ジャパリパークの旅 [クロスカブで日本一周中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

日本一周航陸日誌0530 Day38

連続しての記事投稿になる。これは30日の出来事。



天気は晴れ。もう最近晴れしかない。

阿蘇の坊中キャンプ場で起床。
やっぱり山は冷えるから朝露で濡れる。


昨夜話せなかった日本一周バイク乗りのハチさん、テツさんとたっぷり話し込んだ。

2人ともGSRという偶然。
ハチさんは王道と言うか俺と同じようにバイクにキャリア付けて積みやすくしつつ、なるべく荷物を減らしたいタイプの人で、話してて共感することも多かった。

しかし、テツさんはキャリアが無く、地図も無く、でもバイクカバーやアウトドア用じゃないフライパンを積んでる変態だったw

キャリアが無いので、5つの鞄全てを狭いシートにくくりつけた姿は、旅ライダーの常識から外れすぎてて可笑しくてハチさんと笑いまくった。
サイドバッグの片側だけを持っていたがこれもシートに積む…サイドバッグがサイドバッグじゃないんですけど。

しかも日本一周ルートには珍しい反時計周りで、何から何まで珍しい人だった。


2人と話していたら9時を過ぎていた。
こんなに遅いのは旅立ってから初めてだったが、本当に楽しい時間だった。

Twitterでフォローもしたし、またどこかで会えそうで楽しみ。


キャンプ場を出発し、昨日も見た阿蘇山を走って楽しんだ。
そのまま南下して九州最東端の鶴御崎を目指すつもりだったが、地震の影響で通行止めだったのを忘れていてUターン。

57号線から502号線に切り替わるところにある岡城へ寄った。

そこそこ歩かされるが、石垣が三の丸から本丸までしっかり残っていて、復元した建物も無いので、まさに荒城の様相。

むしろ山の中に石垣や階段があるだけで、他に何も無いほうが、ロマンがある気がする。

夕方に道の駅やよい、に到着。
鶴御崎まで行って戻ると暗くなるので、ラノベを読んだりして時間を潰す。

野宿するつもりだが、温泉を併設しているので夜遅くまで人通りがあるはず。
岡城で汗だくになったから風呂は有難いけれど、悪目立ちするので、ちょっと神経使って野宿することになりそう。

明日は鶴御崎まで行ったあと海沿いを南下したかったがする。
昔も通ったルートだがこのあたりは観光地が少ないのでどうしてもこのルートになりがち。

ところで。
肌着類やTシャツは頻繁に手もみ洗濯しているけれど、ジーンズは1ヶ月履きっぱなしなのでそろそろ洗濯乾燥機を使ってしっかり洗いたい。
臭いはまだ大丈夫だけどやっぱり衛生的に…。
ジーンズは色落ちするとかで1ヶ月洗わない人も普通にいるらしいけど、旅してなかったら普通に洗いたいでしょ。
スポンサーサイト

コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する