ジャパリパークの旅 [クロスカブで日本一周中]

ひとりの旅人と、擬人化されたバイクたちの、流浪のログ

日本一周航陸日誌0601 Day40

天気は曇り。
ついに6月になった。
沖縄離島に行くには日程に余裕持たせたいので、宮崎県はハイペースで南下する。

門川心の杜温泉を出発しようと思ったら、軽トラのおじさんが現れた。
年で足が上がらないからカブみたいなバイクが欲しいらしい。
やたら腰の低い人で、クロスカブの写真を撮りまくったあと別れたが、また戻ってきた。
何かと思ったら、おじさんは養蜂をやっているらしく、プロポリスの原液を餞別にしようと持って戻ってきたのだった。
ありがとうございます!!!

頂いたは良いが飲んだことないので怖いw
野宿じゃない時に試してみよう。

積載スペースに余裕が無くても餞別を断るなんて絶対できないので、これからも荷物は常に減らすことを心がける。

宮崎県フェニックス自然動物園へ。

今まで見てきたアライグマは黒かったが、ここのアライグマは茶色で何だか違和感があったw

キリンはアミメキリンではなく珍しいマサイキリンだった。
遠目だと区別つかないけど、模様が網目ではなく不規則。
網目と不規則、この違いは何か意味があるのだろうか。

トラもライオンも強化ガラスではなく檻だから見やすかった。
初めてライオンにおしっこをかけられるところだったw
話には聞いていたので避けれたけど、不自然にその場で後ろ向きになったら来るみたい。
ちなみにチョロロロ~ではなくブシャッという感じ。
ライオンのちんこは人間のそれに似てたw

ヤギの大行進が見れた。
先陣は若い子なのかドドドっと走っていったが、最後尾になるに連れて遅くっていき、最後の一匹は普通の速度だったw

コツメカワウソではなくユーラシアカワウソがいた。
動いてないカワウソは初めて見た。
ちなみに5/31は世界カワウソの日。

どんな動物園にもいるのが、ケープペンギン。
ペンギンとは思えないぐらい暑さに強い。今日は27度ぐらいあったはずだが、普通に日の当たる地面にいる。
あのふてぶてしい姿がちょっと可愛い。

ミミナガヤギは名前そのまんまで耳が長い。
似たようなヤツがスター・ウォーズの登場人物にいた気がする。

サルもたくさんいたが、むかし『猿の惑星』を見てからというもの何か苦手…。
ワオキツネザルとかサルっぽくなければ良いけど、チンパンジーとかは駄目です。
でもけものフレンズアニメに登場したキンシコウはいつま見たい!

ミーアキャットはどこの動物園でも地面を掘っている。
あちこち穴だらけなんだがそれでも掘りたいんだろうなw

掘るつながりだと、モグラもいた。
室内にモグラの地中路を模したパイプを張り巡らせた展示方法で、その中を行ったり来たりしていた。
つまりモグラは地中じゃなくても生きていけるのか。
顔が見えなかったのが残念。

今回、特に可愛かったのはカヤネズミ。
初めて見たし、親指ぐらいの体長で、体重は500円玉ぐらい。
巣に見立てたガシャのボールの中に収まってる姿はもう可愛すぎてニヤニヤしてしまう!!!自分が気持ち悪い!!!

大きい動物園ではないがけっこう楽しめた。
引き続き南下して、青島神社へ。

鳥居が洗濯岩の横にある。
亜熱帯地域の神社という風体で、境内は植物だらけ。
普通の神社のイメージとはかなり違って面白い。

それにしても暑かった。
宮崎県に入ってからあちこちでマンゴーの特産品を見るのも頷ける。
宮崎限定のマンゴー味スコールを飲んだ。

港の駅目井津、のカツオめしが食いたかったがオーダーストップ。
代わりにカツオめしチップスを買った。これでも旨そうw

道の駅南郷、で晩飯にしようと思ったが16時半でレストランは終わってた。またですか!!
田舎の晩飯ほど困るものは無い。
仕方ないので近くのスーパーでのり巻きと割引になったチキン南蛮が晩飯。

今日は道の駅で野宿して明日は都井岬を見て行けるとこまで。

スポンサーサイト

コメントを投稿する












管理者にだけ表示を許可する