ジャパリパークの旅 [クロスカブで日本一周・完]

ひとりの旅人が、擬人化したバイクや獣達と綴る、流浪の記録

【クロスカブ】USBシガーソケット電源を取り付けた(加工編)



前回の最後で書いたように、ナズナちゃんでスマホを充電できるように、USBシガーソケット電源を付けました!

スミレさんの時はホンダにやってもらったけど、今回は自分でやってみた。


それは感心だ、オーナーはバイク乗りとして成長しようとしているのだな!


そ、そうだとも!(カネが無いから自分でやってるだけなんて、目キラキラしてるナズナちゃんには言えない)



それにしても、CBR250Rの時はミラーとかキャリアとか簡単に付けれるものしか自分でやらなかった気がするなぁ。

自分でカスタムことに憧れてはいたけど、下手に弄ったら壊れそうな気がしたり、面倒だったりで。

でもやっぱり、自分で弄ったほうが愛着が湧くし、ちょっと自信がつくね。

まぁ、それに、カブならもし失敗して壊れてもホンダですぐ治してくれそうだしテヘペロ


投げやりじゃないかあー!(涙


素直にごめん、泣かないでくれ(苦笑)

でもね?「カブならイジれるかも」って思わせてくれる、カスタムすることへの敷居の低さは親しみがもてるよ。


そう、なのか・・・?なら、良いんだ。


じゃあ、加工手順紹介しますかねー。なにより最初に、どこから電源を引っ張るか、決めます。

決めるにあたって、クロスカブについて書いてる、いろんなの方のブログを参考に勉強しました。

王道の、PGM-FI サービスチェックカプラーから電源を取ることに決めましたよ。


そのカプラーはPGM-FI(ホンダの電子制御式燃料噴射装置)の自己診断機能やデータをチェックするためのものだな。


クロスカブ側の配線を加工しないで済む場所だから、そこそこ合理的な方法、かな?



やり方が決まったら、電源付けるための道具と素材を用意。



電源ソケット、電工ペンチ、ギボシ端子セット、Y型接続端子、4P090型HMオス端子側カプラキット。

自己融着テープと、clausius製スマホホルダーは今回の記事では使わないです。

じゃあ、作業開始!


その1.まず、電源ソケットのコード先端(+も-も)をちょん切る(ちょん切った線は後で使うので捨てない)

本体側の線に防水パッキンを入れて、配線の皮むいて、ほつれないように線をよじる。

で、オスのギボシ端子を電工ペンチで圧着する。これだけで電源ソケット側の加工は完了です。




作業画像をかなり端折ってないか?


他所のブログでも詳しく記事にされてるから別に良っかなー、とw


(先の、バイク乗りとして成長はしているが、やはり、お気楽人間・・・)


その2.次は、カプラーキットに刺す線の加工です。先ほどちょん切った線を使います。

と言っても、これも両端の皮むいてパッキン入れて、ギボシ端子のメスと、カプラに刺すオス端子を圧着するだけ~。




手先の器用さは必要だが、思っていたより簡単だな?


そだね、小学校の図工レベルだった。


その3.ちょん切って作った配線を、薄緑色のカプラーキットに差す。

黒色の防水パッキンは細いもので押し込めばOK。

一つだけ注意することは、薄緑カプラーに差し込む穴を間違えないこと。



なぜなら、この薄緑カプラーを車体のサービスチェックカプラーに刺すわけなので、プラスとマイナスを間違えたら大変。


この写真の向きで言うと、カプラーの4つの穴のうち、右上にマイナスの線、左下にプラスの線を差すことになるな。

電源ソケットのコードは、マイナスは黒一色のコード、プラスは白黒のコード。

・・・写真だとどっちが黒でどっちが白黒かさっぱりわからないぞオーナー。


・・・当ブログヲ見テ実行シタ作業ノ失敗等ニツキマシテハ一切責任ヲ負イマセン。


なに駐車場の看板みたいな台詞言ってるんだ、逃げるな。


ぐぬぬ・・・あまり考えずに写真撮っちゃってた。でも、もし間違って差してもカプラ―内のツメを押せば何とか外れるらしいよ☆

以上。 電源増設のための配線加工は完了です。あとは車体への取り付けだけど、また次の記事で書こう。

最後に、使った部品の写真載せておきます。後で見返すかもしれないし、俺が。






ちなみに、その1とその2は、Y型接続端子をつけるための加工なので、ただ電源増設したいだけの人は省いて良しです。

でも、Y型端子を付けておけば、電源ソケット以外の電子機器を使うことになっても取り付けが簡単。


フォグライトとかグリップヒーターとか、取り付ける候補はあるからな。


何だか、やりたいカスタムがどんどん出てきて、なかなか一段落しないなぁ・・・秋頃にはナズナちゃん大変身してそう(汗


私はそれでも嬉しいが、やることが無くなるのもつまらないから、落ち着いてカスタムしていこう、オーナー。


そうだよねえ、忍耐力が要る!(迫真

じゃ、次の記事で、車体へ配線しますのでノシ。




【クロスカブ】ヘッドライトバルブを明るいタイプに交換



こんばんは、遠です。梅雨が本格化しましたね~・・・でも、ツーリングに行けないならカスタムすればいいじゃない!


かの有名なセリフのオマージュか。身分の低いオーナーが言うと物悲しさが漂うからやめたほうがいいぞ。


乗ってるのは豪華な馬車じゃなくてバイクだしね・・・。


キャンプオフ会する前に、2点カスタムしていたので順序は逆になりましたが投稿します。

今回はヘッドライトバルブの交換でーす。


ああ、長野まで慣らしツーリングに行った時にトンネルの中で、暗い暗いと連呼して不安そうにしていたせいだな。


そうそう。ネットでググったら、カブ系の純正ヘッドライトは暗い仕様らしいと知ったよ。


そもそも、私達カブに高スペックを求めるのが間違いなんだ。

ちなみに、私のヘッドライト形式は12V 35/35W HS1/H4


バルブはCBR250Rでもお世話になった定番のM&Hマツシマ製で、品番16AHのB2クリアに交換することにした。

明るさ感は60w級らしいからけっこう変わるはず。

B2クリアは普通の電球色タイプ。市街地での視認性よりも、雨天時やオフ走行での見やすさを重視しました。


オーナーはバイクに乗る時はカラーレンズの眼鏡をかけていると、スミレさんから聞いたぞ。


1年以上前からかな。このレンズ、夜でも見やすいように、レンズはオレンジで、ミラーはピンクにしてます。

オレンジやピンク色は光の波長が長くてガスやホコリが多くても見通しが悪くなりにくいし、対向車のヘッドライトの眩しさを軽減する効果もある。それにワインレッド系が好きな色。




ヘルメットシールドをミラーにすれば良いじゃんと思うかもしれないけど、あれ暗いし青空も暗く見えるから嫌なのです。

つまり目線を隠して、お洒落も取り入れつつ、なるべく見にくくならないという、工夫のアイウェアなのです!

このメガネなら、信号待ちで可愛いJKを見つけてジッと凝視しててもバレにくい!


だ、誰か警察に通報、通報を・・・ッ。


いやいやボケただけだからね!ナズナちゃん真面目に受け取らないように!(半分本気だけど)



さて、じゃ、バルブ交換の手順を紹介します。 と言ってもたくさんのブログにやり方書かれてるので簡単に。

まず最初に、ライトの左右にある黒いネジと、下にある銀色のネジを外す。レッグシールドとかと違って固くないので嬉しい。

パカッとレンズが外れる。



いや~、スミレさんのポジションライトは楽だけど、ヘッドライトは交換が面倒すぎてホンダに投げたから、こんなに簡単だと感激するねw さすがカブ。



私の悪口とは良い度胸ですね、オーナー?


ひぃッ!すいません!!!


あ、一言で帰っていった・・・。

完全に尻に敷かれているのだな。


そうだね・・・バイクだから尻乗っけてるのは俺のはずなんだけどね・・・。


で、レンズを外したら次はゴムカバーで覆われたカプラーを抜く。ドーナツ状のゴムカバーにぶすっと刺さってるのがカプラーです。

これがちょっと固いですが、抜くとバルブが見える。

次にドーナツ状のゴムカバーを外し、2か所の小さいネジを外してストッパーを外す。と、こうなる↓



あとは純正バルブを抜いて、新バルブを差すだけ!ガラス部分は指では直接触らないこと!


バルブのガラスに指脂が付くとその脂が過熱されてガラスが割れたりするからな。


こんな基本的なこと、このブログ見てるライダーは皆知ってるだろうけど一応。

バルブ交換したら、逆の手順で戻すだけ。完成!



車検が無いから光軸は大体で良いんだけど、実際どんなもんか知りたかったのでホンダに行って診てもらった。

整備士K君はいつも本当に親切にやってくれて助かる!


彼とはスミレさんの納車以前から親交があるらしいな。そういう信頼できる整備士は貴重なはずだ。


今度会ったらアイスか何か買ってきます、って約束しておいたw


以上。こんな感じでバルブカスタムは終了です。

作業が昼だったから光量比較できなかったけど、確かに明るくなったと思います。これでもう暗くても怖くない!


この前のオーナーは、トンネルの中で路面をずっと凝視してたから、逆に私が怖かった。


クロスカブ、タイヤ細くてパンクしたらコケそうだからさ。

残るライト関係のカスタムはリアウィンカーを丸目にしたいけど、趣味性が強いからまだまだ先かなぁ。

だから次は、USB電源ソケットの増設と、スマホホルダー取り付けだ!


スマホホルダーは簡単だから良しとしても、ソケット増設なんてオーナーにできるのか?不安だ・・・。



【クロスカブ】大型リアキャリアとメッシュインナーラックを装備!



納車してまだ、日数経ってませんが、はやくキャンプツーリング仕様に改修したいので、カスタム始めてます!

って、ナズナちゃん何で落ち込んでんの?


・・・落ち込みもするだろう!私の擬人化した姿の胸が大きい理由がただの趣味だなんて、・・・ただの変態じゃないか!(泣


前回の記事のあれか!すごく真っ当な意見だね!!ごめんな!!!

でもほら、納車してもうカスタムしたから元気出して、泣かないで、な?

今回装備したのは、ナナカンパニー製大型リヤキャリア(JA10用)と、アウトスタンディング製メッシュインナーラックだよ?


ふん・・・、それで機嫌を取ろうなんて軽々しく思わないことだ。でも、許したわけではないが、記事は続ける…。

しかし、いきなり積載パーツ2つとは…。オーナーは、私の胸もそうだが、わかりやすいヒトだな・・・。


スミレさんのキャリアをカスタムしたのは納車してしばらく後だったんだけどね~。

リヤキャリアの装備は簡単。まず純正キャリア上部のボルト2個を外し、リヤサスのボルトを緩めて後方にぬるっと外す。

あとは、大型キャリアを逆の手順で付けるだけ。

整備知識の無い俺でもできました。まぁ、スミレさんの時もキャリアは簡単だったし。

そんなことより、キャリア、でかい!!!




ふふ、私たちカブの積載性能を舐めてはいけないな。

でも何故、このキャリアにしたんだ?


そうだなぁ、純正キャリアの後ろに足す感じのキャリアは何か、いかにも付け足した感がカッコ悪いと思った。

他の大型キャリアはこれより小さかったり、後方が跳ね上がっててフラットじゃないからホムセン箱が積みにくそうだ。

このナナカンのなら大きくてフラットで、玉突きフックの数が多いし、グラブバーも付いてて、一番使いやすそうだから。

純正キャリアも十分大きいんだけど、比較すると規格外。




CBR250R、いや、スミレさんでキャンプをした経験が活きているのだな。 (このオーナー、実はしっかりしてるのか?)

そういえば、サビの問題があったんじゃないか。


そうなんだよ~。通販で買ったキャリアの裏面の一部とステーがサビてました。

ナナカンに問い合わせしたところ、在庫はどれもサビているらしい(汗

中国生産で船で輸送中にサビているらしく、改善要求しているが変わらないんだって。

俺以外にも5人ぐらい同じサビのクレームがあったらしいよ。やっぱ中国製品、というか中国人はスペックが・・・。


私達自身、中国産だからちょっと悔しいな・・・。

ホンダ経営陣も中国製品の粗悪さには頭を悩ませているらしいから、大企業ではない店なら余計に大変だろう。


そうそう。まぁ怒っても仕方ないし諦めるしかない!ということで、一応サビ止めスプレー吹いておいたよ。

さっきナナカンのサイト見たら、「サビている可能性」って注意書きが足されてたから、ナナカンさんも頑張ろうとしてるのさ。


さて、気分切り替えて、ラックの紹介ね。


アウトスタンディング製メッシュインナーラック。レッグシールドの裏側に付ける、小物入れだな。


とりあえず、取り付け完成図はこう。




これもやっぱり、思った以上にデカかったw

500mlのペットボトルを2本立てて、さらに中央に何か入れれるほどの容量がありますわ。


これの取り付けはキャリアより苦労していたな。


そう、とにかくボルトが固い!どっかのサイトにも書いてあったけど、ほんとに固い!

一般ドライバーじゃ力が入らなくて俺には無理でした。実際、左側なめちゃったのでホンダドリームに行って緩めてもらいましたw

ついでにキャリア取り付け後の締め付けトルクも見てもらった。


色んな工具を買ったほうが良いな。せっかくだから私で練習するといい。


優しいなぁ(*´ω`*)  ・・・ナズナちゃんをロリ巨乳にした張本人なのに俺。


そ、それはもう言わなくていいっ!


で、ボルトが固い以外は普通に作業できました。

コンビニフックが付いてた下部のボルトを外し、仮付けして位置を確認。レッグシールドに印を付けて、6mmドリルで穴開け。

あとは4カ所を付属のボルトで留めて、完成。

はやくペットボトルとかお菓子つっ込んでツーリング行きたくなったよ。


遠足じゃないんだぞ・・・と言うか、そうだ、まだ私のエンジンは慣らしも終わってないんだからな。気合を入れてくれ。


大嫌いな梅雨に入っちゃったから、走れるときに走らないと駄目だよねえ。

あっ、でも、サイドバッグとか見に行きたいんだけど!?サイドバッグサポートの自作もしないと!あと何か


作るのは後で良いから、とにかく走るんだ!ほら、行くぞオーナー!




デイトナ製汎用ナックルバイザーをカスタム



こんばんは、アゥルです。

寒くなってきましたね~、もうすぐクリスマスですよ。



さて、先日、新たなパーツ「ナックルバイザー」を装備したので記事にしますね。

ナックルバイザーというのは、手の防風用にハンドルに付ける『 〕 』みたいな形のカバーのこと。

うちのすみれさんは、グリップヒーター+安くて暖かいハンドルカバーの併用で、指先の寒さとは完全に無縁なので、防寒という点では不要なんですが。


悪天候時の性能には自信があります。(ささやかなドヤ顔


何て言ったって、CBR250R旅仕様の最高峰モデルを目指してきたからねw

しかし、ハンドルカバーは、走行中にカバーから手を出し入れする動作(ヤエー等)が素早くできず、安全性に不安がありました。

以前からナックルバイザーを試してみたくて、しかも知り合いのロウさんがハンドガードを装備したのもあって、購入に至ったのです。


補足ですが、ナックルバイザーもハンドガードも形状は同じようなもので、色々な呼称(ナックルガード等)があるだけです。

強いて言うなら、手の防風を考えてあるものと、手への負傷から守る(林道を走る際に枝などから)ことを考えてあるものの、2種類があるということかしら。


自分の目的に合わせた形状を買えばいい、ということだねー。

購入したのは、デイトナ社製の汎用ナックルバイザー。取り付け用のステーも買いました。




オフ車用ハンドガードと違って、完全に風を防ぐ形状になってる。





仕事明けだしもう夜だったんだけど我慢できなくて、キャンプ用ヘッドライトを頭に装備し、ランタンも置いて、取り付けを試しましたw





見るからに怪しかったわ・・・夜の住宅街でバイクをごそごそと弄る男ですもの。


結局、本格的な取り付けは後日に流れたけど、試した成果もあった。

『フルステア時にナックルバイザーがスクリーンとサイドカウルに接触してハンドルロックができない』という問題が浮上。


そして後日。


色々考えたり調整した結果、『スクリーンの両端を切ればハンドルロックは可能になる。が、フルステア時はミラーに接触するのでこれはもう我慢するしかない』という結論に。


ハンドル切れ角が仇になってしまいました・・・。


うーん、まぁ、仕方ない。

とにかくスクリーンを切ることに。

しかし、金ノコではなかなか切れないしスクリーンが割れそうな気さえして悪戦苦闘・・・一体どうしたら・・・






焼き切れば良いんじゃないか






・・・切るというか破壊してますけど。


「画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合があります。」(`・ω・´)キリッ



さっそくガンダムシリーズのヒートホーク技術を活かすべく、家にあった鉄櫛や、買ってきた金ノコをバーナーで加熱!






やってみたら切れる切れる~♪ スクリーンが割れる心配は無いしまっすぐ溶断できる!

個人的には鉄櫛より金ノコのが楽だった。やっぱり切る道具だしね。

切る目安&スクリーンの傷防止のために、養生テープを貼ってから切るといいです。



はい、この通り、必要最低限の箇所をぶった切りました~。・・・ってすみれさん、何だか機嫌悪い?





断面をやすりがけして滑らかにして欲しいのだけれど・・・いい加減な仕事と判断できます。

殴っていいですか?


すいませんわかってます!効率良く削る道具が無かったからそれは追々やります!!!



さて、スクリーンを切ったら、ナックルバイザーの取り付けに移ります。

CBR250Rの場合、ハンドルにあるミラー穴に取りつけることになるね。写真の中央下のややぼやけてる穴です。



前は車載カメラを左の穴に取り付けてたけどそれはもう外した。


ずっと前にも説明したはずですが、このミラー穴には、M10ボルトの細目(1.25)ピッチが適合します。

今回はナックルバイザーの高さ調整のためにスペーサーを挟んでるので、ボルトの長さは25mmか30mm。

この規格のステンレスはホームセンターにはあまり売ってないのでバイク店へどうぞ。


ちなみに、右側にはボトルホルダーを以前から装備してたので一緒に取り付けた。

ナックルバイザーって、取り付けは簡単だけど、スクリーンとかとの干渉の問題をどうするかが、難しい点だね・・・。


ともあれ、これにて完成!








実はこの時点で、『フルステア気味にハンドルを切ると、ミラーに接触して止まったナックルバイザーにレバーの丸い部分が当たって、ハンドルだけがさらに曲がろうとするため、レバーが動作する』という問題が残ってました。

つまり、フルステアした場合、左に曲がるとFブレーキ、右に曲がるとクラッチレバーが勝手に押されるということ。



走行中にそこまで曲がらないけど、微妙~~に気になるので、ナックルバイザーに穴を開けてレバーの干渉も無くし、開いた穴はカッコ悪いのでカッティングシートでやんわりと埋めました。

やっぱりバイザーが大きいほど問題もあちこちに出てきます(苦笑


しかし大きいぶん、防風性能は高いでしょうし、雨もある程度防げるのではないかしら。


でもハンドルカバーほどの防寒は無理だろうし、真冬の早朝に走ってみないと何とも言えないね~。

まぁ、使い勝手は良さそうだし、何とかなるでしょ。


そうですか。寒いのは私ではなくオーナーなのでどうでも良いのですけど。

そろそろカスタムする箇所も減ってきた気がしますが、オーナーはいかがですか?


まだ換装したり手を加えれるところはたくさんあるけど、車体の性能としては現状で満足かな。

サスとか変えてさらに性能を追求するか、あとは見た目だね。


それよりも来月はクリスマスツーリングがあるから、そっちが気がかり。


またオフ会に参加するかもしれないし、来月の記事は賑やかになるかもしれませんね。

それでは、これにて締めさせて頂きます。またのお越しを。

CBR250R 『A.V.E.N.』仕様、第二次全塗装完成



暑くなってきましたが、皆さんお元気ですか~。名古屋は亜熱帯です・・・


しばらくバイク記事から離れていました。というのも塗装のためにアヴェンさんを預けていて書きようが無かったので(汗


しかし、ついに、第二次全塗装という愚行が達成され、アヴェンさんが戻ってきました!その全容がこちら!





かっこ良いぃ―――ヽ(* ゚∀゚)ノ

指定したとおりの色になりました!天気が曇りでも、しっかり綺麗な紫色です!


お陰様で、明るい紫に変わったことで、スタイリッシュなスポーツバイクらしさが戻りました。

・・・嬉しくなんてありませんので、別に。


珍しく喜んでるねククク。

前は色が黒くて、ヘッドライト周りのどこを塗ってるのかわかりにくかったけれど、どういうオリジナルデザインなのかハッキリしたと思います。




スクリーンがヘッドライト近くまで延長しているような印象を与えるだけでなく、三灯風を強調するデザインなのですよね。


自分勝手で自意識過剰なこと言いますが、このデザイン、パクらないようにお願いしますwやっぱりオリジナルで在りたいので。


実は、前回の塗装と違って、タンクにHONDA翼のステッカーを貼らなかったので、いっそうCBR250Rだとわかりにくくなったはず。


それに加えて、実は、前回と違う箇所がまだあります。

ヘッドライト上部にスモークシートを貼って、さらにミラーも変えてあるのは、皆さん気づいたでしょうか?


そう、車のライトをスモークレンズ化するシートを貼り、ライトを細目鋭角に錯覚しやすくしてます。するかどうかはともかく(汗

多少光量は落ちますが、光軸の中心にはスモークかかってないので、夜間でも危ないことはありません。・・・たぶん。





さらにさらに、ミラーは新型二灯CBR250Rのを装備しましたw

うちの子は旧型ではなく新型です(`・ω・´)キリッ


(旧型のコンプレックスに対する気遣いかもしれませんが、むしろ恥ずかしい気が。)


ナポレオンミラーは身短くて後ろが見えにくいのと、付けてる人たくさんいてかぶるのが嫌だったんだよねえ。

新型ミラーは旧型ミラーより短く、尖った形に変わってました。これもスポーツバイクらしさを演出する要因。

旧型>>>>新型>>ナポレオン、ぐらいの長さ。


まぁ、新型ミラーの取り付け位置が旧型より外側かもしれないので、新型CBRと旧型CBRでどっちが視認性良いかはわからないので、参考までに。

ナポレオンミラーはゆらりん氏にあげる予定だけど、純正ミラーどうしよ・・・



ともあれ、自分好みになって本当に嬉しいカスタjムでした!


オーナーの行動は常に、私の予想の遥か上を行きますが、今回は特別でした。

ともあれ、これでカスタムは終了ですね。


何言ってるんだ、まだまだやりたいことあるよ?


えっ・・・


えっ・・・カスタム終わると思ってたの・・・

ひとまず北海道ツーリングが終わるまでは、カスタムはしないと思うけどね。


( こんなにバイクに資金を費やして・・・はやく真人間にならないでしょうかこの人・・・ )


早く、新しくなったアヴェンさんと共に北海道へ旅立ちたいね~。そのために今はひたすら働くしかないな!


( その情熱を仕事にまわせれば良いのに・・・ )

次回の記事は北海道ツーリング計画か、フリーダムウォーズについての記事になると思います。

訪問ありがとうございました、またお越しくださいませ。