ジャパリパークの旅 [クロスカブで日本一周中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

日本一周航陸日誌0531 Day39

天気は曇り一時雨。

道の駅やよい、で起床。
寝る前から起きたあとまで大型トラックがずっとアイドリングしててうるさかった。
阿蘇の坊中キャンプ場で管理人のおっさんから、『キャンプ場じゃない牛馬のいるところで野宿するとダニで感染症になって死ぬこともある』と教えてもらったので、ダニに比べれば平気だと思うことにする。


テントは駐輪場に張った。初。
だって他に屋根が無いから…。
どの道の駅でも、障害者用駐車スペースは屋根あるしトイレ近いしとても魅力的なんだけど、あそこにテント張ったら人間失格な気がして我慢してる。

道の駅の向かいにコインランドリーがあったので、旅立ってから初めて手洗いではない洗濯機を使った。
ジーンズを1ヶ月以上洗ってないのでそろそろ危ない気がして(;´∀`)

それにしても乾燥機、乾く乾く。
いつもなら手でもみ洗いして、絞って脱水して、走りながら自然乾燥だから、乾燥機の便利さが嬉しいw

スニーカー用洗濯機と乾燥機があったからブーツも洗ってみた。

しかし洗濯と乾燥で700円ぐらい費用がかかることを考えるとやっぱり手洗いが良い。
荷物を減らすために、肌着類は着てるのと合わせて3セットなので数日ためて一気に洗うのもできないし。

綺麗になって気持ち良く出発。

九州最東端の鶴御崎へ向かう。
最果ての例に漏れずどんどん人気が無くなって、到着する頃には誰も見なくなった。

途中で漁港は通るが町からはけっこう遠かた。
カラスとトンビがいっぱいいる。
鶴御崎には駐車場、トイレ、灯台しかない。
おまけに展望も悪くて今までの最果てでは一番寂しかった。

最近、交通量が一切無い所で一人ぼっちだと、早く町へ戻らないと…と胸騒ぎがする。
そういう野宿は怖いとわかってるからだろうなあ。

鶴御崎を後にして、あとはひたすら南下。
途中で道路をタヌキっぽい動物が横切って驚いた。
イヌ、ネコ、シカ、サル、キツネはあるけどタヌキは初めてだった。
動物園巡りしてるだけに動物を轢き殺すのは嫌だ…。


漁港にある海風館で海鮮丼を食いたかったけど定休日だった。

道の駅かまえ、のユッケ丼を食った。
ピリ辛だけど美味しい。
なんで辛いの苦手なのにユッケ丼にした俺は。


ここで雨が降りだした。
久しぶりの雨。
雨のなか、大分県から宮崎県へ入った。

道の駅のすぐ西、国道388はかなり危なかった。
いつ落石してくるかわかったもんじゃないし、落ち葉だらけで、道幅も無い、横は斜面。
久々に怖かった…。
こんなとき、天真爛漫でポジティブなサーバルちゃんがいたらきっと「大丈夫だよ、がんばろう?」って言いそうな気がして、ちょっと元気になるオタク。
推しはギンギツネちゃんとミミちゃんだけど。


やがて山中から川沿いに出た。ほっとする。

何度も言ったが、大分県と宮崎県の日向灘沿いは観光地らしい観光地が無く、昔走ったルートなので、どんどん進む。

夕方に宿の『門川温泉心の杜』に着いた。
この温泉、なんと入浴代込みで2870円。
時間制じゃないぶんネカフェ+温泉よりよっぽど良い。
Wifiがあれば最高なんだけど…。

明日は早起きして宮崎県の『フェニックス自然動物園』へ行く予定。
そのためにカメラの充電が必要なので宿にした。

動物園をまわりまくってるせいで目新しい動物は見かけなくなったが、その代わりに、例えば同じライオンでも動物園によって過ごし方が違うのを思い出したりして楽しんでいる。

ホンドギツネじゃないキツネが見たい。
あとアライさんが洗ってるところを1回は見てみたいんだけど。
スポンサーサイト

コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する