



前回話したように、外装の色を変えました~!

色ですが、おそらく数あるクロスカブ カスタム機の中でも希少のはず、『砂漠迷彩』です!




すごいな!本当にちゃんと迷彩になって、・・・ん?なんだか外装が歪んで見えるような。


あっ、そんなじっくり見たら・・・!





何だ、このシワは?!それに凹凸が無くなってシャープじゃ無くなってる!


ばーれーた―――!!!


写真だからわかりづらいけど、誰かが実際に私を見たら幻滅されてしまうぞ…。

これ、塗装ではないのか?


…正解。塗装じゃなくて、ラッピングシートだよ。

ラッピングシートっていうのは伸縮性のあるカッティングシートみたいなもんで、塗装より安く色を変えることができる。

車やバイクで施工されてて、フルラッピングをやってくれる業者もあるんだよ。

でも、難しい!!!失敗だった!!!


ただ単にオーナーが不器用というだけじゃ…。


いいや違う、腕が2本しかないせいだ(白目



ちゃんと頑張って貼ったんだけどなぁ…、貼ってる途中で「ああ、これはもう駄目だ」と悟ってもやりきったのに!

シートをヒートガンで熱して伸ばして、「貼る」のではなくラップするみたいに「張る」のがコツだというのも、やっててわかったし。

空気が入っても針で穴開けて空気抜けば良いんだけど、俺はシワの箇所が多すぎて諦めましたw

形状がただの平らな物なら良いんだけど、クロスカブのサイドカバーやフェンダーは複雑でさ・・・、あ~あ。


スーパースポーツ車のカウルなら平らだから難易度低いかもしれない。

せっかく色々と外して頑張ったのに残念だったな。


まぁね~。外す作業も一応書いておこうか。


サイドカバーは、レッグシールド類を全部外して、リアキャリアを留めてる各ボルトを緩めてキャリアを後方へズラし、キャリア下のカバー?を留めてるボルト2本抜かないと取れない。

下からサイドカバーを覗き込むと見えるボルト(車体左側のは何故かキャップ)も抜かないと駄目。


フロントフェンダーは、4本のボルト抜けば取れそうだけど、フェンダーは鉄製で、たわませたり出来ないから無理。

結局、メーターケーブルとブレーキケーブルを抜いて前輪外さないとフェンダーは取れない。



サイドカバーは良いけど、フェンダー外すのはけっこう面倒臭い(苦笑



とにかくラッピングは失敗!後日、剥がしました…。 カネを無駄遣いしてしまったorz


オ-ナーにとっては上手く貼れなかったことより、そっちの方が痛手みたいだな…。


痛手どころか重症さ…、でもここで諦めるわけにはいかない!こうなったら塗装するぞナズナちゃん!


わ、わかった。(失敗を糧に、オーナーが男らしくなって格好良い、かも!)


迷彩塗るのは無理だけど!ハッハッハ!


(やっぱり格好良くない…。)




スポンサーサイト

コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する