放浪オートマタ/クロスカブ

WandeR:Automata/CrossCub

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【クロスカブ】ヘッドライトガードを装備しました

SP武川のヘッドライトガードを買いました!







相変わらず、純正のまま取り付けてないので、順を追って説明します。

純正を純正の車体に取り付けようとしてる人には参考になりません。というか、ほとんどの人に参考にならないけど。

買った理由は、ミリタリー風になって格好良くなりそうだからです。




購入したのは旧型(JA10)クロスカブ用の、SP武川というメーカーの、ヘッドライトガードです。


ライトのレンズに何かがぶつからないようにライトを覆う鉄の棒です。戦車や軍用車によく着いてます。







本来の純正旧型クロスカブであれば、ヘッドライトにこうやって着けるものです。






しかしうちのクロスカブは、スーパーカブ(JA10)プロ用のフロントキャリアにヘッドライトを装備しているので、そのままでは取り付けできないはずです。


試しに当ててみたら、やっぱり4カ所の棒が長すぎて干渉しました。テープが貼ってあるところです。






それなら、干渉する部分を切断すれば取り付けれるはず。


固定箇所が4カ所から2カ所に減ることになるけど、可動するパーツではないし、最悪、結束バンドで補強すれば良いと考えました。


購入する前からそれらを見越していたとは言え、ほとんど賭けでしたけどね。




で、切断したらこうなりました。切断面がわかりやすいです。






ホームセンターでサンダーを借りて自分で切るつもりだったんですが、ずっとお世話になってるホンダドリームにライトガードを注文した時、「うちでやりますよ」って言ってくれたのでお言葉に甘えました。ありがとうホンダドリーム!


切ったままだと危ないのでヤスリでバリ取りしました。


色が赤色じゃおかしいので、黒く塗装します。


ライトガードは純正車体色と同じ3色(赤、黄、メッキ)が販売されてますが、メッキの上からの塗装は剥がれやすいので、赤を選びました。


たまに忘れますが、うちのクロスカブは元はグレーですw




塗料は使いやすいラッカースプレーではなく、耐熱塗料のスプレーにしました。


暖房器具や車のマフラーなど高温になる箇所に塗布しても剥がれない塗料です。



ライトの光で熱くなるパーツとは言え、耐熱は要らなさそうですが、以前、マフラーガードを塗った時に食いつきが良かったのと、色がツヤ無しの渋い黒色になるのが気に入ったので、使うことにしました。





耐熱塗料は通常の気温では硬化しないので、乾燥させたあとヒートガンで熱して完成。


次は取り付けです。



ライトガードは、ライトをキャリアと固定しているボルトと一緒に共締めするようになってます。


ライト内部のナットは固定されてないので、ライトガードを付けるには、ナットを接着しないといけません。


これは純正とか旧型とか関係無く、やっておかないと不便です。ライトガードの説見書にも書いてあります。





なんでこんな仕様にしたんだホンダさん…。


ナットは接着面の反対側に押されるので強固な接着剤じゃないと外れますよ。苦労しました…。


ナットが固着したのち、ライトガードを取り付けて完成!








予想通りの格好良さです!さらにミリタリーっぽくなりました。


クロスカブが全体的に暗い色味なので、今まではヘッドライトだけが浮くような印象でしたが、ライトガードが装備されたことで統一感が出ました。





ライトの光を妨げることになるので心配してましたが、もともと原付のライトなんて明るくないのでほとんど気になりませんでした。


大成功のカスタムでした。Ураааааа!!!





スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。