放浪オートマタ/クロスカブ

WandeR:Automata/CrossCub

俺がソロキャンプに持って行く全装備


テント一式
グラウンドシート
タープ
タープポール190cm 2本
スリーピングマット
オールウェザーブランケット
寝袋
シュラフシーツ
シュラフカバー(冬)
ペグポーチ
  ペグ20cm 12本
  ペグ30cm 4本
  ペグハンマー
椅子
テーブル
ゴミ箱用バッグ
ゴミ袋
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
焚き火台
耐火シート1m×1m(焚き火台の下に敷く)
火ばさみ
耐火手袋
着火剤
火消し袋
バトニング用ナイフ
反射板(冬)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ソロクッカー
バーナー
フライパン
ケトル
チタンマグ(夏)
保温マグ(冬)
保温ボトル(冬)
ガス缶 2個
折りたたみ皿兼まな板 3枚
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ショルダーバッグ
 モバイルバッテリー
 ウェットティッシュ
 トイレットペーパー
 食材一式
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ポーチ
  LEDランタン
  ヘッドランプ
  電池
  ライター
  火吹き棒
  調理用ナイフ
  カトラリーセット 樹脂製とチタン製
  調味料
  インスタントコーヒー、紅茶、コーンスープ等
  風呂用タオル2枚
  歯ブラシ
  歯磨き粉
  予備眼鏡
水ペットボトル2ℓ




_______________________________________
『バイクでキャンプ初心者向け、最低限の道具』

 料理はせずに外食するor誰かに作ってもらう。
 料理、焚き火のあらゆる道具は全て誰かに任せる。
 雨だったらタープに入れさせてもらう。



テント一式
 自立ドーム型が簡単。生地の素材の選び方も重要。
グラウンドシート
 無くても寝ることはできる。防水性の向上、テントの床の防護などを考えると買ったほうがメリットが大きい。
 ブルーシートは嵩張るのでおすすめしない。
寝袋
 キャンプシーズン4月~11月に使うなら限界使用温度が0度前後のもの。モンベルだと#3。幅広く使える。
 オフシーズンの冬に使うなら限界使用温度がマイナス5度前後のもの。モンベルだと#2。ただし重ね着前提。
 キャンプ好きは温かい季節用と寒い季節用で2個持ってる人が多い。
マット
 銀マットでも寝れることは寝れるが快適ではない。
椅子
 背もたれの無い椅子は結局くつろげないので安物買いの銭失い
マグカップ
カトラリー
ヘッドランプ
 ランタンは後々買うとして、こっちのが色々と便利
電池
ライター
歯ブラシ
歯磨き粉

スポンサーサイト



ティピーテントを買ったけどドームテントに戻った3つの理由


この前ふもとっぱらに行ったらワンポール(ティピー)テントだらけで、流行ってるな~と思いました。


あのネイティブっぽい格好良さに惹かれて自分も買いましたよ。


買って何度か使ったのは、テンマクデザインのパンダTC。超人気のソロ用ティピーテント。




これ、ポール忘れてタープ用のポール使ったときですが、それでも見た目は最高です。


でも、使ううちに、自立式ドームテントを数年使ってきた経験から、欠点ばかりが目立ってきました。

だから結局、ドームテントに戻りましたw いや~、絶対に楽ですよドーム。





①収納サイズがデカい

パンダTCの収納サイズは49×25×16cm。

これに近いサイズで、ドームテントと言ったら、「クロノスドーム4型」 43cm×∅20cm。

つまり、1人用ティピーより4人用ドームの方がコンパクトという結果に。

収納バッグは本当にキツキツで、綺麗に畳んでも収納するのに苦労するほど。

パンダTCの素材を軽量にしたパンダライトが52cm×14cmなんですが、素材を軽量にしてもやっぱりデカい。

上記のクロノスドームはキャンプ用ドームテントなので、これが山岳用ドームテントならもっとコンパクトです。下の写真がその例。



写真はパンダTCと、山岳用コスパ重視系ドームテント(ガチ登山メーカー製の2人用)の、収納時の大きさを比較したものです。

高級モデルのドームテントならさらにもうちょっと小さくできます。

ドーム+ソロタープと、ティピー単体でも、まだティピーのが大きいでしょうね。

もちろんパンダにはでかい前室があるので収納時も大きくて当たり前なんですが、それを念頭に置いても欠点が大きいことを次で書きます。





②空間の無駄

ティピーの形は三角形 △

ただし、中心にポールがあって半分に割るので、寝る空間はこういう形 ⊿ 。残り半分は広い前室のようなもの。

ドームテントは半月形。前室は狭くて料理ができる程度。

インナー底面積は、パンダが250×115、上記の写真のドームが213×130。

インナーの高さですが、パンダは構造上、外側の壁の傾斜が強いので、高さ115cmですがもっと低く感じます。

インナーの真ん中で寝ると思うので、寝転んだ時の天井というか、目の前に天井が迫る高さはポールの3分の2程度になる。

ドームテントの場合、壁がゆるやかに立ち上がるので、隅っこでもそんなに窮屈さは感じません。



ティピーはポールの立つ中心はかなり高いんですが、構造上、立ったまま歩き回れるわけではないのであまり意味は無いです。

屈んだ姿勢でテントの中を移動することになるので、それならもともと天井の低いドームテントと似たようなもんです。

むしろ天頂部が無駄な空間になってます。



また、ドームテントに比べてずっと広い前室があるのは良いんですが、それを快適に有効活用できるかどうかは別の話。

雨が降ってるからフライの下で過ごそうと思っても、⊿形の中で椅子に座ったら当然、めちゃくちゃ天井が近くて狭いです。



あくまで広い前室であって、快適ではないから、結局はテントを出てタープの下に行きたくなります。

でもテントから出てしまうなら、テイピーである必要は無いんですよね。





③非合理的な設営

「ティピーはフライシートから設営するから雨が降っていてもインナーテントが濡れずに済む」というメリットがある。

でも、実際のところはどうなのか。

設営は、まず最初にフライを地面に敷くところから始まる。




写真は家で乾かしたあとのものですが、キャンプ場でもこんな感じで広げていきます。


じゃあ、もしその時、雨が降ったあとで地面が濡れていたら?


当然、地面に置いたフライシートは濡れるし泥まみれになる。ちなみに地面が乾いていても落ち葉や砂土が付着する。


その後の作業もフライが汚れてるせいで、他のものも色々汚れるかもしれません。


確かにインナーそのものは濡れないけど他の不都合が多すぎる…。


設営がこういう状況なので、撤収する時もまた同じようにフライは汚れます。


せっかくフライが乾いても、また地面に置いたら濡れるので、本末転倒です。


地面に置かずに畳むのは至難の業で、畳めてもキツキツの収納バッグに入るほど綺麗には畳めないでしょうね。


対策として、フライと同じ面積のグランドシート(フットプリント)を使えば汚れは防げるけど、収納サイズはより嵩を増すことに…。





一方、これがドームテントなら、ポールを組み立ててインナーを接続しフライをかぶせて設営するので、フライは地面に接することは無く汚れない。

雨が降っていたら確かにインナーは多少濡れるが、まともなインナーなら撥水加工がされてるので数分程度は問題無い。


撤収の時も、インナーの上に被せたままフライを畳むので汚れない。


グランドシートは使うが、ティピーよりドームの方が小さいし軽い。






以上です。


そもそもティピーとは、アメリカの平原で暮らすインディアンの部族が使っていた移動用住居の構造を模してます。

移動用住居と言っても、キャンプのように1日だけ使って撤収するような使い方ではなかったわけです。

ある程度の設営撤収の手間を我慢して、部品の少なさやシンプルさを考えてこういう形になったんだな~と推測できます。




対してドームテントは、現代の技術を応用し、軽量コンパクトを追求して、登山のために考えられたテントです。

なので、日本一周してた時のように、一泊で素早く設営撤収するテントとしては最高です。

その代わり、耐久性や、高価という大きな欠点があります。

ようは、自分が何を求めるかなんですよね。




別にティピーを批判したいわけではなく、良いところはいくつもあります。

タープを使わずに快適性を求めた場合や、火の粉に強いフライ、などです。

ただ、ドームテントと比較すると、ティピーはバイク乗りとか合理的な性格のヒトにはお勧めしにくいというだけです。



圧倒的な積載量を持ち、たとえテントを適当に放り込んでも撤収できちゃう車キャンパー向けって感じですね。それなら欠点を解消できそう。

バイクでソロキャンなら、2人用山岳用テントが一番使い勝手が良い気がしますが、求めるスタイルは十人十色ですしね。

かく言う俺も、一番好きなのはドームテントですけど、いつかパップテントが気になって買うでしょうねw

それでは。

「ヨーロッパ戦車巡りの旅」計画 (随時変更)




イギリス


■ロンドン
時計塔
ボービントン戦車博物館_ロンドンから電車で3時間
グランストンベリー

チャッツワース・ハウス(Fate/staynight)遠い…
グリニッジ天文台

ロンドンから鉄道ユーロスターで、パリの北駅へ。(2時間20分)

フランス


■パリ
北駅からメトロへ。

ルーヴル美術館
 「モナ・リザ」

凱旋門

エッフェル塔

ヴェルサイユ宮殿


■アンジェ


ブリザック城(Fateアインツベルン城の外観)



■ソーミュール
パリからソミュール戦車博物館_SNCF(フランス国鉄)で2時間強。
博物館が10時開館なので、パリのモンパルナス駅→アンジェ駅→ソミュール駅 で開館頃に到着する。


■トゥール


■オルレアン
トゥールからTERで1時間10分。

パリまでいったん戻るか、ディジョン経由でナンシーへ。

■ナンシー
パリ東駅からTGVで1時間30分。

ドンレミ村(ジャンヌの生家がある)
 ナンシーから最寄りの街ヌシャトーまで行って(50分弱)、
 そこからタクシーかバス(週に4本しか走ってないらしい)で向かう。10km弱。自転車なら行けるか?

■コルマール ごちうさの聖地巡礼
パリ東駅からTGVで2時間20分。



ドイツ

ドイツ北部
■ムンスター
ムンスター戦車博物館
ベルリンから列車で2時間半。ハノーファーorハンブルクorブレーメンからだと1時間半。
ムンスター駅からは徒歩。
走行イベントの日を狙いたい!



ドイツ東部
■ベルリン

第二次世界大戦時の中心であったミッテ地区が人気で観光の見所も集中。

ベルリンの壁
イーストサイドギャラリー、壁記録センター、壁博物館、DDRミュージアム

スパイ博物館

シャルロッテンブルク宮殿

■ヴェルニゲローデ

ブロッケン山
ヴァルプルギスの夜に魔女が集まるとされる。ハルツ狭軌鉄道の蒸気機関車で山頂へ。

■ターレ
ドイツのグランドキャニオン。ゴンドラリフトで山頂へ。
博物館ヴァルプルギスホール、魔女の踊り場ヘクセンタンツプラッツがある。

■ドレスデン
奇岩地帯「ザクセンのスイス」
クーアオルト・ラーテンのバスタイ橋


ドイツ中部~北部
メルヘン街道
グリム童話の生みの親グリム兄弟の生まれた町ハーナウ~港町ブレーメン

■ハンブルク ドイツ最大の港町


ドイツ中部西部
ルール地方 古い町並みはあまり残っていないが緑の多い工業地帯

■ケルン
ケルン大聖堂

■ケーニヒスヴィンター
ドラッヘンフェルス(竜の岩山)
ジークフリートが竜を退治し返り血を浴びた伝説が残る。


ドイツ中部
古城街道 ライン川沿いの町マンハイム~ニュルンベルク
 ハイデルベルク~ハイルブロン区間が古城街道のハイライトで、宿が少ないのでハイデルベルクを起点にすると良い。

■ハイデルベルク


ドイツ南西部
ファンタスティック街道と黒い森

■テュービンゲン
ホーエンツォレルン城 ドイツ屈指の名城


ドイツ南部
ロマンティック街道 古都ヴュルツブルク~アルプスの麓町フュッセンまでのルート


■ネルトリンゲン
円形の城壁に囲まれた町。進撃の巨人ぽい。

■フュッセン
ノイシュヴァンシュタイン城
ホーエンシュヴァンガウ城


ドイツ南東部
アルペン街道 リンダウ~ベルヒテスガーデン

■ミュンヘン
ドイツ博物館 ツェッペリンの飛行船など

■レーゲンスブルク
ドイツ最古のソーセージ屋ヒストーリッシェ・ヴルストクッフル
ヴァルハラ神殿 ギリシャのパルテノン神殿を模して建造


■ガルミッシュ・パルテンキルヒェン

ドイツ最高峰ツークシュピッツェ
登山鉄道とロープウェイで山頂まで行ける。


ベルギー
■ブリュッセル
■ゲント
■ブリュージュ

ルクセンブルク

オランダ
■アムステルダム

チェコ
■プラハ

オーストリア
■ウィーン
シェーンブルン宮殿

スイス

■トゥーン
トゥーン戦車博物館


■ツェルマット
マッターホルン
モンブラン


イタリア

オーストリアから入国するならヴェネツィア、スイスから入国するならミラノが近い。




■ミラノ 建築物・芸術作品群・ファッションの街

ドゥオーモ ゴシック建築の傑作

ガッレリア 美しいアーケード

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会 
 世界遺産 ダヴィンチの「最後の晩餐」がある。

ダヴィンチ記念国立科学技術博物館

ショッピング興味あれば?


■ブレーシャ

ガルダ湖 イタリア最大の湖
 スカラ家の城塞や、ローマ時代の遺跡がある。


■ヴェネツィア アドリア海の女王 世界遺産
鉄道サンタ・ルチア駅で下車

サン・マルコ広場周辺

観光の足はヴァポレット(水上バス)がおすすめ。
ゴンドラ(小舟)で大運河を巡りたい。

■レーティッシュ鉄道
スイスのサンモリッツかたイタリアのティラーノを結ぶ鉄道。世界文化遺産。
ベルニナ線は4000m級アルプスを南北に縦断する絶景路線。

■ヴェローナ
アレーナ(円形闘技場 1世紀の建築)
「ロミオとジュリエット」のジュリエットの家がある。

■ボルツァーノ

3000級の山々、ドロミテ山塊。世界文化遺産。

考古学博物館に紀元前の凍結ミイラが展示。

■ジェノヴァ

チンクエテッレ
風光明媚な5つの漁村。世界遺産。


■サン・マリノ共和国

世界で5番目に小さい、最古の共和国。ロープウェイで町へ向かえば素晴らしいパノラマ。
ティターノ山が綺麗。世界遺産。

■ピサ

ピサの斜塔。世界遺産。

■サン・ジミニャーノ

ポポロ宮の「太った塔」から、町と田園風景を望む。

■アッシジ
大城塞(ロッカ・マッジョーレ)からの大パノラマ。




■バチカン

システィーナ礼拝堂
サン・ピエトロ大聖堂
バチカン美術館

■ナポリ

■ポンペイ

ヴェスーヴィオ火山の噴火によって一瞬で滅亡した古代の町。世界遺産。見たい!

■ペストゥム

保存状態の良いギリシャ文明のネプチューン神殿が残る。世界遺産。
ユースホステルあり。

■カプリ島

「青の洞窟」。すごい綺麗!



■フィレンツェ

ピサの斜塔
チンクエテッレの街

■ローマ

チェキニューラ戦車博物館
コロッセオ
サンタンジェロ城
フォロ・ロマーノ





____________________________

ヨーロッパ
 ストライク・ウィッチーズ
 ガンスリンガー・ガール
 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト
 ヴァイオレット・エヴァーガーデン
 魔女の宅急便
 紅の豚
幼女戦記


イギリス
 プリンセス・プリンシパル
 ロード・エルメロイII世の事件簿
 GATE
 けいおん

アーサー王のお墓がある「グラストンベリー
アーチャーとバーサーカーが衝突した「チャッツワース


フランス
 まどマギ エッフェル塔
 WHITE ALBUM2


ドイツ
 進撃の巨人 ネルトリンゲンの街
 まどマギ

イタリア
 ARIA
 ガンスリ

スペイン
 ソラノヲト

ハンガリー
 ごちうさ セーチェーニ温泉・ゲッレールト温泉

_______________

アルトリア グラストンベリー
ジャンヌ オルレアンと、生家があるドンレミ村
ブーディカ 像 ロンドン、ウエストミンスター橋西端
マリー・アントワネット フランス、パリ、サン=ドニ大聖堂に墓所
マルタ フランス南部、タラスコン、聖マルタ教会 :聖マルタが埋葬されているという伝え
ナイチンゲール 創設した看護学校がロンドンの、キングス・カレッジ・ロンドンのウォータールー・キャンパスの一部

メドゥーサ イタリア、フィレンツェ、ウフィツィ美術館の絵画
メディア ルーブル美術館に絵画
クレオパトラ ベルリン美術館の像
シャルロット・コルデー パリ、カルナヴァレ美術館に絵画
エリザベート スロバキアにあるチェイテ城

アタランテ スペイン、マドリードのプラド美術館の絵画
スカサハ スコットランド、スカイ島
マタ・ハリ オランダに像





荷物

各国の都会の気温は昼28℃~夜12℃ぐらい。
日本と同じように夏の服装に上着を着る程度。降水量は少ない。
ただし標高の高い場所も行くため防寒準備も要る。



アンダーパンツ
半袖アンダーシャツ
靴下
Tシャツ
ズボン
ウィンドブレーカー
軽量ダウンジャケット

軽登山ブーツ
サンダル
帽子

スマホ
充電器
変圧器
モバイルバッテリー
ポケットWifi

セキュリティポーチ
パスポート
航空券(eチケット)
クレジットカード
財布

街歩きトートバッグ
雨傘
速乾タオル
洗濯用洗剤(機内持ち込みできる100ml容器に入れる
せっけん(体も髪もこれ
トイレットペーパー
鼻毛ハサミ(ヒゲもこれで切る
日焼け止めクリーム
予備眼鏡(サングラス)
正露丸