放浪オートマタ/クロスカブ

WandeR:Automata/CrossCub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シートを交換しました【クロスカブ】

うちのクロスカブ(JA10)のシートは純正のを茶色く塗装してあるんですが、日本一周を経て、かなりハゲてしまいました。


良く言えば、「味がある」見た目。

ホンダドリームのスタッフにも、変えない方が似合うんじゃ?とか言われました。


でも純正シートは足付きが悪く、通勤でも使ってるので足付きを良くするためにも変えました。


純正の代わりに付けるのは、現行スーパーカブのパールシャイニングイエロータイプなどに装備された、茶色とベージュのツートンカラーのシート。




せっかくなんで比較。

右がクロスカブのシート、左がスーパーカブのシート。





クロスカブの方が何となく反り返ってる感じ。スーパーカブの方が平らです。





全長は同じですが、現行スーパーカブの方が前側がスリムですね。



実際に交換して撮った写真がこれ。





何回も通勤してわかりましたが、足付きは断然良くなりました!

そりゃあ、形がスリムになれば当然ですよね。


具体的に言うと、自分の身長が171cmで踵が着けれなかったのが、着くようになりました。とても楽~。

その反面、座面が狭くなったせいで長時間乗ってると疲れるかもですが、まだ1時間未満の通勤でしか使ってないのでわからん。

元々がクッション性の高いシートなので杞憂かもしれません。違いがわかったら報告します。



さて、ツートンカラーのシートもお洒落なんですが、軍用バイクにそんなお洒落は不要なので、ベージュ部分だけ塗装しました。

昼にホンダドリームで受け取った新品ですがその日のうちに手を加えてしまいます。

マスキングテープ、ガムテープ、新聞紙でしっかりと準備し、染めQブラックで塗装。





シンプルになりました。





ホンダのロゴは消えると思いましたが、偶然にもエンボス加工風になりました。





ちなみに、旧型クロスカブと現行スーパーカブのシートヒンジは同じものなので、何の加工もせずに交換できます。

ただ、幾度かの通勤で乗ってますが、塗装する前に脱脂やミッチャクロンを吹かなかったせいか、既にハゲてきてます。

まぁ、それも「味がある」ということでw


シートの色を変えたい方は染めQで塗装するのも良いですが、張り替えるのも一つの手なので、検討してみては?



シートと関係ないですが、車体のカムフラージュグリーン色、日の光の当たり具合によって緑色が微妙に変わるので、見ていて楽しいです。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。