WandeR:Automata [クロスカブで日本一周中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

日本一周航陸日誌0514 Day22

日本一周航陸日誌0514 Day22


天気は晴れ。朝早くは曇っていたが日中は最近で一番暑かった。


バイク用ジャケットの下を半袖にした。夜から早朝は冷えるのでアンダーは長袖のまま。


『樫西キャンプ場』を出発。
朝食は200円のカップ麺。いつもパンなので豪華だ。
退職してあちこちまわってるオッサンに捕まり長話してしまった。




40番 観自在寺。




紫電改展示館へ。オグナさんがお勧めしてくれた場所だ。
ストパンやガルパンが好きなわりにミリオタではないから細かいことはさっぱりだが、機体を海中から引き揚げる様子の写真が見れたり、戻らなかった若きパイロットたちの人となりを知れて、感慨深かった。
大体が20代前半で武藤少尉は享年同い年。
日本一周して好きなことやってる俺はなんて幸せ者なんだ。




39番 延光寺。
順番が逆なのはルート上の都合。


四万十川沿いの441号線を走る。
以前四国に来たときは、佐多の沈下橋ぐらいしか見なかったが、今回は川の横をずっと走った。
高瀬、勝間、岩間といくつも沈下橋を見て、渡った。
駐車禁止だし地元の人に迷惑かけるのも悪いので、バイクを停めずに写真を撮ってもらう。
岩間の沈下橋でご夫婦の奥さんが突然、『あっ、水曜どうでしょうって貼ってある!』と言ってきたので驚いた。
北海道から観光で来たそうだ、納得。気づく人がいて安心したw
日本一周中だと知ると、何かに出るかもしれないから、と俺の写真を撮ったwタレントじゃないんだよ。


ご夫婦と別れたあと視界がコバエだらけになるぐらいたかられまくって精神的にショック…。1日風呂に入ってないだけだし匂うわけないんだが…。
MGSVでスネークがハエにたかられるネタがあるけどあんな感じ。
風呂不可避。


ツーリングマップルに四万十川の川海老が楽しめると書いてあった『いわき屋』に寄ってみた。しかしさっきコンビニでからあげ食ったばかりだし、川エビ定食は1500円だったので、600円のゴリ丼を食べた。
ゴリとは川の小魚だそうだ。
そういえば俺は魚がそんな好きではなかった。刺身は良いけど焼いたり丸ごとは…。




寝床は四万十川のほとりのキャンプ場『四万十ひろば』にした。無料ではないが1泊350円の格安。
近くにスーパーもあったが、何も無いと思ってコンビニでカップ麺を買ってきてしまっていた。朝食も夕食もカップ麺になった。


コバエにたかられて匂いが気になり、絶対風呂に入ろうと思ってたので、キャンプ場近くの『ホテル星羅四万十』で入浴のみ利用。
ホテルだから800円もした。キャンプ場より高い。だったら風呂場で寝させて欲しい。
でもさっぱり綺麗になった。


明日は寺をまわりつつ四国カルストを目指す。
ライダーハウス『ライダーズイン雲の上』を予約しておいた。宿を当日の夕方より早く決めるのは旅立ってから初めて。なんという安心感だろう。


ライダーズイン雲の上は『ホテル雲の上』の宿泊プランの一つらしく金額は3300円でライダーハウスとは言えない高額。野宿したほうが良い。


でも旅人のために用意された宿を利用しないと、ユースホステルのようにどんどん減っていきそうなので、たまには泊まってお金を使ったほうが良いんじゃないかと。


ただでさえ遍路宿や道の駅のように、野宿する旅人にやたら厳しい日本なので、安い宿は大事にしなければ。
スポンサーサイト

コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する